◆ kana_3の言いたい放題 ◆

日々感じたこと、思ったことの記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

○ 有給休暇が景気対策?

2005年02月18日 | ○ 昔の言いたい放題
 「経済産業省は6月7日、全国の会社員、公務員が有給休暇を完全に消化すれば、レジャー支出などで11兆8000億円の経済波及効果があり、雇用創出効果は148万人に達する、との試算を発表した。」 本当だろうか?

 「有給休暇の取得促進を政府と民間企業が一体となって取り組めば、公共事業のような巨額の支出を伴わなくても、高い景気浮揚効果が期待できると提言している。
 報告書によると、正規雇用者の有給休暇日数は00年実績で18・0日。このうち9・1日分が未消化で、雇用者全体(約4700万人)では約4億日分に相当する。
未消化分を完全取得すると
1 余暇活動の増加に伴う関連産業の生産誘発額7・4兆円
2 新規雇用の創出(56万人)に伴う波及効果1・9兆円
3 有給休暇の完全取得に伴う代替雇用の発生(92万人)でさらに2・5兆円の波及効果があると分析した。」

 休暇改革は「コロンブスの卵」というサブタイトルをつけて、公表しているが、本当に本当だろか?有給休暇がらみでもっとよい方法があるのではないだろうか?ちょっと考えてみよう。

 まず、報告書の検証から~
1.直接波及効果は7.4兆円といっているが、「有給休暇が完全にとれたらという仮定」の聞き取り調査の結果を参考にしており、一応レジャー白書の「実施/希望」率による補正はしているというが、現実的なレジャーの「実施/希望」率と全くの仮定での率とは比較にならない。
また、仮にそれだけ有給休暇で消費したとしてでも、その分、日ごろの消費が抑えられプラスマイナスゼロである。収入が同じであれば、休みが多かろうが少なかろうが消費金額は同じである。お金があれば休みが少なくてもたくさん消費する。(庶民レベルでは)

2.新規雇用による経済波及効果は1.9兆円といっているが、上記(1)と同じで、その分、現状の雇用が減りプラスマイナスゼロである。

3.代替雇用による経済波及効果は2.5兆円については、公務員の発想としか思えない。企業で払える人件費の総額は決まっており、仮に、代替雇用が発生したとしたらその分どこかで削減しなければ企業はやっていけない状況である。何人いてでも賃金が支払われる公務員とは違うのである。有給休暇を完全取得できない(していない)社員もその辺がわかっているから、取得しないのであって、事情をわかっていない大学の教授と公務員の空物語である。

 この報告書を聞いて一番思ったのは「どこにそんなお金あるの」である。庶民も企業もぎりぎりで生きている現状で、休みが増えてどのような生産性があるというであろうか?インフレ時代のお金のあまっている時であれば「休みが増えれば消費も増えるであろう」が、今の時代はどうなのであろうか。
今人気のblogはココ!
コメント

○ 教育費負担

2005年02月15日 | ○ 昔の言いたい放題
 11月30日に発表された国民生活金融公庫総合研究所の「家計における教育費負担の実態調査( 平成15年度)」によると「高校入学から大学卒業までの費用は子供1人当たり約970万円かかるそうである。
 我が家は高校前の子供がまだ二人いる。年金の逆で、上の子供(今大学生)に負担させようか?世代間の助け合い?


以下 ~ 主な調査結果( 勤務者世帯) ~
1.高校入学から大学卒業までの費用は子供1 人当たり約970万円 ・ 入学者1 人当たりの入学費用は、大学で92.1万円、高校で50.7万円となった。
・ 在学中の子供1 人当たりにかかる1 年間の費用は大学で140.5万円高校で88.5万円となった。
・ 高校入学から大学卒業までにかかる費用は子供1 人当たり970.3万円( 14年度調査993.0万円) となっている。

2.在学費用は、世帯の年収の34%
・ 世帯の年収に対する在学費用の割合は、33.5% に達している。
・ 住宅ローンのある世帯は、勤務者世帯全体の59.9% を占め、年収は746.4万円、ローン返済額は年間120.0万円である。これに、すべての子供にかかる年間の在学費用211.2万円を加えると331.2万円となる。

