トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

トルコは米国にPYD/YPGとの契約の廃棄を要請した

2018年11月08日 | 国際
11月9日 トルコは、PYDとYPGへの支援はすべて直接間接に、不法テロ集団PKKを支援することになると考えていると、11月7日、イブラヒム・カルン大統領補佐官が言いました。

 Hurriyet

カルン補佐官は、大統領官邸での閣僚会議後、「トルコは、テロリスト集団がユーフラテスの東に定着することを決して許さない」と言いました。カルン補佐官は、アメリカとPYD/YPGとの関係についてコメントし、「トルコは、NATOの戦略的パートナーであるアメリカが、テロ集団PKKのシリア分派であるPYDとYPGとの契約を廃棄することを期待している」と言いました。

トルコはテロリスト組織はみな同じだと思っていると、カルン補佐官は言い、わが国は国内でも国外でも、わが国を脅かすテロ組織と断固として戦いつづけると付言しました。「トルコが、PYD/YPGすなわちPKKに対してとっている対策は、対IS戦力を弱めるという理屈は容認できない」と、補佐官は言いました。PKKはトルコ、アメリカ、EUがテロリスト組織と認定しています。

カルン補佐官はまた、フェトフラー・テロリスト組織(FETO)と関係のある学校を、2016年7月15日以後、21か国で閉鎖したと言いました。「テロ組織FETOとのわが国の戦いは、世界中でつづいている。この問題に関しては、いかなる譲歩もできない」


トルコ警察がサウジ領事邸でフッカ水素酸の痕跡を発見

トルコ警察は、イスタンブルのサウジ領事公邸の井戸の中で、フッカ水素酸その他の化学薬品の痕跡を発見し、ジャーナリスト、カショギ氏の切断された遺体は、公邸の一室で酸で分解されたと考えていると、11月8日、アルジャジーラが報じました。

 Hurriyet

イスタンブルから報道しているアルジャジーラのアンドリュウ・シモンズ氏は、司法長官室のソースの情報として、領事公邸は殺害から2週間後にトルコ捜査官によって捜査されたと言いました。「酸はカショギ氏の切断された遺体の処分に使われたと思われる」とシモンズ氏は言っています。


トルコ全土でシリア人ビジネスが成長している

シリア人の企業が増えつづけ、とくにシリア国境近くでは、地元経済を活性化しています。

 Hurriyet

「トルコ経済政策研究財団」の11月6日の報告書によると、9月、トルコ全国で、シリア人と共同経営の会社163社が設立されたそうです。これは昨年に比して85%の増加で、新たに設立された外国企業の12%になります。

シリア人の企業数はイスタンブルがトップで、98社、次がメルシンで39社、ハタイが11社とつづきます。今年の1月から9月、シリア人がトルコで設立した会社は、昨年同期に比して4・7%増加し、1248社が設立され、3900万ドルの資金が投じられました。

2011年にシリアで内戦が始まってから、トルコは400万人のシリア難民を受け入れ、7000社の企業がシリア人によって設立されました。イスタンブルには56万1159人のシリア難民が暮らしていますが、これは全国で最高です。次にシリア人が多いのはシャンルウルファ県、ハタイ県です。


   「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« トルコはシリアの米軍のYPGと... | トップ | カショギ氏の許婚者が殺害の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際」カテゴリの最新記事