トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「イスタンブル運河建設は6月末に始まる」エルドアン大統領

2021年06月01日 | 国内
6月1日 イスタンブル運河建設プロジェクトは、6月末に始まると、エルドアン大統領が言いました。

 Hurriyet

「運河はイスタンブルの戦略的・地理的重要性を増すだろう」と、エルドアン大統領は、5月29日、最新技術を結集したイスタンブルの「チャムルジャ・テレビ・ラジオ・タワー」の落成式で語りました。

「運河の左岸と右岸に、2つの都市が築かれます。運河には6つの橋が架けられます。このプロジェクトに反対している人もいますが、ほっておきましょう。われわれはこのプロジェクトを進めてゆきます」と大統領は付言しました。
 
政府はイスタンブル運河によって、黒海とマルマラ海の間に人工の海路を造り、世界で最も通行量の多い海路のひとつ、ボスフォラス海峡のオイルタンカーの通行量を緩和しようと考えているのです。イスタンブルのヨーロッパ側の中心の西方に造られる45キロメートルの運河は、1日に160隻の船舶の往来を可能にします。

今年1月、環境・都市化省は、巨大プロジェクトの環境への影響に関する報告書を承認し、イスタンブル運河にOKを出しました。イスタンブル運河プロジェクトは、750億リラ(約88億ドル)のコストが推定されます。


トルコはワクチン接種をつづけながら、コロナ規制を緩和する

トルコは5月31日、コロナ拡大を抑制するための公的集会の規制を緩和しました。

 Hurriyet

エルドアン大統領はアンカラで行われた閣議後、記者団に、6月中は週日と土曜の午後10時から午前5時まで外出禁止がつづくと言いました。土曜のフルロックダウンも通告があるまでつづきます。レストランとカフェは午前7時から午後9時まで対面営業でき、デリバリーは夜中までできます。

トルコは17日間のロックダウンで感染が大きく減少したため、5月17日、漸進的な正常化を始めました。トルコは6月1日まで、午後9時から午前5時までの週日外出禁止を行い、週末はフルロックダウンを行ってきました。

トルコはこれまでにコロナによる死者47405人を記録し、510万人がコロナから回復しています。感染を確認された人は520万人。公的数字によると、トルコは1月中旬に集団ワクチン接種キャンペーンを始めて以来、2906万人がワクチン接種を受けています。


   「ときどきダイアリー」ヘ





コメント   この記事についてブログを書く
« トルコはイスタンブル征服5... | トップ | シリアに残るアタテュルクの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事