トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「トルコは投資に関して最も安全な国のひとつ」エ大統領

2019年01月06日 | 
1月7日 トルコはいまも、投資に関して、最も自由で安全な国のひとつだと、1月5日、エルドアン大統領が言いました。

 Hurriyet

エルドアン大統領は、ペプシ社のマニサ工場のオープニングで、トルコ経済は困難にも負けず健全だと賞賛しました。この工場はペプシ社のトルコの6番目の工場になり、投資額は1億ドル、従業員数は300人です。

「わが国の周辺は不安定だが、トルコは国際的投資家にとって安全な港でありつづけている」と、エルドアン大統領は言いました。「トルコへの海外からの投資は380億ドルに達した」

「トルコの建設会社は122か国で、総額3720億ドルのプロジェクトを請け負っている」と、大統領は言いました。「国内外の投資家は、1度、テロリストが一掃されたトルコ南東部へ行ってみるとよい」

トルコの輸出は昨年、1681億ドルに達したと、1月4日、貿易相は言いました。


6日、正教会クリスチャンたちがクリスマス・イヴを祝った

1月6日、イスタンブルのフェネル・ギリシャ正教会総主教座が、クリスマス・イヴのミサを行いました。日曜の朝、聖ヨルギ教会で、バルトロメウ総主教の主宰でミサが始まりました。

 Hurriyet

土曜、ウクライナ正教会は、イスタンブルのギリシャ正教会で、フェネル・ギリシャ正教会のバルトロメウ総主教から自主管理教会として認可を受け、正式にロシア教会から独立を果たしました。ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領とマリナ・ポロシェンコ夫人も、ギリシャから来た大勢の信者たちとともに、ミサに出席しました。

バルトロメウ総主教は、スピーチで、「6日のミサは正教会の独立のための一歩を記念するものとなった。ポロシェンコ大統領の出席は、ウクライナの人々に力を与えるだろう」と語りました。

ミサの後、祝祭は慣例に従って、金角湾のフェネルの突堤に場所を移しました。突堤で総主教は大きな十字架を海中に投じ、スイマー達のグループがそれを奪い合いました。

多くの正教会は独自の暦によって、クリスマス・イヴを1月6日に祝い、クリスマスは12月25日ではなく、1月7日に祝います。世界中の正教会の大部分は、ジュリアス・シーザーの時代に生まれたユリウス暦を使い、一般に使われている、1582年にローマ教皇グレゴリオが提唱したグレゴリオ暦(現在の太陽暦)を使いません。ユリウス暦はグレゴリオ暦より13日遅れています。



トルコ航空の乗客が機内で102歳の誕生日を祝った

 トルコ航空は、1月4日、史上最高齢の乗客を迎えました。ネパールからアメリカへ飛んだネパール人女性です。

 Hurriyet

アン・フルバ・シェルピニさんは、息子夫婦とともに、カトマンズからボストンへ旅しましたが、イスタンブルのアタテュルク空港でストップオーバーし、空港で息子さんが通訳して記者会見して、カトマンズからの旅は快適だったと語りました。

「トルコ航空機内では、とても楽しい時を過ごしました。クルーの皆さんはとても親切でした」と、彼女はアナドル通信に語りました。「私はアメリカに住んでいますが、99歳の妹に会いにネパールに行ってきました。1月3日、カトマンズ=イスタンブルの機内では、誕生日をケーキで祝っていただきました」

Hurriyet

息子のシェルパさんは「私たちはトルコ航空が価格もコネクションもベストだったので選びました」と言いました。シェルパさんは事前にトルコ航空に、102歳の母親と搭乗する計画を伝えたところ、トルコ航空はシェルピニさんのために、ビジネスクラスの席を提供してくれたそうです。

1933年に設立されたトルコ航空は、現在、124か国、306都市に就航しています。


   「ときどきダイアリー」ヘ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ウクライナ正教会がロシアか... | トップ | 「トルコの敵はテロリストで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事