トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「アメリカはビザ危機を始め、終わらせた」エルドアン大統領

2017年12月30日 | 国際
12月31日 エルドアン大統領は、12月30日、トルコはアメリカとのビザ危機を望んでいないと、北部カスタモヌー県でのスピーチで言いました。

 Hurriyet

「アメリカはビザ危機を自分から始め,自分から止めた。結構だ」とエルドアン大統領は言いました。「わが国はアメリカとのビザ危機を望んでいない。いま、危機は終わった。いずれにしろ、終わるべきだ」

ユルドゥルム首相も、12月30日、「アメリカとの関係は正常化へ一歩進んだ」と、両国のビザ・サービス制限中止後に言いました。「ビザ発給問題は結局、解決した」と、ユルドゥルム首相は、北西部エディルネ県の公正発展党(AKP)の第6回通常会議で言いました。


「緊急事態令について私は意見を言いつづける」ギュル前大統領

12月30日、ギュル前大統領は問題の緊急事態令についての論議に関し、公正発展党(AKP)内の批判に応えて、「私は自分の意見を表明しつづける」と言いました。

Hurriyet

「わが党の原則に基づいて、思想と表現の自由を信じる者として、私は、必要と思われる状況においては、自分の意見を表明しつづける」と、ギュル前大統領はAKPの批判に対してツイッターに書きました。前大統領はまた、696条の法令に関する、最近の自身とAKPの論争以来、自分はターゲットにされていると言いました。

「私の最近の法令に関するコメント以来、ある国会議員たちによる、私に対する非倫理的で、無礼な攻撃に、私は注目を集めたいと思う」とギュル前大統領はツイッターに書いています。エルドアン大統領は、AKPの共同創設者であるギュル前大統領のコメントについて、12月30日のカスタモヌーのスピーチで、辛辣な反応をほのめかしました。

ギュル前大統領は、12月29日、問題の緊急事態令に関する彼の意見に反対する、公正発展党内からの批判に応えて、重要な事案にコメントするのは自分の義務だと言いました。「私は政府と社会に全生命を捧げててきた大統領です。重要な事案について、私のビジョンと考えを語るのは、当然のことながら、私の義務です」と、ギュル前大統領は金曜礼拝後、記者団に語りました。


   「ときどきダイアリー」ヘ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« トルコ製潜水艦がトルコ海軍... | トップ | イスタンブルの歴史的トラム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際」カテゴリの最新記事