トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

トルコ人投資家がウクライナに帰る

2022年05月14日 | 国際
5月15日 ウクライナのトルコ人ビジネスマンの包括組織「トルコ・ウクライナ・ビジネスマン協会」が、首都キーウと、東部の都市ルヴィウの支部を再オープンしたと、同協会のブラク・ペフリヴァン会長がヒュリエト紙に語りました。

Hurriyet

「戦争は長引いていますが、経済は動いています。全国民を人道支援で養うこととなできません」とペフリヴァン会長は言いました。「ウクライナは12000トン、トラック600台分の支援を必要としていますが、現在、税関を通るトラックは150台に過ぎません」と、彼は付言しました。

ぺフリヴァン会長は、ロシアの侵攻が始まった初日、2月24日にキーウを去りましたが、最近、キーウに帰りました。彼によると、ウクライナ政府は、経済活動を復活させ、企業を助けるためのプログラムを開始しました。プログラムには、ウクライナのインフラを再建するための戦後の計画も含まれています。

その動きの一環として、ポーランド国境の東70キロのリヴィウの商店の多くは、最近、営業を再開したとぺフリヴァン会長は言いました。「キーウでは商店の半数弱が再開しました。午後10時から外出禁止令が始まります。キーウは大都市ですから、人々が帰宅するのに時間がかかります。そのため、商店は午後6時頃に店を閉めています。キーウのこの状況は、パンデミックの初めの頃に似ています」

トルコのビジネスマンの投資は、戦前は45億ドルでした。トルコの会社に雇われている人の数は、戦争以来、半分の15,000人に減っています。総合的に見ると、ウクライナの全企業の3分の1が、3月には活動を停止していました。


「トプカプ宮殿の貴重なダイアモンドは行方不明ではない」当局

国立宮殿局トプカプ宮殿担当のイルハン・コジャマン氏が、「スプーンメーカーのダイアモンド」が行方不明になっているという、ソシアルメディアに流れている噂は根拠がないと、そのダイアモンドの前で行われた記者会見で反論しました。

 Hurriyet

「見学者数がパンデミック以前に戻りつつあるときに、このような根拠のない噂はツーリズムを衰退させるものだ」と、コジャマン氏は5月12日、展示されたダイアモンドの前で記者団に語りました。

最近、このダイアモンドが消えたとか、偽物とすり替えられたとかいう噂がソシアルメディアを賑わせました。「私たちは博物館が必要とする安全のために、あらゆる手段を使ってダイアモンドを守っています。偽造はあり得ません。ダイアモンドはこのホールに、32か月間、展示されてきました」と、彼は付言しました。

「スプーンメーカのダイアモンド」として知られる、この86カラットのダイアモンドは、2重に並んだ49個のダイアモンドで飾られ、世界で4番目に大きいダイアモンドとされています。周囲のブリリアントカットのダイアモンドが、中央のダイアモンドを、星空に輝く満月のように見せています。

このダイアモンドがトプカプ宮殿に来た確かないきさつはわかっていません。ダイアモンドはトプカプ宮殿の「征服者の館」の帝国の宝物セクションの壁面のガラスケース内に展示されています。


   「ときどきダイアリー」ヘ


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「浮かぶ歴史」と呼ばれる船... | トップ | アンタリヤの農業者たちはロ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際」カテゴリの最新記事