トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「女性の権利」デモに機動隊が催涙ガス

2018年03月06日 | 国内
3月7日 4日、アンカラで行なわれた「女性の権利」デモを、機動隊が催涙ガスで散開させ、プロテスター15人が拘束されました。

 Hurriyet

3月8日の「国際女性の日」に先だって、女性の権利を推進するNGO「アンカラ女性のプラットフォーム」を主体とするプロテスターが、集会のために市のセンターに集まりました。

「私たちは団結を強化する」というバナーを掲げた女性たちに、警察が介入し、散会するよう呼びかけましたが、女性たちは無視。警察は女性たちに催涙ガスを浴びせたと、AFPの寫眞家が言いました。警察に拘束された15人の女性は、その後、解放されました。

アンカラのデモと同時に、イスタンブルでもデモが行われ、およそ1500人の女性が、ヨーロッパ側のバクルキョイ地区に集まりました。「3月8日女性のプラットフォーム」が集会を組織しましたが、警察は集会の始るまえから警備対策をとり、「バクルキョイ自由広場」に入る人々を厳重チェックしました。

トルコの多くの人権NGOに支援されたこの集会には、クルド系の人民民主党(HDP)のペルヴィン・ブルダン共同議長、HDPのフィリス・ケレステジオール副議長、HDPのヒュダ・カヤ議員、労働党のセルマ・ギュルカン共同議長も参加していました。


トルコはシリアのイドリブなど9地域に難民キャンプを設立する

トルコはアフリンから難民が流入してくる前に、シリアのイドリブ県と「ユーフラテスの盾作戦」の地域に、17万の難民のためのキャンプを設立すると、外務省のハミ・アクソイ報道官が、3月6日、記者会見で言いました。

 Hurriyet
これ以上の難民は・・・トルコ、もう限界です。


難民キャンプはアゼズ、エルビル、トゥグリ、テレフェル、ナッダー、バルダクル、マシャド・ラフィを含む9地域に設けられます。トルコの人道支援局は、まえから、大勢の市民がアフリンの砲火を逃れてトルコ国境へ押し寄せることを想定し、シリアのアザズとイドリブ周辺にキャンプ・エリアをつくることを計画していました。

また、シリア危機について話し合うために、トルコ・イラン・ロシアの3国サミットが、4月初旬、イスタンブルで開かれることになったと、アクソイ報道官は言いました。開催日は4月4日だと、トルコのさる外交筋がHurriyet紙に語りました。3月16日、3国の要人がアスタナで、4月のサミットのための予備会談を行うということです。

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外相は、トルコ=ロシア共同戦略計画グループ会談に出席するために、3月12~14日、ロシアを訪れる予定です。また、トルコとアメリカは、先月ティラソン国務長官がアンカラを訪れたとき合意した両国メカニズムの最初のグループ会議を始めます。YPG問題を初め、多くの問題の軋轢が、アメリカとトルコの関係を悪化させているため、両国は問題解決のための実行委員会を発足させることを決めました。


3月8日、トルコ全国で女性たちが性の不平等反対デモ行進

3月8日の「国際女性の日」に、トルコ全国で女性たちがデモ行進を行います。

 HUrriyet

女性の権利グループ「イスタンブル・フェミニスト集団」が、家長制度、男の暴力、女性蔑視、同性愛者差別、資本主義、軍国主義、帝国主義、戦争に反対するために、イスタンブル・タクシム広場に近いイスティクラル通りの行進に参加するよう、女性たちに呼びかけました。

グループは2003年以来、毎年、3月8日に行進を行っています。行進は19時30分、イスティクラル通りで始まる予定です。また、「公務員労働組合連合」(KESK)が、他の都市でも行進を組織します。行進の時間や場所はウエブサイトに発表されています。


   「ときどきダイアリー」ヘ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ISが計画した米大使館襲撃... | トップ | トルコは米国が戦闘員をアフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内」カテゴリの最新記事