トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

トルコはアメリカにシリアの軍事基地の引き渡しを依頼した

2019年01月08日 | 国際
1月9日 トルコは、アメリカのシリア撤退後、ISとの戦いのために設置されていた、北シリアの16の軍事基地をトルコに引き渡すよう依頼したと、トルコ大統領府のイブラヒム・カルン報道官が言いました。

 Hurriyet
アメリカのボルトン国家安全保障補佐官(左)とトルコ大統領府のカルン報道官


「われわれはトランプ大統領のシリア撤退の決断を喜んでいるが、どんな建物が残されるのか、配備されていた重兵器はどうなるのか、米軍基地はどうするのかなどを明らかにする必要がある。この会談で、われわれはこれら問題の詳細を話し合った」とカルン報道官は、1月8日、語りました。

「トルコはまた、アメリカがYPGに配った武器を回収することを期待している。アメリカ当局は武器の問題に関する作業を行なっていると、とるこに通告している」とカルン報道官は言いました。


大雪のため、ほぼ全国で学校閉鎖

1月8日、トルコ中の学校が大雪と凍結のため、休校になりました。

 Hurriyet

全国81県の中の26県が、1月8日、休校を発表しました。コンヤ、ブルサ、チャナッカレ、バルケシル、アール、アドゥヤマン、ビトリス、トゥンジェリ、カラマン、コジャエリ、エルジンジャン、サカリヤ、メルシンの諸県も、大雪に襲われました。

イスタンブルの一部でも、断続的な降雪が予想されると、イスタンブルの気象局がウエブサイトで声明を出しました。気象局はイスタンブルっ子たちに、凍結と霜に気をつけるよう警告しました。


2018年、20万5000人のドラッグ容疑者が拘束された

2018年、対麻薬警察は、全国で14万7500回の手入れを行ない、約20万5000人の容疑者を拘束したと、内務省が発表しました。

 Hurriyet

2万3000人以上の容疑者が拘留されたと、1月7日、内務省が声明で発表しました。声明によると、手入れによって、ヘロイン18トン、コカイン1165トン、ピル856万トン、安い合成ドラッグ“ボンザイ”1168トンが押収されたそうです。

内務省はまた、声明で交通事故に関するデータも発表しました。道路に関する多くの対策がとられた結果として、2018年の最後の2か月、致命的な交通事故の数は、前年同期に比して、26.7%減少しました。交通事故の死亡者数は、前年同期に比して、30%減り、負傷者数も11.6%減ったと、声明は言っています。


   「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「トルコの敵はテロリストで... | トップ | 米国の制裁の中、トルコはイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際」カテゴリの最新記事