Object Motor revision2.0

主にグダグダな日常を綴ったり綴らなかったり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そろそろマクロスΔの話してもいいかな?という話

2016-11-26 16:19:06 | 日記
 十分な間を置いたので、放送終了したマクロスΔの話をしたいと思うのですが……いいよね。
 未視聴の方は、ネタバレを含むので、ご注意ください。
 また、公式の見解とか、雑誌の情報は一切見ていないので、完全に私が視聴した限りの、個人的な意見や憶測となってます。


 ということで、様々な憶測が飛び交ったマクロスΔも放送終了してしばらく……というそれなりに経ちました。
 以前、このブログでも美雲さんの正体について考察というか、妄想してましたが、特別な歌い手という点以外は一つも当たってなかったという(笑)。ミステリアスに見えたけど、実はクローンで、人との接し方がわからなかったとか……予想できないですよ~。

 ということで、ほかの設定についても見てみましょう。

●ハヤテの父親について
 最初に、ハヤテの父親が軍人だったという話が出た時から、フレイアに音楽プレイヤーを渡した人物はこの人だなーとか、次元兵器の使用に絡んでるなーという事に気づいた方は多かったと思います。しかし、搭乗機体が残っていて、そのボイスレコーダーに記録が残ってたとかは、ちょっとご都合主義な感じがしました。ウィンダミアは一体、何を調査したのやら……。
 それに特務諜報員で美雲誕生にも関わっているとか、設定盛り過ぎ。話を広げ過ぎない様に集約したのだろうけど、それなら特務チームの一員程度の方が自然な気がしますよね。
 それと、気になるのが、次元兵器を積んで飛んでいた時。コールサインを部下だったアラド隊長が知らなかったと言っているので、特務としての任務だったと推測されます。ですが、それにしては飛んでいたのがハヤテの父親だったことを、部下だったとはいえアラドを含む特務以外のパイロットが知っているというのも不思議な話です。次元兵器の使用はウィンダミアであるとする新統合軍の見解とも違うので、後で責任を被せる為に公表したとも考えられないし……少し矛盾してます。

●プロトカルチャーシステム(遺跡)
 ロイドが19話で「50万年前、プロトカルチャがゼントラーディをはじめとする戦乱を鎮めるために創り上げたもの」と語っています。後々の行動から考えると、フォールド細菌による巨大ネットワークに取り込み、無力化を計るシステムだったと語っているように見えます。
 が、フォールド細菌が人類種に転移したのはヴァジュラがこの次元を去ってからのはず。
 では、歌の力を増幅するためだけの装置だったのか?
 しかし、リン・ミンメイの例がある様に、それならばあれほどの巨大システムは必要ないはずです。
 となると、ロイドは正確にはシステムの全容を把握していなかったか、自分の目標と合致してしまったが為に隠蔽のために事実を曲げて語った可能性が大きくなります。

 ならば、あのシステムは何だったのか?
 全銀河に歌声を響かせる事とフォールド細菌の作るネットワークに干渉できることを考えると、やはり使用対象は、ヴァジュラであったと考えられます。
 では、ヴァジュラに何をさせたのか?
 これはヴァジュラの「次元を渡る能力」が目的でしょう。プロトカルチャーの足跡が残された最後の星団。ここからどこかに……別次元にプロトカルチャーは旅立ったのではないでしょうか?
 とすると、移籍は巨大な次元ゲートを開くシステムだったと考えるのが妥当でしょう。
 これは、ラグナ近辺が亜空間ゲートを開きやすい場所である事、ヴァジュラ戦役終結後にラグナでメガロード1(ミンメイの乗った移民船で、行方不明とされる)のものと酷似した亜空間からの通信を傍受した事も裏付けとなるのではないでしょうか。

