■日々是鉄砲玉■

B'zさんとかLIVEとか舞台とか映画とか買物とか感想とか好き勝手に

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガンズ キターーーー!

2007-02-28 | ♪♪おんがく♪♪
キター!と言ってもこれから来るのですが(^^;


あぁあぁ~待ち遠しいよGUNS N' ROSESの来日。ら・い・に・ち!
うひょー。
数年前のサマソニは行けなかったからもうもう楽しみじゃ。
東京ドーム公演が懐かしいざます。


しかしアクセルの事。
迂闊な期待をしないでおこう・・・かな。
ドタキャンだけは・・・ドタキャンだけは・・・。

その前にチケ、チケ。チケ取んなきゃ。
運のチャージは残ってるかしら。←結構小出しに使いきってる感。


げ☆チケ高ぇな~~_| ̄|○ ¥12,000か。

あぁ、お空からお札が降って来ないかしらぁぁぁ。(現実逃避)
WELCOME TO THE JUNGLEをBGMに。心はすでに幕張よ。
コメント (5)

華麗なるママン。

2007-02-27 | ☆ドラマやTVや☆
華麗なる一族でいよいよ出生の秘密に差し迫ってきました。
オジーちゃんの子キターーーーー!って感じで。

元々ダイエイドラマな感じで見てましたけどココに来て一気に
昼ドラの様相。あは~ん。
あなた達の交際を大反対したのはそのせいよ。と。
昼ドラ~。昼メロ~。


するとアタイのママンよりメールが!

「アンタ原作の小説持ってる?」



ママン喰いついたーーーーーーーーーー(爆笑)



死んじゃったけど西田敏行氏の役どころは『白い巨塔』とカブってるざます。
そして肖像画を見るたび爆笑ざます。
このドラマはそんな感じのテンションで見ております。
(ヤな視聴者)

NHKの『ハゲタカ』を見逃しました。
くやちぃ。
アタイはこっちのがハラハラ見れて自分に合ってそうだ。

PS.自分で小説を買うそうです。
コメント

ワキワキ釣られた?@ゲキレン2電王5

2007-02-25 | たたかう◆おにーさん。
ゲキレン。

理央のヨネクラ涼子化が目覚しい今日この頃。
今期は悪役が悪役メイクをしていないので妙にツルンとしてますね。
愛の戦士(笑)メレちゃんの衣装が中華+皮でカワユイです♪

★今週のリーサルウェポン。
来ました、ヌンチャク。
来ました、トンファー。
来ました、三節棍。
これから崔とか持ったりするのかな、ワクドキ。

★今週のにゃんこ先生ぇ。
まだ見えないんですけど肉球はあるのかな。
非常にアタイ的重要なポイントです。

★今週のイトーカズエさん。
見える・・・見えるわ、あなたの後ろにマツムラユーキの形が。
激気で作っているのですね。(多分違う)
恐ろしい人ッ・・・。

★今週の北斗の拳。
ラーメン屋さんの名前が「百烈軒」。
やっぱり『二つの流派あり~』のナレーションから引っ掛かるよ(笑)

たまにBSで演舞競技会を放送していてチラ見するけどゲキレンの
皆様もビックリな派手な道着なんだよね~。キラキラ蛍光色サテン地とか。

この調子でテレ朝さんはJチェン映画をガガーッと流すといい。
・・・と思ったら本日早速ありますね。<『タキシード』わーいわーい♪

-----

電王。

もはや仮面ライダーの位置づけで見ていない自分。
でも面白いなぁ。
ウラタロスが来週ガタック・・・じゃないやアレに変身しても「電王」なの?
公式を全然見てないから判らないドス。

★今週の(□-□)
ウラタロスに憑依されるとどこから調達するのか眼鏡姿。
ハネた髪型に青いマフラーに(□-□)・・・・。
え??ええええー!?モチーフはもしやアノ人?
ふ、冬s(ry

★今週の格言。
良太郎のセンスの悪さをなめんじゃねぇ。

素敵ですねー。
一応飼い主を褒めてみてますねー。
モモは犬のようですねー。(ムツゴ○ウさん調)
コーヒーでミルクヒゲ状態も可愛いな~。

★今週のオネーサマ。
この電話の感じだと検査入院でせいぜい一泊ね。
年に2~3回はあるのよね。


こ、怖いよネーちゃん。仮にもガラスの十代な弟君だよ。
まずすっ飛んで行こうよ。
お取り巻きが先に行っちゃったよ。

★今週のお取り巻き。
眼鏡着物クンは「悪霊退散!」をやるためにあんな姿の設定なのかな。
どうやら憑き物と感じたみたいだし。

さてさて来週はガタック(まだ言う)じゃないウラタロス変身で楽しみ。
今後はOPにもいるようにマサカリもった金太郎(キンタロス?)が
出るのでしょうね。あと何人だ~?ベルトとOP見ると計4人?
全部良太郎に憑くのかな。

