トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「コロナウイルスの件数が大きく減少した」保健相

2021年01月09日 | 国内
1月9日 トルコは1月8日、この2週間で、全国的にコロナウイルの件数が大きく減少したと報じました。

 Hurriyet

ファフレッティン・コジャ保健相は、ツイッターで、イスタンブルとイズミルでは、コロナの取扱件数が40%減少し、首都アンカラとブルサでは60%減少したと発表しました。

トルコ4大都市の公衆衛生職員らとの会談後、コジャ保健相は、ワクチン接種キャンペーンを始めるための準備を話し合っていると付言しました。


コイワシの商業漁業が10日間禁止される

農林省の発表によると、コイワシが望ましい大きさになっていないため、あらゆる漁法によるコイワシの商業漁が10日間禁じられることになりました。

Hurriyet


1月7日に出された農林省の声明によると、ボスフォラス海峡と黒海で小型のコイワシが獲られていますが、魚肉の品質も、環境と季節の変化の影響で未熟だということです。「現在の状況は必ず近い将来の漁獲高にも影響してきます」と、声明は言っています。「このため、ボスフォラス海峡と、イスタンブルからアルトヴィンまでの黒海岸でのコイワシ漁は、1月8日から18日まで禁止します」

農林省はまた、コイワシが望ましい大きさにならなかったら、禁止令は1月18日からさらに10日間延長されると言っていると、アナドル通信は報じています。

漁船がボスフォラス海峡の岸辺近くで網を投げることが、問題になっています(1月8日の頁参照)。イスタンブル県農林部のアフメト・ヤウズ・カラジャ部長は、1月7日、海峡での漁船の調査について発表しました。「われわれは引き網を使っている船を追跡し、24メートルの規則を守っていない船には罰金を科します」   

・・・トルコの黒海名物コイワシ・ライスおいしいですね。


「ときどきダイアリー」ヘ

コメント   この記事についてブログを書く
« トルコは2020年83か国... | トップ | イスタンブルの相乗りタクシ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事