●ウィンダミア人
 前述のことから、ウィンダミア人はゲートの護り手として残されたと考えることもできます。星の歌い手を制御できる能力もそれ故なのかもしれません。
 そして、プロトカルチャーがシステムを残したのは、進化した人類種が自分たちの足跡を追いかけてくる時の為だったのではないでしょうか?
 歌は、システム起動のキーであるとともに、歌という彼らにとって大切な文化を受け継いだ人類種のみを選別する『試練』だったのでしょう。
 そして、ブリージンガル球状星団に様々なタイプの人類種が存在するのは、それらと協力できる文化であることを願ってのことではないでしょうか? 戦争状態となって遺跡が破壊されれば、システムは正常に機能しなくなるんですから。
 さらに、ウィンダミア人の寿命が短いのは、彼らが単独で文化を発展させてシステムを起動させないための防護策だったとも考えることが出来ます。まあ、これについてはルンが遺跡と干渉して云々とかもありそうです。なぜなら、ウインダミア人は一生涯にわたって星団を離れた者が未だにいないようなので、遺跡との関連性が検証できないからです。少なくとも身体能力が高いからという説明が、短命の理由にはならないのは、陛下やフレイアに起こった身体の変化を見れば確実でしょう。

●レディM
 作中で色々と匂わせていますが、情報不足で結論は出せませんね。何となくMはミンメイのMじゃないかなーというのを騙っているだけで、この段階ではミスリードであってもおかしくはないかな。

●イプシロン財団
 兵器を売買する死の商人……にしては闇が濃すぎる気もします。むしろヴァジュラ戦役でヴァジュラを乗っ取ろうとした一味の残党……いや、むしろ本体という方がしっくり来ます。

●三角関係
 何か三角関係にすらなってなかった気がします。ミラージュのはどちらか言うと片思いで、最後までハヤテとフレイアの間に入り込めなかった感があります。
 公式でも語っていた色々な三角関係というのも、それほど意識する必要がない感じのものばかりだったような……。

●歌と戦闘
 用意された曲数の割には、効果的に使われている曲が極端に少ないような印象があります。むしろ歌の使い方自体はフロンティアの時よりも物語にはまってなかったような感じがします。これは、おそらく他のブログでも語られている歌が挿入される戦闘シーンの少なさや規模の小ささにあるのではないでしょうか。
 確かに、本当にワルキューレが必要だったのか疑問が残る潜入ミッションを二回も行ってますし、軽快な空中戦が売りのマクロスシリーズにしては戦闘機が飛ばない回が多かったですね。それに、最終回もフロンティアで見られた歌と戦闘の融合が感じられなかった点が強く印象に残ります。も歌も戦闘も途切れ途切れで、テンポが良いとはちょっと……。

●終わり方
 主人公サイドは美雲救出で終わり。戦闘の終止符は白騎士とロイドの対決。
 救出してからいよいよ盛り上がるかなーと思ったら終わってしまう罠。
 物語的にも、戦争は終結してない状態のままだし、ハヤテの父親への誤解も解けていない。
 決着がついたのはハヤテとフレイアの恋愛だけという状態。
 何か二期か劇場版でもあるのかなという終わり方ですが……あるんですかね?
 ところで、最後に飛び去って行くジークフリートのシーンなんですが、コクピットからのぞくのハヤテとフレイアが扁平な立て看板に見えるのがすごく気になります! あれは無いよ。


■総括
 マクロスという作品は根底に「ファーストコンタクト」「異文化との接触」「相互理解」というテーマを持っていると思います。
 初代「マクロス」はブービートラップによる意図的なファーストコンタクトの失敗から始まります。
 「7」や「F」だって全く異なる生命体とどの様に対話するかを模索していく物語でもあります。
 そして、「Δ」は同じ人類種でありながら、寿命の違いから時間の流れが違う人々との感覚の違いが歪を生み戦争へと発展しています。
 その答えはまだ完全には見いだされてはいないのではないでしょうか?
 最終回で提示されたのはハヤテとフレイアの結論だけ。
 まだまだ物語は語りつくされてはいない……そんな気がします。

 ということで、今後の展開があるのかどうか気になるという話。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows10にアップグレードした話

2016-07-18 13:05:00 | 日記
 今まで作業が重なっていたりしてやれていなかったWindows10への更新をやっと行いました。
 事前に、アプリの対応状況に問題はなかったし、特殊な環境セッティングでもないので変更で起動しなくなる何てことは心配してませんでした。
 更新処理は、途中、何度かの再起動を繰り返しながら、小一時間ほどで終了。Windows8.1からのアップグレードですが、それほど違和感なく操作出来ます。操作上、大きく変わったのは、画面右上端にカーソルを移動すると出ていたチャームと呼ばれるメニューが画面左下のWindowアイコンから開くメニューに統合されたことスタートメニューが全画面表示じゃなくなったこと位でしょうか。まあ、おかげでチャームへのショートカット機能が付いたマウスボタンがCortanaへのショートカットに置き換わっちゃいましたが。
 後は、ブラウザがIEからMicrosoft Edgeになったこと。あ、でもIEはアンインストールされないので既定のブラウザを変更すれば従来通り使用できます。まあ、Chrome使ってるんですが……(笑)。一応、お気に入りなんかはChromeからインポートしときました。