3.仕送り額は年間138万円と自宅外通学の負担は重い
・ 自宅外通学者がいる世帯は勤務者世帯の40.6% を占める。自宅外通学者1 人当たりの仕送り額は、年間137.6万円に上る。
・ 入学費用と自宅外通学を始めるための費用は、入学者1 人当たり129.8万円である。

4.節約やアルバイトで教育費を捻出
・ 教育費の捻出方法としては「教育費以外の支出を削っている」が65.2% と最も多く、以下「子供がアルバイトをしている( 42.4% 「預貯金や保険などを取り崩している」)」、( 41.4% ) と続く。
・ 節約している支出としては「衣類の購入費」が61.7% と最も多く、以下、旅行・レジャー費( 56.2%)、食費( 50.0%)、外食費( 40.4%)、保護者のこづかい( 38.0 )と続く。
 今人気のblogはココ!
コメント

○ サービス残業の是正指導

2005年02月14日 | ○ 昔の言いたい放題
 時間外労働(残業)に対する割増賃金を支払わないサービス残業があったとして、全国の労働基準監督署が事業主に残業代の支払いを求めた是正指導が、昨年1年間で1万8511件に上ったことが15日、厚生労働省のまとめで分かった。

 以下、共同通信によると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 前年(約1万7077件)を1500件近く上回る6年連続の増加で、過去約30年間で最も多かった。労働基準法違反容疑で書類送検した件数も、前年の49件から84件に増加した。厚労省の集計によると、労基法や労働安全衛生法の違反を是正するため、2003年は全国の約12万1000の事業所を立ち入り調査。このうち、約15%に当たる事業所で割増賃金が支払われていないことが判明した。03年には、サービス残業で約65億円の未払い分が発覚した中部電力や、消費者金融最大手の武富士、大手百貨店の松坂屋などが是正指導を受けた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 サービス残業とは
 ・ 残業代を全額または一部しか払っていない。
 ・ 残業時間に上限を設け、それ以上払っていない。
 ・ 会社で残業時間を把握せず、本人から申請あった分(通常少なめ)しか払っていない。
 ・ 残業代を固定(実際の残業時間より少ない)で払っている。
 ・ 労基法上の管理職でないのに、残業代を支払わず管理職手当のみ支払っている。

などが該当する。

 このサービス残業をそのままにしておくと、労働基準監督署の調査が入り、サービス残業(賃金不払残業)の事実が確認されると、過去にさかのぼって残業代を支払うよう是正勧告を受ける。
 こうなると会社も従業員も痛手を受けることになる。
「残業とは何か」ということを労使ともに共通認識を持ち、ルール通りに運用することが大事である。
 今人気のblogをこちらでチェック
コメント

○ 安易な配転命令にクギ

2005年02月11日 | ○ 昔の言いたい放題
 河北新報(2002年11月16日)によると、「ノルマ達成率の低さを理由に配転され、給料がいっきに半額になってしまった仙台市の男性会社員(44)が、会社に給料差額の支払いなどを求めた裁判で、仙台地裁は15日までに、その主張をほぼ認める仮処分を決定した。」とのことである。
 以下、内容は次の通りである。
 仮処分を申し立てたのは、外資系医療器具製造販売の日本ガイダント(本社東京)の仙台営業所に勤務する男性。決定によると、1999年3月から営業職として勤務していたが、2002年3月に営業事務職に配置換えされた。理由はノルマ達成率の低さ。配転に伴い、給料は約31万円と、以前のほぼ半額になってしまった。
 地裁は今回、「賃金を半分とすることに客観的合理性はない」と配転・降格は無効と判断、今後1年半の間、ほぼ差額に当たる約26万円を上乗せして男性に支払うよう会社に命じた。営業職としての地位保全については認めなかった。
 差額支払いの理由として地裁は「売り上げノルマの設定に問題があった」と指摘した。男性は1999年、年間約2億円の売り上げ実績を示したが、2年後には2億8000万円のノルマを課せられ、約60%の達成率にとどまっていた。
 また地裁は、配転後の仕事が電話応対などだったことから、「男性が退職勧奨に応じないのが配転の動機だった」とも認定した。額の算定では、男性の家族に要介護の障害者がいることなども考慮した。

 ということは、「ノルマ(目標)の設定に問題がなく明らかに成績不振」の場合は、職種転換後賃金を変更してもよいということであろうか。
 本人の能力や適性、組織の必要性に応じ職務が変更になり、それに応じた賃金に変更になるのはきわめて当然なことであるが、今まで賃金が下がるということに関しては、タブー視されていた日本では、評価できる内容であろう。

 しかし、家族の状況で金額が決まるのは、いかにも日本的のような気がする。
 今人気のblogはココ!
コメント

○ 顧客評価の給与への反映

2005年02月08日 | ○ 昔の言いたい放題
 読売新聞(2002年11月17日)によると、「損害保険大手の損害保険ジャパンは来年度から、社員の事故対応に対する顧客の評価を点数化し、年収に反映させる給与体系を導入する。」とのことである。
 以下内容は次の通りである。
 具体的には、「保険金支払い説明」など8項目の事故対応について、顧客が満足度を5段階で査定して通知し、会社が社員ごとに集計して100点満点で採点する。社員は、担当地域の実情などにあわせて目標点数を設定しておき、目標と実際の点数のかい離度などで年収が変動する仕組みだ。
 現在の業績評価制度による年俸格差は、年俸制の部長や課長、課長代理などで480―300万円、社員らは賞与で1・5か月分が生じ得る仕組みとなっている。新制度導入で、格差のうち約25%が事故対応の点数で左右されるようになる。

 顧客評価の整合性に問題があると思うが、顧客に接する社員の意識は大きく変わるであろう。
いい方に変わればいいのだが、・・・・。
今人気のblogはココ!
コメント

○ ドレミの歌

2005年02月05日 | ○ 昔の言いたい放題
 2003年5月、さいたま市の市立小学校長(58)が授業中、死を連想させる言葉ばかりを並べた「ドレミの歌」の替え歌を児童に教えていたことが20日、分かった。

その歌詞は
 「ドはドクロのド、レは霊柩車のレ、ミはミイラのミ、ファはファカバ(墓場)のファ、ソは葬式のソ、ラはドラキュラのラ、シは死人のシー、さあ死にましょう~」
バカな校長先生である。
今人気のblogはココ!
コメント

○ 三島由紀夫の死について 

2005年02月03日 | ○ 昔の言いたい放題
 1970年11月25日。作家三島由紀夫が割腹自決の壮絶な死を遂げた。私はその事件を知った時、彼についてあまりよく知らなかったので、「バカなやつがいるものだ。」としか思わなかった。その当時、私は自殺を絶対的に否定していた。
 「どんな理由、どんな方法であろうとも自殺してはいけないのだ。自殺とは、忍耐力がなくこの社会悪、人間悪に耐えられないもののすることだ。社会競争に負けた弱者が、この社会から逃避するために自殺するのだ。悩めるものが最も簡単な解決法として死を選ぶのだ。オレは絶対に自殺なんかしない、どんなに苦しくても。与えられた人生を最大限活用するのだ。」
 私はこういう信念を持って、自殺した人を同情する以上に軽蔑してきた。彼、三島由紀夫の場合もそうだった。

 しかし、約1週間後、彼の小説の2・3を読み、彼についての幾多の資料を見たとき、私の信念はくずれざるを得なかった。自殺の理由が私の考えていたもの以外にもあったのだ。それは、美を追求するためであり、自己主張を極限に表現するためだ。
 そして、私の死に対する考えは180度転換した。私は死が美しいものだとは思わないが、その神秘性には多分に心が引かれるようになった。そして、死ぬ時をすでに決めた。人生において最も盛んな頃、つまり英雄になった時死ぬということだ。彼は死んだ時最高のものを見出したが、私は最高のものを見出した時死にたい。このように私の考えが変わった。

 「ものに入ってその微のあらはれて情感ずるや句となる。」(三冊子・服部土芳著)に見られる芭蕉の精神に則って、彼は自分が最も美しいと考えるもの、つまり死と自分とを一体化し、その本質を掴み取ろうとしたのだ。死が美しいかどうかはさておいて、この精神は文学者として、最高のものではないだろうか。

 また、憲法改正による軍隊の復活や、天皇制が最高だという彼の考え方には賛成できないが。自分の主張を最大限に表現するために死ぬという考えには賛成できる。相手に最も刺激を与える人間の行動は死なのだ。その死によって、自分の意見を主張したということは社会人としても偉大ではないか。ゆえに、私は、いや、私たちは彼の自殺を賞賛し、彼の偉大さを永久に忘れてはならないのだ。
他にも色々あるけれど、高校生の時から結構理屈っぽかったのだなと思う。三島由紀夫についてはすっかり忘れていた。当時は若かったし、影響を受けやすかったのであろう。懐かしいとともに、気恥ずかしい感じである。
今人気のblogはココ!
コメント

○ 真のサービスとは

2005年02月03日 | ○ 昔の言いたい放題
 駅などで、列車発車の合図としてベルが鳴らされているにもかかわらず、ゆっくり歩いている者がいる。
 それは、自分より後ろにまだ人がいるとか、自分が乗るまで発車しないであろうという甘い考え方でいるからであろう。そして、それらの人は、これが乗客の当然の権利だと考えていて、駅員もそれがサービスだと思っているのだろう。

 混雑している場合は除いて、乗客が全員乗っていようといまいと、発車時間がきたら列車を自動的に発車したらどうだろう。乗り遅れた乗客は、駅員に対してサービスが悪いなどと文句をいうであろうが、時間に遅れてきて、そんなことを言う資格があるのであろうか、いや、ありはしない。
 そんな乗客を待っている間、早くから列車に乗って発車を待っている人々は、どれほど不愉快な気持ちを持つか知れない。
 時間通り発車することが発車を待っている人々には、本当のサービスになるのではないだろうか。
 私は時間通りの列車の運行を希望する。
(高校時代の文集より)
今人気のblogはココ!

コメント

○ ものごとの考え方

2005年02月03日 | ○ 昔の言いたい放題
 ホームルームなどで討議している時、」私の場合は・・・・です」とか、「私の場合は・・・・なので・・・の方がよいと思います」と、自分の場合について、いっている者が多いが、私はそれを意見ではなく、単なる自己主張だと思います。

例えば、長髪の者が「髪が乱れるから帽子を着用しない方がよい。」といい、短髪の者が「頭が寒いから、帽子を着用した方がよい。」と言って、二人がどれだけ議論しても、絶対に結論は出ないでしょう。なぜなら、それらは、お互いの条件にあった主張であり、条件が違うもの同士が一つのことにいくら議論しても意味がないからです。そして、それらの主張をいくら言い合っても、それは少し口がうまくなるだけで、その命題の真髄を考えたことにはならないのです。

 それではどうすればよいのでしょう。
 それにはまず、利己を捨てなければなりません。つまり、無の状態になるのです。すべての条件を取り去り、自分の意見を左右するものをすべてなくするのです。自分が長髪だということも、短髪だということも忘れるのです。そして、全員が同じ状態に達した時、全員の条件は等しいといえます。そこで初めて、与えられた命題について考えるのです。前の例で言いますと、帽子が必要か否か、帽子の真髄について考えるのです。その状態のものの主張こそ意見といえるのです。そして、その意見による討議で得た結論に自分の条件をあてはめるのです。
 要するに、自分の条件にあった主張をするのではなく、真の意見による結論に自分の条件をあてはめることが、本当の討論・議論といえるのではないでしょうか。
(高校時代の文集より)
今人気のblogはココ!
コメント

○ 高校時代の言いたい放題

2005年02月03日 | ○ 昔の言いたい放題
 高校2年生の時の「文集」が出てきた。授業とかではなく、受験勉強の最中、気分転換で自主的に作ったものである。結構生意気なことを書いているなァ。
● 巻頭言
「自分がしたいと思っていることをする時間がないとこぼすものは、概して怠惰なものである。実際は、人はたいてい、なそうと思うことに対しては、時間を作ることができる。たりないのは、時間ではなく、本当は意思である。」
 私はこの文章の主旨に基づいて、この文集を編集します。
1971年2月8日

今人気のblogはココ!

コメント