トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

ボリウッド・スターがクイズ番組の賞金を難民に寄付

2017年10月16日 | 
10月17日 ボリウッド・スター、アマミル・カーンさんが、トルコのクイズ番組で勝ったお金を、トルコに住む難民に寄付しました。

 Hurriyet

10月14日、カーンさんは、トルコの人気俳優ムラト・ユルドゥルムさんが司会をする「億万長者になりたいのはだれ?」という番組に出演しました。番組でカーンさんは「私は自分のためではなく、人助けのために出演しているのです」と言い、勝ったお金をトルコのチャリティに寄付しました。彼は賞金が12万5000トルコリラになるところで、コンテスとをおりて、ゲットした6万リラをトルコに住む難民のためのチャリティに寄付したいと言いました。

番組でトルコの印象について尋ねられたカーンさんは、トルコ人は“温かい心と温かい血を持っている”と言いました。「私にはトルコ人の愛が印象的だった。私はトルコでよい時を過ごし、多くのことを知った」

カーンさんは、11月2日に世界で封切られる新作映画「秘密のスーパースター」の宣伝のために、10月4日にイスタンブルに来ました。彼の映画はインドでも、世界でも、いつも記録破りのヒットをしています。

・・・“ボリウッド”とは、インド・ムンバイ製作のインド映画のこと。ムンバイの旧称ボンベイのBとハリウッドの合成語です。


有名作家エリフ・シャファクさんがバイセクシャルをカミングアウト

トルコの有名な作家エリフ・シャファクさんがニューヨークのTEDトークスのスピーチで、自分はバイセクシャルだと発表したと、Hurriyet紙がウエブサイトで報じました。

 Hurriyet

「私はいつも少数民族の権利や、女性の権利、LGBTの権利について発言してきました。でも、私は、公共の場で、私自身がバイセクシャルだと言う勇気がありませんでした。私は中傷や、辱めや、嘲笑や、憎悪を受けることを恐れていたのです。しかし、当然のことですが、人はコンプレクスを恐れて沈黙しているべきではありません」と彼女は言いました。

「作家として、私はいつもストーリーを追っています。でも、私は話すことのできないもの、沈黙にも関心があります。政治的タブー、文化的タブー・・・私は私たち自身の沈黙にも関心があります」と彼女は付け加えました。

シャファクさんはトルコで最も多く読まれている女性作家です。欧米のメディアにも、多くの政治的論評を書いてきました。彼女はトルコ語と英語で書き、彼女の本は48か国語で出版されています。彼女はこれまでに15冊の本を書き、その中の10冊は「イスタンブルの私生児」「40の愛のルール」などの小説です。最近作は「イヴの3人の娘」。彼女の本はイギリスの出版社「ペンギン」からも出ています。


「ときどきダイアリー」ヘ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「EUの首脳たちとトルコと... | トップ | ビザ危機やシリア問題の話し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事