飼い主大好き赤い暴れん坊のモモタロス、
口八丁手八丁、青い策士のウラタロス、

そー来たらやっぱ、

大飯喰らい黄色い怪力のキンタロス???でしょー。
好物はカレーライス希望。←基本です。宿命です。

はい、西遊記の出来上がり!
コメント (2)

知らぬ間にフィアンセ。

2007-02-24 | *自堕落日記*
会社の人たちと大勢で飲みました。
近々結婚する社員クンの話になりました。
その人(相手はアタイも知ってたけど)は、会社にはかなり隠してたんだよね。
気持ちもわかります。

だって物凄く冷やかされるもんね~・・・。(子供か!?)


で、先輩社員のおっちゃん達が口々にこうノタマイマシタ。


「◎◎クンが結婚するんだよね。俺最近知ったんだよー。
キミと結婚するってみんな思ってたよ。」







なんで?( ゜д゜)???



社内のヒソヒソ話ではその相手がアタイかM子だったそーな。


なんで?( ゜д゜)???

関連した仕事したから?<M子。
部屋探しの手伝いをしたから?<アタイ。(情報雑誌あげただけw)



会社のウワサって怖い・・・((((;゜Д゜))))

という訳でBGMはみっち~の『フィアンセになりたい』。
いや、知らん間になってました。
ヘブンな気分?

◎◎クン、△△ちゃん、おめでと~!
やっと声に出して言えるネ。
コメント

アタイの頭の中の消しゴム。

2007-02-21 | *自堕落日記*
朝、忘れないようにショールマフラーをサブバッグ(紙バッグ)に入れ、
細身のブーツを悪戦苦闘して履き、駅まで徒歩の旅。



駅に着いたら定期を出して・・・


定期を・・・






定期が無い!?!?



ってゆーか本体バッグ丸々持ってない!?


ショールの入った小さな紙バッグだけ持って駅まで来てました。
有り得ない・・・。
CECILの紙バッグだけ・・・中身ショールだけ・・・。
妙に身軽だなとか気付け自分!
頭の中の消しゴム状態か、とちょっと凹みました。

しかも家に飛んで帰ったら本体バッグは玄関に忘れたドコロか部屋の棚に
載せたまんまでした。
アタイ終わった。ちーん。
コメント

版権はどこヨ@ヒミツの花園7

2007-02-21 | ☆ドラマやTVや☆
ドラマ化します。やっぱやめて下さい。


それが通っちゃうのネ(^^;
版権は出版社な気もしないでもないけど。
いやぁドラマだなぁ。

設定だけ使ってアイドル使って脚本は別に作った作品にする事で花園ゆり子
センセ的にはそんなにダメージも無いかも・・・とか思ったりします。

なまじ中途半端に原作に沿った「うんこ作品」を作るより最初から「別物」で
うんこ作品を作った方が製作者も原作者も視聴者も割り切って痛みが少ないかも。
ほら、やっぱり原作の方が面白いよね~って言われそうだし。

マンガだけでなく小説も読者イメージは千差万別だから万人ウケは本当に
難しいんでしょうね!
こんだけ原作付きが乱発される昨今、石でも投げてみたのかな?
んーでも月山だけの判断で中断出来るのかやっぱり不思議。

ちなみにアテクシ、妙に原作に沿ったうんこ映画を映画館で見ました。
何故か映画館の椅子に体育座りで(Lのように)見てました。
ヒント:デビノレ(ry これ以上キーを打てません。手が震えます。

映画館で見た負け組ですが何か?

いや、だからね。
原作に沿ったからといって良い作品になるとは限らないのだよ月山チャン。




真矢さんのノリノリぶりが本当に目覚しい~~~♪
花占い(爆笑)
もう突っ走って下さいな!
花園邸に抗議に行くのも爆笑です。

そういえばWiiで遊んでいた修にぃと陽くん。
修にぃの「スネイクショット」が何故か「ブレイクショット」と聞こえて
(空耳すぎます)何故にビリヤード??と頭を捻りましたよ。
まだまだだね。

堂に入ってるなぁ陽くん。流石主役をやっただけありますね。
元々陽くんのキャラ自体似てないっすか?


