トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

エルドアン大統領とトランプ大統領がパリの晩餐で歓談

2018年11月11日 | 国際
11月11日 エルドアン大統領とアメリカのトランプ大統領が、11月10日、フランスのマクロン大統領主催のディナーで、しばらく歓談しました。

 Hurriyet

エルドアン大統領はマクロン大統領の招待で、休戦記念式典に出席するため、パリに着きました。アメリカとトルコの大統領は隣り合ってすわり、しばらく話し合いました。エルドアン大統領はパリで、アントニオ・グテーレス国連事務総長とも会談しました。非公開会談は45分つづいました。

エルドアン大統領は2日間のパリ滞在中、世界のリーダーたちと会談したと思われます。11月11日の「休戦デイ」は、連合軍とドイツが陸・海・空で戦った第1次世界大戦の終結を記念するものです。マクロン大統領が主催した今年の式典には、アメリカのトランプ大統領やロシアのプーチン大統領を初め、世界のリーダー約100人が出席しました。


トルコはアタテュルク没後80周年を記念した

 10日、トルコは、トルコ共和国の建設者ムスタファ・ケマル・アタテュルクの没後80年を記念しました。

 Hurriyet
アンカラのアタテュルクの霊廟前に集まった市民たち


閣僚や軍の幹部をを含む代表団とともに、アタテュルク大統領は首都アンカラのアタテュルクの霊廟アヌトゥカビルを訪れました。エルドアン大統領は霊廟に花輪を捧げ、1分間の黙祷が行われました。その後、大統領と代表団がトルコ国家を斉唱しました。

大統領は記念帳にメッセージを記し、アタテュルクを讃えました。「国内外には悪意ある攻撃が頻発していますが、われわれは、トルコ共和国を世界で最も強く、最も豊かな国のひとつにするために、決意をもって邁進しております。安らかにお眠り下さい」とエルドアン大統領は述べ、トルコの最近の誇り ー イスタンブル空港が、共和国建国95周年に開港式を行なったことを付言しました。

完全にできあがれば、6本の滑走路を持つイスタンブル空港は、航空会社100社以上が乗り入れ、世界の300都市行きの便が発着する、世界の空の大きなハブになるでしょう。


「トルコはカショギ氏殺害の記録を各国にシェアした」エルドアン大統領

トルコはサウジのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏殺害の記録を、サウジアラビア、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスにシェアしたと、エルドアン大統領が、日曜、語りました。トルコの情報源は、以前から、当局は殺害の音声記録を持っていると言っていました。

 Sabah

「わが国は、サウジアラビアにも、アメリカにも、ドイツにも、フランスとイギリスにも、シェアした。彼らはその会話をすべて聴き、すべて知ったはずだ」と、大統領はテレビのスピーチで言いました。先月、調査のためにトルコに来たアメリカのジーナ・ハスペルCIA長官も、殺害の音声記録を聞いたと、ロイターが報じています。記録の存在はメディアに漏れていましたが、いままでオープンには確認されていませんでした。

エルドアン大統領は、第1次世界大戦終結100周年記念に出席するためフランスへ発つ前に、「サウジ当局は、カショギ氏の殺害者は、10月2日まえにトルコ入りしている15人の中にいることを知っている」と言いました。

「サウジからイスタンブルに来た15人が、だれがカショギ氏を殺したのか、彼の遺体はどこにあるのかを知っていることは確かだ。サウジは15人に話させることによって決着をつけた」とエルドアン大統領は言いました。「殺人者は15人か18人の中にいる。他を探す必要はない」

フランスのマクロン大統領とアメリカのトランプ大統領は、カショギ氏の死について、サウジにさらに詳細な説明を求めることで合意したと、土曜、ロイターが報じました。エルドアン大統領はパリでトランプ大統領に会えるだろうと言いました。


   「ときどきダイアリー」ヘ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« カショギ氏の許婚者が殺害の... | トップ | 米土の両大統領がカショギ事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際」カテゴリの最新記事