トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「シリア支援のために国境を開けたのは最善の選択」国連大使

2021年06月03日 | 国際
6月4日 「トルコは、いま、シリア人たちに支援物資を送るために、ジルヴェギョズ国境ゲートを開けました。これは国際社会にとって、最善の選択です」と、リンダ・トーマス=グリンフィールド・アメリカ国連大使が、トルコ訪問中に言いました。

 Hurriyet

トーマス=グリンフィールド国連大使は6月2日、ハタイ南部にある「国連世界食糧プログラム」の配送センターを公式に訪れました。「アメリカがシリア人のために、さらに2億ドルを提供することを発表できて嬉しく思います」と彼女は付言しました。

大使はまた、シリア難民を受け入れているトルコ政府に感謝しました。「難民受け入れだけでなく、この配送センターの仕事を支援していることに対しても感謝します」と彼女は言いました。

トーマス=グリンフィールド大使は、いま、国連安全保障理事会は、人道的支援のために国境ゲートを開くことについて、ロシアとトルコと話し合っていると言い、トニー・ブリンケン国務長官も、支援活動を継続するために努力すると言ったと、付言しました。

「トルコは貴重な戦略的パートナーであり、NATOの同盟国です。トルコのリーダーたちと、両国の重要な問題、とくにトルコが360万人のシリア難民を受け入れていることについて建設的な会談を進めたいと思います」と、彼女は6月2日、ツイートしました。その日の朝、トーマス=グリンフィールド国連大使と、トルコ大統領府のイブラヒム・カルン報道官は、地域の開発、人道的支援、トルコ=アメリカの協力について会談し討論しました。


トルコ初の女子モーター・スピードウエイ選手権に20人参加

5月29日30日に、イズミル県で催されたトルコ初の女性モーター・スピードウエイ選手権に20人の女性が参加し、オートバイ・レースを競いました。

 Hurriyet

トルコ初のプロの女性オートバイ・レーサー、イライダ・ヤームル・ユルマズさんが優勝トロフィーを獲得しました。参加者たちにとって、これは生れて初めてのレースでした。ユルマズさんは主催者に感謝し、「私たちはトルコで新しいことを成し遂げました。これは多くの女性たちをレースに誘う最初のステップです」と語りました。

レースでは、メリサ・エリチェリクさんが準優勝、プナル・アルトゥー・テュフェクチオールさんが3位になりました。地元紙は女性たちを「勇敢なハート」と名づけ、「トラックの女性たち」「勇敢な20人」「レースの勝者は女性の勇気」「女性レーサーにショック」などという見出しで紙面を飾りました。

レースを主催したのはトルコ・モーターサイクリング連盟とヤマハ・モータースです。レーサーたちはSS300のカテゴリーで戦いました。2日間のレースはコロナ対策のため、観客なしで行われましたが、世界的に有名なオートバイ・レーサー、ケナン・ソフオールさんがレースをフォローし、レースの前と後に女性ライダーたちに、ちょっとしたアドバイスをしていました。


   「ときどきダイアリー」ヘ





コメント   この記事についてブログを書く
« 「イスラエルはパレスチナ攻... | トップ | 黒海のトルコのガス埋蔵量の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際」カテゴリの最新記事