トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

アカル参謀総長が同盟国にFETOに関して勧告した

2017年11月21日 | 
11月22日 フルシ・アカル参謀総長が、フェトフラー・テロリスト組織(FETO)に関して同盟国に勧告し、この組織を慈善的な宗教組織と見ている国々を批判しました。

 Hurriyet

カナダのノヴァ・スコティアでの「ハリファックス国際安全保障フォーラム」で、アカル将軍はスピーチし、クーデターで250人以上が亡くなり、2000人が負傷したことに言及しました。「ほんの1年前、テロ組織FETOは、宗教を隠れみのにして、トルコでクーデターを試みたのです」

“政治的リーダーシップと国民の英雄的行為”のおかげで、クーデターの試みは未遂に終わったと、アカル将軍は言いました。「FETOと戦っているトルコを支持する国々もありますが、FETOを、過激主義に反対する、罪のない、宗教的運動と思っている国々もあります」

「残念ながら、FETOのメンバーたちは、わが国の同盟国で亡命を認められています。これらFETOのメンバーがプロパガンダをひろげ、人々をだましているのです。FETOの脅威を認識していただきたい」と彼は言いました。

外交官や公務員のパスポートを持った615人のトルコ市民が、7月15日の未遂クーデター後、ドイツで亡命を申請しています。17人がトルコからギリシャのロードス島に逃げ、ギリシャで政治亡命を求めました。また、NATOに勤務していた4人のトルコ軍人と武官も、クーデター後。ノルウエーで亡命を申請し、認められました。


シリアの子供たちを助けようと、トルコが世界に勧告

ファトゥマ・ベテュル・サヤン・カヤ家族相が、シリアの子供たちを助けようと、世界に呼びかけました。

 Hurriyet

「子供たちは自分の未来を決める権利を持つべきです」と、サヤン・カヤ家族相は、11月20日、トルコ国会の第18回国家児童フォーラムで言いました。彼女はEUに、シリアの難民に関して交わした約束を守るようよ呼びけ、トルコがこれまでに、ヨーロッパ圏から受け取った支援金は8億ユーロ(9億4300万ドル)だと言いました。トルコがEUと交わした契約では、トルコが非登録移民のヨーロッパ流入をブロックするかわりに、EUは60億ユーロ(約70億ドル)の支援金と、トルコ人のビザなし旅行を約束していました。

「私はもう1度、言いたい。世界中のすべての子供たちは同じ権利を持っています。すべての子供たちは平等に生きる権利を持っています。世界中の戦争ができるだけ早く終わることを願っています」と家族相は言いました。

トルコは世界のどこの国より多い、300万人のシリア難民を受け入れています。トルコは2011年にシリアで内戦が始まって以来、難民支援のために50億ドルを費やしています。


   「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 700年昔のトーラー(ユダヤ... | トップ | トルコに初雪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事