トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

トルコはニュージーランド殺人犯の足跡調査を始める

2019年03月17日 | 国内
3月17日 ニュージーランドのモスク銃撃犯がトルコを何度か訪れていることが明らかになったため、トルコ政府は、3月15日、調査を開始したと、当局者が語りました。

 Hurriyet

「ニュージーランドで殺人容疑で逮捕された28歳のオーストラリア人と思われる男は、何度かトルコを訪れ、トルコに長期滞在していた」と、当局者は言いました。「容疑者はトルコから、ヨーロッパ、アジア、アフリカの諸国を訪れたと、われわれは考える。われわれは容疑者の動きと、諸国との接触を調査する」

銃撃犯がオンラインに発表したマニフェストは、イスタンブルのアヤソフィアのミナレットを除去することに言及していると、トルコのメディアは報じています。アヤソフィアは、いまは博物館になっていますが、かつては教会で、オスマン時代にモスクに変えられ,ミナレットが付加されました。

国営放送TRTは、容疑者は2016年に2度(3月17日~20日と9月13日~10月25日)、トルコを訪れていると報じています。TRTは彼がイスタンブルのアタテュルク空港に到着したときの防犯カメラの映像を放映しました。

エルドアン大統領はテキルダー県での選挙活動中のスピーチで、銃撃犯を非難し、「彼はイスタンブルに、最初は3日間、2度目には40日間滞在した。なんのために来たのか、われわれは調べる。彼は“われわれはイスタンブルに来て、すべてのモスクとミナレットを破壊する”と、ナンセンスなことを言った」と言いました。「ムスリムとトルコ人に悪意を持つ殺人者は、それならなぜニュージーランドに行ったのか」

「殺人者と思われる男はおそらく、トルコで史跡を訪ね、1週間でバルカンの歴史を学んだのだろう」と、ブルガリアの検察官は言いました。その男は、2016年12月、短期間、バルカンを訪れ、バスでセルビア、クロアチア、モンテネグロ、ボスニア、ヘルツェゴヴィナを旅しています。


トルコはモスク・テロに対して、ニュージーランドに代表団を送る

少なくとも49人の死者を出したモスク・テロ攻撃に関して、トルコはニュージーランドにハイレベルな代表団を送ると、エルドアン大統領が言いました。

  Hurriyet

「副大統領と外相を含む代表団ニュージーランドに送る」と、エルドアン大統領は、3月15日、ニュージーランドのパッツィ・レディ総督に電話で告げたと、大統領の広報官がオンラインで言いました。「テロリストが発表したマニフェストは、このテロは個人の行動ではないことを明確に示している」と大統領は付言し、テロの背後にいる集団を洗い出すことの重要性を力説し、トルコの助力を申し出ました。

ニュージーランド行きに際して、メヴリュト・チャヴシュオール外相は、テロに対するトルコの弔意を伝えると語りました。代表団は、イスラム嫌いと外交人嫌いに対するトルコの決意と、この憎むべきテロに対してニュージーランドとの連帯を伝えると、外務省の声明は言っています。

フアト・オクタイ副大統領は、3月16日、イスラム嫌い、外国人嫌い、過激派、人種差別に対して立ち上がるよう、国際社会に勧告しました。副大統領はニュージーランドに立つ前、イスタンブル空港で、「今回のテロリストの行動は、残念ながら、イスラムへの敵意には際限がないことを示した。われわれは、イスラム嫌い、外国人嫌い、過激派、人種差別に対して立ち上がるよう、全世界に勧告する」と言いました。


北イラクでトルコ兵士2人が死亡、8人が負傷した

3月16日、北イラクの作戦中の衝突で、トルコ兵2人が死亡し、8人が負傷しました。

 hurriyet

作戦中、女性を含む6人の戦闘員が“無効にされた”と、軍が声明で言いました。トルコ軍は、戦闘員を殺したり、捕虜にしたり、負傷させた場合、“無効にする”ということばを使っています。エルドアン大統領はトルコ国境周辺に戦闘員を存在させないことを目標にし、トルコは北イラクのPTTの基地を定期的に空爆しています。

トルコ、アメリカ、EUがテロリスト組織に指定しているPKKは、トルコ南東部で30年間、戦いをつづけ、4万人の人々が殺されています。


   「ときどきダイアリー」ヘ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「ニュージーランドのテロは... | トップ | ニュージーランドのモスク襲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事