ハケンの品格も面白いなぁ~。
この冬は人生で一番ドラマを見てるクールです。
見ない時は1本も見ない(笑)
今期→ヒミツ・ハケン・華麗・エライ嫁。


コメント   トラックバック (1)

咲いた~咲いた~♪

2007-02-20 | *自堕落日記*
アマリリスが咲きました~ん♪♪

いやぁアタイに似つかわしくない記事を書きますが。
咲いたのよ~ん。

大花って大好きです。
掌より大きな花が咲きまくってます。
背丈も1m近く伸びました。





でもアタイの印象。

「茎が美味そう」

ほら太いしガッシリしてるしスーッと伸びてるし!
マヨ付けたら美味しく頂けそうな錯覚起きない? えへ。
(食べれません)
コメント

バッドコミュニケイション。

2007-02-19 | *自堕落日記*
子持ちのパパさん営業マンとヤフニュースの話になりました。



「今までさぁ俺様を演っててこれからヘタレキャラなんて違和感だよね」

とパパさん営業マン。
お子様と"俺様"を見ていたそうです。



いや全然違和感なくってよ。むしろ合ってる位だよ。



・・・言えません。言ったら何となく墓穴です。

大人な返事=相槌でお茶を濁しましたとさ。
「へー」「ほー」「ふーん」


最初に『家来』役ときいて「え?スケさんカクさん?」とか一瞬でも
思ってしまった大バカヤロウだコノヤロウ(T▽T)/


コメント

ニキニキクライマックス@ゲキレン1電王4

2007-02-18 | たたかう◆おにーさん。
見ましたゲキレンジャー。
なんか眩しいよゲキレンの皆様。(の衣装)
拳法で現れる獣がロボットみたいに見えたのは玩具販(ry・・・げふっ!
あー横浜コンチの前でロケだ~。おしゃれスポットで「原色」は映えますな。

★今週のアタイの夢。
パンダー!パンダー!パンダに囲まれてみたい~。
ひぃ~。夢のようだ。

★今週のアマゾン。
ジャンは人里離れて生きて来たけどアマゾンより日本語を沢山話せます。
これなら皆と生活出来そうです。

★今週のドラゴンボール。
お前ぇ強ぇなー!
オラもっと強くなりてぇ。
要約するとこんな感じのジャンでした(笑)

★今週のますむらひろし先生?
にゃんこ先生ぇのデザインが↑みたいです。可愛いです。

★今週のダイエイドラマ。
イトーカズエさんの立ち回りが非常に懐かしく。素敵です。
マツムラユーキとか出て来そうです。(出ません)

★今週の猫ひろし。
ジャンの叫び声が全部「にゃー!」に聞こえた人ー。はーい。
にゃ~。
ズッキ~声高いね。にゃ~。

★今週の「もうフラグ?」
いきなり敵の理央と『生き別れの兄弟』フラグな臭いがしました。
早っ。

★今週の謎。
ニキニキって結局ナニ???
EDをアニキが歌ってるから(ア)ニキニキ??
く・・・苦しいDEATH。

----

さて電王。

んも~~~~。
モモが可愛くて仕方ありません!
最初に電王のデザインと設定見たときに「あー見ないな」とか思ってたのに・・・!
くやちぃ。
来週から青い人が出てくるけどモモを沢山出して下さいませな。
しかも眼鏡(□-□)か~。
あと何人出るんだろうね。
OPの変身では2人(鉞持ってるから金太郎?)だけど良ちゃん5変化位してるし。

★今週のもうしません許してください。
モモ・・・!!
何?このカワユイ生き物は。
動きもカワユすぎます。ばんじゃーい。

★今週の意外に太い人。
「ごめんなさいは?・・・ごめんなさい、は?」


「~~~~~!・・・・・・ごめんなさいっっ!!」 ←モモ的クライマックスだぜ。

折伏というか屈伏。ちーん。( ̄人 ̄)

良ちゃんはヘタレだけど実は油断も隙も無い人だと思いました(笑)
しかも天然。

★今週のオネーサマ。
急いでるハナちんにもコーヒーを勧めます。
オネーサマは周りと流れてる時間が違う気がする。
きっと心臓の鼓動が遅い生き物なんだ。長生きするよ。

寝てたのにいなくなったのよ。とテーブルを見せるオネーサマ。
ハナちん「・・・・・・・(テ、テーブル?)」
嫌な間があったはず。


過去を変えても「同じ結果」だったけど意味合いの違う「同じ結果」で面白いね。
金曜日に見た映画バブルへGO!なんて超~~~大人の夢というか絵空事を
ラストに持ってきたのに!(笑)