 ということで、我が家では特に問題なく移行が完了しました。
 アップグレード後、しばらくはバックグラウンドで色々としている様子で、動作が重くなることもありましたが、その後は依然と同じ操作感覚で特に重いと感じることは無くなりました。
 システム面は、ほぼそのまま前の環境を移行してくれるので、せいぜい新機能に変更するかどうかを選ぶくらいですが、一応アップグレードは自動ではなくカスタマイズを推奨します。何も変更しなくても、説明くらいは読んだ方が良いです。特にMSが何の情報を収集しているかとかは、カスタマイズ画面じゃないと見過ごしてしまう項目です。
 あと、エクスプローラーの一部設定(ナビゲーションウィンドウの表示有無等)が初期化される様なので、使い易い様に再調整する必要はあります。
 あ、そういえば、実にマイナーなことなんですが、画像ビュワー(画像ファイルをクリックすると開くアレです)が大きく仕様変更しました。最初は、説明が何にもなくて戸惑いましたが、前のビュワーよりも使い勝手は改善されています。

 無料アップグレードももうすぐ終了になります。よく考えてアップグレードするかしないかを選択してくださいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マクロスΔ・美雲さんの正体が話題になっている話

2016-06-22 16:39:29 | 日記
 今回はマクロスΔの話。
 ブリージンガル球状星団の各所に残るプロトカルチャーの遺跡、その遺跡の力を呼び起こす風の歌い手、プロトカルチャーの正当な後継者を名乗るウィンダミア王国……。
 今までのマクロスシリーズではあまり表に出てこなかったプロトカルチャーが、今シリーズではかなり親密にストーリーに関わってきているのが見えてきましたね。

 その中でも、プロトカルチャーの遺跡と共鳴したりと不思議な行動が多い戦術音楽ユニット「ワルキューレ」の美雲さんの正体については、あちらこちらで様々な憶測が飛び交っています。
 プロトカルチャー生き残り説、実はウィンダミア人説、一話の瓦礫を跳ね除ける力からサイボーグ説、髪の毛の変形がプロトデビルンのシビルに似ているからプロトデビルンじゃね説、ラグナのクラゲ女神説と、真剣なものから冗談交じりのものまで語られているのが現場です。

 美雲さんの不思議な点を幾つか書き出してみるとこんな感じ。
 ・言動がミステリアス
 ・強力なフォールドレセプター保有者
 ・優れた身体能力(生き埋めになっても平気だったり、バルキリーの上に立ち乗りしたり)
 ・私生活が謎(他のメンバーと違って寮に入っていない)
 ・水中や海辺に一人でいるシーンが散見される(なお、全裸の模様)
 ・プロトカルチャー遺跡に呼応している?

 これから考えると、美雲さんって『人魚』のイメージでキャラクターが作られているのかなと感じます。
 声を失くして足を手に入れた人魚姫ではなく、声、つまり歌うことを手放さなかった人魚姫……ワルキューレの歌姫としてもしっくりくる設定です。
 水中シーンでは下半身(足)を故意にアングルから外してるのも意味ありげですし、惑星ラグナに戦術音楽ユニット「ワルキューレ」の拠点が置かれているのは、マイクローン化の様に人魚の体を足に変換する装置がラグナの遺跡にしか存在しないとか、長期間水辺を離れられないからとも考えられます。
 風の歌い手と同様の役目を持っている可能性があるけど、遺跡に関してはそれほど詳しくはない。ただ、その能力故に、遺跡に踏み込むことでプロトカルチャーの残したメッセージに触れることが出来てしまうというところでしょうか?
 言動から、かなり本能というか感性の赴くままに行動しているところがあるので、その点ではマクロス7のバサラに似てるかもしれません。

 さて、美雲さん以外にも、キーとなる多くの謎がマクロスΔには存在します。

 現在、ヴァールシンドロームの引き金としてのみ機能しているプロトカルチャー遺跡。しかし、本来の機能はそんなものではなかったはずです。惑星中心まで伸びるシャフトは惑星の力を吸い上げるためのものなのか。それとも惑星に何かの力を注いだ跡なのか。
 果たして、プロトカルチャーが最後にたどり着いたブリージンガル球状星団で何を成し、何処へ消えてしまったのでしょうか? 

