トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

裁判所はブランソンの自宅監禁解除の訴えを斥けた

2018年07月31日 | 国内
8月2日 イズミル県の裁判所は、7月31日、テロ容疑で裁判中のアメリカのキリスト教牧師アンドリュウ・ブランソンの自宅監禁解除を求める訴えを斥けたと、アナドル通信が報じました。

Hurriyet

イズミル第2重罰裁判所は、その裁定で、容疑者に対する“強い犯罪容疑”は本質的に変わっていないと言いました。「容疑者は刑務所から釈放されたが、これは彼に対する証拠に変化があったという意味ではない」

自宅監禁解除の訴えはブランソンの弁護士イスマイル・ジェム・ハラヴルト氏が出しました。ブランソンの次の審問は10月12日に予定されています。ブランソンは7月25日、自宅監禁になりましたが、裁判所は彼に電子腕輪を24時間着けているよう命じ、国外への旅行を禁じました。

20年以上トルコに住んでいるブランソンは、在米のフェトフラー・ギュレンの支持者たちに助力したとして告発されました。トルコ当局はギュレンを2016年の未遂クーデターの首謀者と見ています。ブランソンはまた、クルド労働者党(PKK)の戦闘員を支援した容疑もかけられています。


古代の“地獄の入口”が9月、公開される

地下世界への通路と信じられてきた、古代ローマの“地獄の入口”が、9月、一般に公開されます。

 Hurriyet

地下世界の神プルトン(冥界の王ハデス)からプルトニウムと名づけられた“地獄の入口”は、パムッカレのヒエラポリスの遺跡で発掘されました。パムッカレは石灰棚でも有名で、ユネスコの世界遺産に登録されています。ヒエラポリスのヘレニズム時代の温泉の町から近い、この異様な眺めは、訪れる人の興味の的になっています。

ヒエラポリスはBC2世紀末、アッタロス朝の王たちによって築かれました。ユネスコのウエブサイトによると、この温泉は、羊毛を洗い、乾かすのに使われたそうです。温泉はまた、万病に効くとも言われています。


「囚人のためのスペースは4.25平米でじゅうぶん」最高裁

憲法裁判所は、最近、在監者の生活スペースは、共通の生活スペースを含めて、4.25平米でじゅうぶんだと裁定を下しました。

 Hurriyet

この裁定は、ギュレン・ネットワーク(FETO)のメンバー容疑で、2016年の未遂クーデター以来、収監されている元判事メフメト・ハニ・バキの訴えに対する返答です。元判事のバキは、南部オスマニエ県の刑務所に収監されていますが、彼が入れられている監房は16人用なのに、25人の在監者が詰め込まれているとして、刑務所に対し執行判事に告訴しました。

監房の収容者の数を減らすべきだというバキの要求は1度、否決されましたが、バキ容疑者は、今度はオスマニエ第2重罰裁判所に申請しました。バキの要求はふたたび否決されたため、彼はこのケースを憲法裁判所に送りました。

刑務所当局は最高裁に声明書を送り、「彼の監房には寝台は16しかないが、あとの9人にはフロア・ベッドが支給されている。各収容者は、共通の生活エリアと4.25平米の個人の生活スペースが与えられている」と弁明しました。

憲法裁判所の第2セクションは、監房の人数を減らすべきだというバキの要求を拒否し、監房がこの状況になったのは、2016年のクーデターのために、多くの人々が収監された結果だと言いました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「トルコは米国に対して後退... | トップ | 米土閣僚が7月26日以来、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事