トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

ガジアンテプの女性市長がイタリアのミネルヴァ賞受賞

2017年12月02日 | 
12月3日 シリア国境に近いガジアンテプの市長、ファトゥマ・シャヒンさんが、トルコに住む難民のための努力によって、11月30日、イタリアのアンナ・マリア・マムモリーティ・ミネルヴァ賞を受賞し、この賞を受けたトルコ初の女性となりました。

Hurriyet

シャヒン市長はローマ市庁舎のサラ・デラ・プロトモテカで行われた授賞式で受賞しました。イタリアのジャーナリストで社会活動家のアンナ・マリア・マムモリーティの名をとって2009年に改名されたミネルヴァ賞は、主として“知識に関する”分野で活躍した女性に贈られる初のイタリアの賞です。

今年、“世界の女性”部門では、シャヒンさんとレバノンのジャーナリスト、メイ・チディアクさんが選ばれました。「私は、わが国、わが都市、とくにアナトリアの女性を代表して、この賞を受ける初のトルコ女性として、たいへん光栄に思います」とシャヒンさんは授賞式で語ったと、ドーアンニュースが報じました。

2014年からガジアンテプの市長を務めてきたシャヒンさんは、この都市を難民にとって安全な避難所にするよう努めると言いました。5つの難民キャンプに、50万人のシリア人を受け入れているガジアンテプは、難民を人道的に遇する例として、ひろく賞賛されています。難民キャンプはトルコの大統領府災害緊急管理局(AFAD)によって運営されています。


不法入国のシリア人42人逮捕。その大半は子供

31人の子供を含む42人のシリア人が、不法にトルコに入国し、拘束されました。

 Hurriyet

シリア移民が乗ったトラックが不法にトルコに入国したという通報を受けハタイ県の治安当局が、クルクハン地区でこの集団を拘束しました。シリア国籍の42人は、ハタイの移民センターに送られました。


警察の手入れで、PKK,IS関連容疑者66人逮捕

12月1日、警察がイスタンブル県とサカリヤ県で手入れを行い、クルド労働者党(PKK)とイスラム国(ISIL)関連の容疑者少なくとも66人を逮捕しました。

 Hurriyet

北西部サカリヤ県では、警察はPKKのメンバー容疑で4人を逮捕しました。イスタンブルでは、警察は数か所を同時手入れし、ISメンバーと思われる容疑者62人を逮捕しました。容疑者らはテロを計画中だったそうです。

2016年、トルコではISとPKKの仕業とされる一連のテロ攻撃を受け、何百人もの死者を出しています。トルコ治安部隊とクルド労働者党(PKK)間は、事実上の2年半、無風状態がありましたが、2015年夏に再び火がつき、一時的な平和は粉砕され,いまに至るも、テロがつづいています。


   「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「FETOの容疑者の送還には確... | トップ | 「EUはテロに関してダブル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事