 何故、ウィンダミア人は短命の種として生み出されたのか? その意味は? そもそも本当に身体能力の高さと引き換えの短命さなのか?

 ウィンダミアの背後にチラつくイプシロン財団の影。遺跡調査の名目で暗躍する彼らの真の目的は新統合政府の転覆か?

 そして、今戦争の引き金となった次元兵器の使用痕跡と言われるウィンダミアの大地に穿たれた傷痕。どちらの陣営が使用したかが、双方で食い違う。おそらくは、これが何者によって行われたかが明らかになることで物語はクライマックスへなだれ込むことになるでしょう。

 あ、あとレディMの正体。一部ではミリアじゃないか? とか言われてますが、この作品Mが頭文字の女性多いんですよね。ミレーヌ、未沙、ミンメイ……。

 まあ、まだ物語的には語られていない部分も多いし、今後も語られない部分が多々あると思いますが、ここまでのまとめとしてみていただければ幸いです。とりこぼした話や、個人的に勘違いしている部分もあると思いますので、その点はご容赦願います。

 という、予想が外れたら笑ってやってください的な話。個人的にはクラゲ女神も捨てがたい(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何でGのレコンギスタの設定を疑わないかな?という話

2016-03-17 23:00:45 | 日記
 今更……というか、一年位前だから文句も出ないだろうなーということでGのレコンギスタの話。
 その中でも当時、一部で話題となった「クンタラ」について。
 まあ、知っている人は知っているだろうけど、作中の世界では、一部の人々をクンタラと呼んで、差別的に扱っていました。
 作中では、第7話のセリフで「今世紀以前、人に喰われるような劣った人云々」という説明がされていますが、簡単に言うと「過去に食用にされた下層階級民とその末裔」をさす蔑称という設定になってます。

 で、放送当時の反応を見ると、「非人道的な歴史があったものだな~」と素直に受け入れている人が非常に多かった。
 しかし、これ公式設定というだけで鵜呑みにして良いものだったのだろうか?
 当時、ネットでも不可解な設定に疑問を呈した人はそこそこいたのだが、本編はクンタラの劣等感のみが語られ、歴史的背景などにはあまり触れられなかった事もあり、スルーされてしまった感がある。
 ということで、なんでクンタラが食用人間扱いされたのかを個人的に考察してみました。

 先ず、当時最も疑問視された「人を食用にする意味」について。
 はっきり言って「無い」。
 少なくても、宇宙に出る様な技術を持つ世界。そこでの行為にしては不釣り合いなほど倫理的にアウトで野蛮なのではなかろうか?
 もちろん、生産技術的にも、人を食用にするくらいなら他の動植物を生産する方が効率的であろう。
 何らかの曲解があったと考えていいだろう。

 例えば、スペースコロニーの食糧生産設備で事故が発生したと考えればどうだろう?
 修繕不能、しかも、何らかの事情(歴史的背景とか地理的な事情等)により、外部から救援も補給も望めない状況とすれば、緊急避難的に人が人を選別し、食べざるをえない事態が発生してもおかしくはないだろう。脱出もできない状況だとすると、コロニーで大規模な崩壊が発生し、長期間閉じ込められたのかもしれない。
 Gレコの世界では、宇宙世紀時代の形のコロニーが登場しないことを考えると、コロニー群全体を脅かすような大規模な災害や老朽化によるコロニー放棄などがあり、個々のコロニーが孤立化した時期があったとしてもおかしくはない。

