トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

古代都市トロイに、昨年は50万人余が訪れた

2019年01月09日 | 観光
1月11日 昨年、50万人余の人々が古代都市トロイを訪れました。これはこの10年間で最も多い人数です。
 
 Hurriyet

2018年、トルコ北西部の古代都市遺跡トロイを、53万1500人の人々が訪れたと、チャナッカレ県の文化観光局長ケマル・ドクズ氏が、1月7日、記者団に語りました。「これは過去10年間で最も多い数字です」

「トロイの年」だった2018年、トルコの文化観光省は、トロイがユネスコの世界遺産になって20年を祝うと宣言しました。エーゲ海を見はるかす丘ヒサルルクに位置するトロイは、4000年の歴史を有する、世界に知られた考古学上の遺跡のひとつです。

古代都市トロイは、1870年代に、ハインリッヒ・シュリーマンが画期的な遺跡の発掘を始めるまで、長い間、神話の中の都市と考えられていました。トロイは古代ギリシャのホメロスの叙事詩「イリアド」によって、永遠の命を与えられました。「イリアド」は、10年つづいたトロイ戦争の最後の年の物語です。


「ギュレンは遅かれ早かれ送還される」エルドアン大統領

FETOのメンバーたちにとって、終わりは近いと、エルドアン大統領が言いました。FETOは2016年の未遂クーデターの首謀者と考えられています。

 Hurriyet

「私は国内外のFETOメンバーたちに、“あなた方の終りは近い。あなた方には行くべき場所も、とるべき対策もない”と言っている」と、エルドアン大統領は、1月9日、さるシンポジウムで言いました。

「FETOの背後にいる人々が、いつまで彼を支えるのか、私は知らないが、彼は遅かれ早かれ、トルコに送り返される」と大統領は付言しました。「FETOの首謀者らは組織の他のメンバーに助けられ、彼らが安全と考える国々へ逃げざるを得なかった」

「われわれは彼らすべてを隠れ家から追い出し、裁判にかける。彼らは拘禁されることによって、わが国への裏切りを償うことになる」と大統領は言いました。「ほんとうに危険なのは潜入してくる敵だ。FETOはそのよい例だ」


   「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 米国の制裁の中、トルコはイ... | トップ | 「トルコがテロの脅威下にあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

観光」カテゴリの最新記事