トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「トルコはイランから天然ガスを買いつづける」エネルギー相

2018年08月09日 | 国際
8月10日 トルコは、2026年までの契約に基づいて、イランから天然ガスを買いつづけると、8月8日、トルコのファティフ・ドンメズ・エネルギー相が言いました。

 Hurriyet

アメリカのトランプ大統領は、8月7日、イランと商取引をする国とは、アメリカはビジネスをしないと脅しました。ドンメズ・エネルギー相は、トルコはイランとの長期契約に従って天然ガスを買いつづけると言い、アメリカ政府との話し合いで、この問題は解決できるだろうと付言しました。

トルコは必要なエネルギーのほとんどすべてを輸入にたよっています。イランはトルコにとって、天然ガスの重要な供給国です。「わが国の代表団が、いま、訪米中で、制裁問題を含め、多くの問題が話し合われている」とエネルギー相は、民放「Aハベル」に語りました。「私は対話からよい結果が生まれると思っている」

ジュムフリエト紙によると、トルコ政府はアメリカの代表団に、「わが国はイランから妥当な条件でオイルを買っている。ほかに選択肢はあるか」と言ったと、チャヴシュオール外相が、7月24日、ジャーナリストたちとの円卓会議で語ったそうです。


財務省は、10日、“新経済モデル”を発表した

ベラト・アルバイラク財務相が、8月10日、“新経済モデル”を明らかにすると、9日、財務省が発表しました。

 Hurriyet

新しい経済対策は、2019年には3~4%の経済成長を維持し、インフレ率をひと桁台に減らすことを目標にすると、財務省のプレス・リリースは言っています。「経常収支の赤字は、ほぼ4%で保たれると期待される」と、財務省は言い、今年始まる公共部門の貯蓄計画は中期までつづくだろうと、付言しています。

予算の赤字を国のGDPの1.5%までカットする処置はつづくと、財務省のリリースは付言しています。「外国投資家と外資の導入は、とくにインフラ・プロジェクトに求められるだろう」


800キロのコカインがコジャエリで押収された

8月8日、治安部隊は対ドラグ大作戦を行い、西部コジャエリ県で800キロのコカインを押収しました。

 Hurriyet

地元の憲兵隊が情報を得て、コジャエリ県キョルフェス地区の私営の港を手入れし、1隻の船を捜索して、船内のコンテナに入ったコカインを発見しました。治安ソースは、コカインは外国からトルコに輸入されたもので、調査は始まっていると言いました。

警察はまた、8月8日、南東部ディヤルバクル県で、温水器内に隠された大麻223キロを押収しました。ディヤルバクルの対ドラグ作戦では、26人が拘束され、そのうち7人が逮捕されました。

内務省は8月5日、治安部隊は今年すでに、マリフアナ45トンとヘロイン10トンを押収したと言いました。そのほか、コカイン251キロ、アヘン148キロ、合成薬物ボンザイ521キロ、メタンフェタミン289キロ、大麻の苗550万本も押収されました。

・・・メタンフェタミンは強い神経興奮作用を持つ依存性薬物。


   「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 観光省がイスタンブルの諸問... | トップ | エーゲ海で移民船が沈没。子... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際」カテゴリの最新記事