 この生き残りがクンタラなのではなかろうか?
 同胞を犠牲にして生き延びた人々は、つまり食用にされた人であり、食した人でもあるわけだ。
 そして、コロニーから救出され、行き場をなくした人々が地球に帰還する。
 これが、クンタラが「下層階級民」となり、「差別」の対象となった原因だろう。
 財産を失って宇宙から帰ってきた大量の「帰還民」。彼らが流入したことにより、食糧不足や土地問題など多くのトラブルが地球では起こったであろう。歓迎ではなく厄介者として扱われる。
 この時、宇宙での話に尾鰭がついて広がる。
 宇宙で生活していた人々は、地球に住む人々と比べて華奢で筋肉質では無い様に見えただろう。いかにも柔らかい肉付きの「おいしそうな人」と揶揄されたかも知れない。それは時代が進んで「食べた人間」ではなく「食べられた人間」という面だけが強調されていく原因となったかもしれない。あるいは、クンタラ達に正しい歴史が伝わっていない事を考えると、同胞を犠牲にした歴史を後世に伝えたくないと考えて、敢えてゆがんだ情報を流布したのかもしれない。
 そして、土地を持たない人々は最下層の生活から長い年月の間抜け出せず、差別に苦しむことになる。
 第一話に出てきたセントフラワー学園のチアガール達。ノレドをクンタラと呼んで蔑むシーンがあるが、ノレド個人をクンタラと見分けていないのだとしたら、セントフラワー学園自体がクンタラ女子の学校で、チアガール達は将来有望なキャピタルガード候補生の男の子たちを物色に毎年来ているのかもしれない。これも最下層脱出のための結婚相手探しが伝統化したものなのか。
 ちなみに、この憶測は全く根拠がないわけではない。記憶が確かなら、地球の外に住む人々はクンタラという呼び名をほぼ使ってないのだ。これは本当の事を知っているからなのではないだろうか。確かマスクに「私たちも同じような境遇云々」という話をするシーンもあったような気がするんだけど……気のせいか?

 つまるところ、公式設定が語っているのは歴史的事実ではなく、この時代の認識はこうなっている、というものなのだろう。

 放送中に監督が設定を漏らした点から見ても、矛盾した設定を公表することで、この時代には歪められた歴史が存在する事を暗に示したかったとも考えられる。

 等と色々と吐き出してみる。
 まあ、今更の話であるし、もしかしたら公式にもっと踏み込んだ話がどこかに載っているかもしれないので、あくまでこんな考え方する変人もいるんだよー程度に見てくれたら幸いです。

 というひねくれ者の戯れ話。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

足の骨折は退院後が一番怖いという話

2016-02-16 00:15:24 | 日記
 前回、といってもずいぶん前の更新になりますが(苦笑)、骨折した家族が退院できそうだという事を書きました。
 結果として、12月初旬に無事に退院。
 早速、入院中にできなかったことを色々としようとして、足の回復が十分でないまま歩き回り……力が抜けた拍子に、何も転ぶ要因がない場所で転びました。
 結果、右股関節の骨挫傷。
 骨折はしていないが骨内部にダメージが残る……まあ、骨折一歩手前という状態でしょうか?
 退院からわずか二週間で再入院しました。
 お医者様によりますと、足の骨折から、短期間で再入院するのはこのパターンが非常に多いのだとか。
 入院中のリハビリでも、日常生活にすぐ復帰できる体力が付いているわけではありません。退院時は自宅で生活できる程度まで回復した城でしかありません。
 退院後もリハビリを続けて体力の回復を待たなければ、入院前の状態には戻れません。
 しかし、この時期が一番危険。むしろリハビリの経過が良いと、変に自信を持ってしまい、日常に早く戻ろうとして無理をし易いのだそうだ。
「もっとできる」
「まだ大丈夫」
 そんな思いに足を体力以上に酷使してしまい……突然、カクンと力が抜けたり、踏ん張りが効かなくなってしまう。
 これが腕なら、ものを落とす程度で済むのですが、足では落ちるのは自分の体。怪我をする確率も高く、怪我自体も大きく成り易いのです。

 ということで、年末年始は再び入院三昧で不満タラタラの家族をなだめすかし、家事やら入院中の世話やらに忙殺されたのでした。
 何だかな~。

 現在、家族はすでに退院したのですが、家の中は滑り止め対策を施し、滑り止め靴下と脚を冷やさないための電気絨毯なども導入しました。後は、体力の完全回復まで転ばない様にハラハラしながら見守るだけです。

 と言ってるそばから早速転倒。今度はおでこを打っただけで済みましたが……大丈夫かな~?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加