トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「中国ウイルス・ワクチンの分析が進んでいる」保健省

2021年01月06日 | 国内
1月6日 トルコが中国から買ったワクチンの分析が、トルコの研究所で行われていると、保健省が言いました。

 Hurriyet


300万回分のワクチンの最初の便が、2020年12月30日、首都アンカラに到着しました。「ワクチンが届いたとたんに、私たちはテストを始めました」と、保健省が1月5日、声明で言いました。ワクチン・サンプルが分析のために、「製薬・医療機器局」(TITCK)に送られました。

テストはワクチンの品質と効能と信頼性を中心に行われています。保健省によると、中国のシノヴァック社が開発したワクチンの分析には、少なくとも14日はかかるそうです。「ワクチンが安全だと認められたら、緊急使用のためのTITCKの承認後、ワクチン接種に使用可能になります」と保健省は付言しています。シノヴァック社との契約によって、トルコは総計5000万回分のコロナ・ワクチンを受け取るでしょう。

トルコはまた、ファイザー社と共同開発したドイツ・ベースのバイオNテック社とも、コロナ・ワクチン購入の契約をしています。ファフレッティン・コジャ保健相は、先月、この契約の下に、450万回分のワクチンが、3月末までにトルコに送られてくると言いました。

トルコはまた、バイオNテック社とのワクチンの共同製造も考えています。


バイデン次期大統領がボズクル国連総会議長に書簡を送った

ヴォルカン・ボズクル国連総会議長が、アメリカのジョー・バイデン次期大統領から書簡を受け取ったと、1月4日、ツイッターに書きました。

Hurriyet
バイデン米次期大統領(左)とボズクル国連総会議長

「われわれは貴殿および国連総会と、さまざまな問題に取り組み、ともに働くことを楽しみにしている」と、バイデン次期大統領は書簡で言っています。2020年12月に署名された書簡で、バイデン次期大統領は「ハリス次期副大統領と私は、まさに地球的大チャレンジの中で就任します」と書いています。

バイデン次期大統領はボズクル議長に感謝のことばを述べ、「私は今後の対話を楽しみにしている」と書面を締めくくっています。ボズクル議長はツイッターに手紙を書き、バイデン次期大統領のことばに感謝を述べました。

「私はアメリカの次期大統領ジョセフ・R・バイデン・ジュニア氏から書簡を受け取った。暖かいことばに感謝している」とボズクル議長はツイッターに書きました。「私も今後の対話と密接な協力を期待している」

ボズクル氏はアンカラ大学法学部卒。トルコのベテラン外交官。国会議員をへて、2020年6月17日、第75代国連総会議長に選出されました。バイデン次期大統領の就任式は、1月20日、ワシントンDCで行われます。


   「ときどきダイアリー」ヘ

コメント   この記事についてブログを書く
« 「44%の人がワクチン接種... | トップ | トルコの正教徒たちがクリス... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事