トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

初の“女性専用”モールがイスタンブルにオープンした

2018年05月13日 | 国内
5月14日 トルコ初の女性専用モールが、5月12日、イスタンブルにオープンしました。


 Hurriyet

イスタンブルのゼイティンブルヌ地区にできたゼルジ・モールには、保守的な女性のファッションをそろえた店が126店入っています。

ゼルジ・モールの女性社長ゼフラ・オズカイマクさんは、開店式で、男性の入場は禁じられているという報道を否定しました。「私の友人たち、店のオーナーの方々、私を信じてここに来てくださった女性企業家の皆さんに感謝します」


国外居住トルコ人が60か国で総選挙に投票する

外国の選挙人名簿に登録されているトルコ市民は、在外公館(大使館、総領事館など)では6月7日から19日、税関では6月7日から24日、投票することができます。

 Hurriyet

トルコの選挙法によると、在外公館に投票所が設置されるためには、少なくとも500人の有権者が登録されていなければなりません。13の在外公館があるドイツが、最も投票所の多い国で、次が7つの在外公館があるアメリカです。フランス、ギリシャ、中国、カナダ、ロシアでは、それぞれ4つの在外公館に投票所が設置されます。


ソマ炭鉱事故の犠牲者の家族が4周忌に墓参り

2014年5月13日、マニサのソマで起こった、トルコ史上最悪の炭鉱事故は、301人の命を奪いましたが、4周忌の今年、犠牲者の家族たちが墓参りをしました。


 Hurriyet

親族たちは朝早くから共同墓地に集まり、愛する者たちの墓を訪ねました。共同墓地には、トルコ国旗と、事故でなくなった301人の鉱夫たちを象徴するトーチが飾られました。

犠牲者の母の尽きぬ悲しみ
今年は事故の記念日が、母の日と重なり、なくなった鉱夫の母親たちの悲しみをさらに深くしました。「息子は母の日に私を訪ねてくれました。いまは、私がお墓に息子を訪ねています。息子は母の日を祝ってくれているでしょう。でも、私はここで、彼の4周忌を記念しているのです」と、メクシェ・アルカンさんは言いました。彼女の息子ヴェイセル・アルカンさんは、301人の犠牲者の1人です。


   「ときどきダイアリー」ヘ


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ザマン紙のケースで、FETO容... | トップ | ハトが区長オフィスのプリン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事