sachiclinic's blog

すこやかな毎日を迎える日のために

サロンド・アト 10月29日

2016-10-29 21:11:18 | サロンド・アト

<Mさんの体験談>
生まれた時からアトピーで、6か月からステロイドを外用していた。
小学生のときも、1日2回ステロイドを外用。
いろいろなことを試した。
小3のとき、土佐清水病院に入院。全身にステロイドを塗り、包帯をぐるぐる巻き→
ものすごくきれいになった。
以後、ずっとステロイドのランクを上げながら外用していた。

高2のとき、最強ランクのステロイドが効かなくなった。
ネットでいろいろ調べて、ステロイドを塗りつづけることが怖くなった。
ステロイドをやめた。→2か月後、浸出液で目が開かなくなった。
           体中血だらけ。手が伸びない。学校にいけない。
さち皮膚科を受診 →すぐ阪南中央病院に入院
部活で少林寺拳法をやっていた。全国大会へ行きたいので頑張った。
2週間くらいで改善してきた。運動が良かった。

岡山の大学へ進学 →ストレスで悪化 →広島の大学に変わった
☆大事なこと →皮膚のことに一生懸命にならない
部活のとき、親に言われ、うつ状態に。→心療内科で適応障害と言われる。
自分は普段、皮膚のことを考えないことが大切だと思った。
今年、就職。この皮膚だから、あえて接客業を選ぶ。

脱ステは人にすすめられるものではないが、深く考えないことで改善すると思う。
朝起きる時間だけは決めて、あとは眠れなくても気にしない。
いろいろ考えるとストレスになるので、何も考えない。

脱ステして8年。年々よくなっていると感じる。
悪化してもこれくらいと思える。
来年・再来年を楽しみに生活していけるようになった。

<患者さんからの質問>
Q:寝ている間にかいて出血
A:気にしない。自分の中で何が良いのか考えて工夫することが大切

Q:脱ステして悪化。ゴールが見えない。
A:人によっていろいろ。一つのことだけにこだわらず、全体をイメージする。
  運動は大切だが、やり過ぎないこと。

Q:漢方薬などいろいろなことを試した。
A:人工的なものをなくして、本来持っているものを大切にしていく。
  シンプルにする。

Q:ポイントメイクは化粧落とし必要?
A:特に必要なし。

Q:水分制限で、便秘になる?
A:キャベツやヨーグルトなどで改善できる。甘いものの食べすぎは良くない。
  改善しないときは便秘薬を使ってもよい。(byさち先生)

☆ある患者さんから、豊富温泉に行き、初めて熟睡できた。ストレスもない毎日で救われたという感想もありました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 患者さんからのメール | トップ | ハッピーハロウィン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サロンド・アト」カテゴリの最新記事