トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「トルコは東エルサレムに大使館を開く」エルドアン大統領

2017年12月18日 | 国際
12月19日 13日、イスラム協力機構(OIC)が東エルサレムをパレスチナ国家の首都と認める決議をしましたが、エルドアン大統領は17日、トルコは東エルサレムに大使館を開きたいと思っていると発言しました。

 Hurriyet

「われわれはすでに、東エルサレムをパレスチナ国家の首都と宣言したが、現在エルサレムは占領されているため、大使館を開くことができない。可能なら、われわれは東エルサレムに大使館を開くだろう」と、エルドアン大統領は、カラマン県で開かれた公正発展党(AKP)の会合で言いました。

「アメリカのトランプ大統領は、エヴァンジェリスト(キリスト教の伝道者)とシオニストの側に立って、エルサレムをパレスチナの首都と宣言した。アメリカは大使館を移そうとしている。国連の決定に反して、そうした行動をとることは、“われわれはお前たちを認めない”という論理によって行動したことになる。それなら、われわれも、お前たちを認めないと言おう」とエルドアン大統領は言いました。

「私は12月13日、イスラム協力機構の臨時会議を開いたが、加盟57か国はすべて出席し、東エルサレムをパレスチナ国家の首都と認めた。私はフランシスコ教皇にも電話したが、教皇も同じ意見だった」とエルドアン大統領は言いました。

・・・シオニズム(シオン主義)とは「イスラエルの地(パレスチナ)に故郷を再建しようという運動、またはユダヤ教やイスラエル文化の復興運動を起こそうとするユダヤ人の運動」です。


トルコは開発援助で170か国を支援している

国家開発援助局によると、トルコは2010年から2016年、170か国に210億ドルに価する政府開発援助を提供してきました。

Hurriyet

トルコ協力・共同局(TIKA)によると、トルコの開発援助の62%はシリアに提供され、また、アフリカに9.54%、中央アジアのトルコ系共和国に5.44%、バルカン諸国に4.3%が提供されました。2010年から2016年、トルコは136億6000万ドルの政府開発援助を提供しています。その中には、昨年だけで58億5000万ドルになるシリア市民への援助も含まれています。

中央アジアでは、2010年から2016年、トルコは、キリギスタン(6億340万ドル)、カザフスタン(20億8100万ドル)、アゼルバイジャン〈1億5700万ドル)、テュルクメニスタン(7940万ドル)、ウズベキスタン(4740万ドル)、タジキスタン(2400万ドル)に援助を与えています。

この6年間、トルコはソマリア、アフガニスタン、エジプト、パレスチナ、チュニジア、イラクにも、約25億ドルの支援を行っています。2016年にトルコの相互開発援助の多くを受け取った国々は、シリア、ソマリア、パレスチナ、アフガニスタン、ボスニア=ヘルツェゴヴィナ、キリギスタン、マケドニア、カザフスタン、アゼルバイジャン、ニジェールです。

昨年、トルコは、地域開発局(2億3000万ドル)、国連(3500万ドル)、世界銀行〈1200万ドル)に基金を寄贈しています。トルコは2005年以来、東エルサレムと西岸で70以上のプロジェクトを行ったと、ハカン・チャヴシュオール副首相が先週、言いました。

政府開発援助とは、開発途上国の経済発展と福祉を促進するために計画された政府の援助を意味します。1992年にトルコが設立したTIKAは、170か国以上で活動しています。トルコの政府開発援助は、2002年の8500万ドルから急増し、2016年にはほぼ65億ドルに達しました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント