◆ kana_3の言いたい放題 ◆

日々感じたこと、思ったことの記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

● 職場での話し方チェック

2005年04月09日 | ● 今の言いたい放題
 職場での話し方のチェック項目です。イエス・ノーでお答えください。

① 部下・後輩に対して、よく皮肉をいう方である。

② 部下・後輩に対して、よくイヤミをいう方である。

③ 部下・後輩と冗談を言い合うことはほとんどない。

④ 部下・後輩の話には、あまり耳を傾けない方である。

⑤ 部下・後輩と話すとき、笑顔で話すことはあまりない。

⑥ 部下・後輩と話をするとき、抽象的な言葉をよく使う。

⑦ 部下・後輩の話は批判的に聞くことが多い。

⑧ 権力意識で高圧的ないい方をよくする方である。

⑨ 話すときの音調はしり下がりになる。

⑩ 冷たい話し方といわれることがある。

10項目の内3つ以上該当したら要注意です!

コメント (1)   トラックバック (2)

● 快適な職場とは?

2005年04月08日 | ● 今の言いたい放題
 「社員が自分の目標に向かって楽しく厳しい仕事をこなしている。働くことに喜びを感じ、生き生きしている。自発的に、使命感を持って働いている。重労働が苦にならない、逆に喜びを感じる。」
 そのような職場が働く人にとって快適な職場ではないでしょうか。

 本人が進んでやりたいと思っているか、やらされていると感じているかで、同じ仕事が苦痛になったり、喜びになったりします。自分なりに明確な目標を持ち、その達成のために自分で考える、工夫する、努力する、その過程に充実感があり、その達成には満足感があるわけです。
 自分で達成しようとするも目標もなく、ただ機械的に作業をしていたのでは、つらさだけの残ってしまいます。

 例えば、高校時代のスポーツクラブの活動でつらい練習、厳しい練習に耐えてこれたのは、もっとうまくなりたい、あるいは試合に勝ちたいという目標があったからではないでしょうか。そして、その目標があったから、毎日の厳しい練習に充実感を感じたのです。もし、目標がなければ、あの厳しい練習に耐えれるわけがありません。

 「厳しい仕事を喜びに感じる職場」が、経営者にとっても、従業員にとっても理想の職場と言えると思います。

コメント   トラックバック (8)

● よい人事制度の条件

2005年04月07日 | ● 今の言いたい放題
 1 人事制度は、単純明快でわかりやすいのがよい。
 2 人材育成に結びつき、社員が成長するような仕組みがよい。
 3 会社の業績向上に結びつく人事制度がよい。
 4 会社の繁栄が個人の繁栄に結びつくような人事制度がよい。
 5 社員が納得し、生き生きして仕事に打ち込める人事制度がよい。
 6 導入後の運用がしやすい人事制度がよい。
 7 本当に活躍した社員が報われる人事制度がよい。
 8 今後の努力により将来像・夢が描ける人事制度がよい。
 9 安心して会社に身をおくことができる人事制度がよい。
 10 自社の人事制度は、自社で作るのが一番よい。

今人気のblogはココ!
コメント   トラックバック (2)

● 儲かる営業のヒント

2005年04月06日 | ● 今の言いたい放題
1.値段を安くしない
100円のものを1000個売るのと、1000円のものを100個売るのとどちらが楽か。値下げは一時的に売上は伸びるが、やがて破綻につながる。
→ 高く売る方法考える
・ オリジナル商品を売る(同じものなら1円でも安い方を選ぶ。中身が違えば比較はできない。)
・ 高く売る演出をする(値打ちをつけてみせる。)
・ サービスを売る(サービスは仕入れがない。)

2.営業効率をよくする
 営業マンはむやみに走り回らない。買う気のないところへいっても注文はもらえない。注文のもらえるところへだけ行けば営業効率はよくなる。
→ 行く前に買うか買わないかを見極めて、買ってもらえるところへだけ訪問する。

3.顧客を選択する
 わがままな顧客とは取引しない。いい客はどうかは利益をもたらしてくれるかどうかで判断する。
→ 売上の割に手間がかかる。すぐ呼びつける。資料提供が頻繁。値引き圧力が強い。支払いが悪い。

4.人間関係が売上に結びつくとは限らない
 必要なものは知らない人からでも買う、必要でないものは友達からでも買わない。
→ 大事なのは必要としている人を見つけることであり、必要だと思ってもらうことである。

今人気のblogはココ!
コメント   トラックバック (8)

● 叱り方の考察

2005年03月26日 | ● 今の言いたい放題
 叱ることは難しい。部下を叱る、子供を叱る、いずれも難しい。そこで、叱ることについて、冷静に考えみた。

1.「叱る」と「怒る」を区別する
叱る 愛情を持って、厳しく注意すること。→ 時には必要
怒る 自分の感情を相手にぶつけること。→ これはいけない。
注意 傍らから気をつけるよう教えること。忠告。
促す 相手がそれをする気になるよう勧める。

2.叱る場面
① 知らないでいけないことをしている、知らないで行うべきことをしていない。→ 注意する
② 気づかないでいけないことをしている、行うべきことをしていない。→ 促す
③ 知っていながら、わかっていながら、いけないことをしている、行うべきことをしない。 → 叱る
・ 今いけない行動をしている、今いけない行動をしていたなど、行動に対して叱る。
・ 仕事の結果に対しては、叱らないで事情を聞き対策を立てる。そして、励ます。

3.叱り方
① その場で即叱る  
 後で叱ったのでは、効果が薄い。即叱り即やめさせる。即叱り、即やらせることが大事である。
② 人を叱るのではなく、その行動を叱る  
 性格や人柄、人格、家柄、容姿、年齢、性別、などはまったく関係ない。

4.いけない叱り方
① まとめ叱り
 その場その時点で叱らないで、叱るネタをためておき、何かの拍子にまとめて叱る
② 見せしめ叱り  
 その場その時点で叱らないで、会議など人が集まった席で叱る

5.上手な叱り方
① 『叱ることは慈悲である』と考え勇気を出す
② 『叱る』と『怒る』を区別せよ
③ 人を叱るな、行動事実を叱れ
④ 一生懸命やって失敗した事については、叱る前によく聞け
⑤ 手抜きや知っていながらのルール違反はその場で叱れ(現行犯)
⑥ 叱るときは一度に一つ
⑦ 日頃の信頼関係があってこそ、『叱る』が生きてくる

コメント   トラックバック (2)