コメント   トラックバック (8)

映画『バブルへGO!』

2007-02-17 | ◆映画やDVDや◆
仕事明けに待ち合わせして夕飯~レイトショーコース。
見た映画は『バブルへGO!~タイムマシンはドラム式』。


笑いましたね~。くすくすと。
いい大人が揃いも揃って大真面目に大バカをやってる映画って感じ。
出演者も製作側も。
大バカな時代背景と妙にマッチしてます(笑)

過去に行ってバブル崩壊を阻止し今の日本を変えよう!というタイムトラベルな
お話なんだけど、メインはそっちじゃない気も。

お話は深く考えず受け止めたので面白かったですよ。
展開上、悪い人は1人に固定されているので判りやすいですしビジュアルを
楽しむ映画だと思いました。
テンポも良くて飽きさせないですね。
タイムトラベルに関する「あれ?」も深く考えない考えない。
か・ん・が・え・な・い。

それと時代を切り取るのが得意なホイチョイさん。
アタイ『森永LOVE』にたまげました!
わー子供の頃によく入ったお店だー。
パンフを見てバーガーキングになり更にロッテリアに譲渡されていた事を
初めて知りましたよ。
そっか~・・・。しみじみ。しんみり。

女性も『前髪命!』なトサカをおっ立てます。

吹石一恵さんのトサカ+ソバージュ+ミニスカボディコンワンピ+真っ赤な口紅
+太眉がミョーーーーーーーに似合ってました。
全く違和感が無いの。(褒めてます)

それなのにアタイの前にいたオバちゃんが「あら髪型にレイヤーが入ってるから
ワンレンじゃないわね!」とチャチャを。
ワンレン=ワン・レングス。毛先パッツン。
判ってるけど・・・判ってるけど許したって下さいな。
フッキー頑張ってたよ、似合ってたよ。(褒めてます)

ディオールのピンクの口紅!

ティファニーのオープンハート!!

映画には出てきませんでしたがカルティエの3連リングとか。
(もっと後の流行?)

六本木でヒロスエに声を掛けるnonnoの編集さん。
手には浅野温子さんが表紙のnonno。
今度編集部に来てよね、はいこれタクシー代。とっといて。
札をくれる編集さん。

いーなー。

この編集さん、B’z稲さんのモノマネでお馴染み(?)杉崎さんでした。
髪型までツーブロックにしてて笑いましたです。
耳の辺りの髪型がほんと1990年。

過去の阿部ちゃんがバブリーなお部屋(トレンディドラマ風のロフト付)に
住んでソフトスーツを身にまとい女性を口説きまくりなかなか笑わせてくれます。
しかーし!髪型が今の短髪で・・・。
あの様な髪型っていたかしら。

劇団ひとりが大学生の役をやってて全然違和感が無かったです。
紺ブレ着て「ボク、長銀に就職が決まったんだ!」
映画を見ていてあ~そ~だなぁ長銀もポシャッたんだったよなって思い出しました。
銀行が破綻するなんて思いも寄らないですもんね。
今じゃ何でもアリですが(^^;

-------------------------------------------
Cast:
田中真弓(母を捜しに過去へ)→ 広末涼子さん、
下川路功(バブル崩壊阻止命)→ 阿部寛さん、
宮崎薫(ベテランリポーター)→ 吹石一恵さん、
田島圭一(借金取立て屋)→ 劇団ひとりさん、
芹沢良道(大蔵省退官後にファンド設立)→ 伊武雅刀さん、
高橋裕子(芹沢の秘書)→ 伊藤裕子さん、
田中真理子(タイムマシン発明、真弓の母)→ 薬師丸ひろ子さん、
菅井(下川路の仲間)→ 小木茂光さん、そいやっ!
玉枝(キャバクラのママ)→ 森口博子さん、
--------------------------------------------

映画館は終始笑い声が聞こえていました。
特にヒロスエが飯島直ちゃんに声を掛けるところと「新人アナ」の八木さん(笑)
そーよね。新人時代は誰にでもあるよね。

映画館を出て同行者と「ジュリアナと荒木師匠が出なかったね」と。
今ネット検索してみたらジュリは91年OPENだったのか。
なーんだ。

バブルの頃は良くも悪くもバイタリティ溢れる人の渦だったんだねぇ。
コメント   トラックバック (5)

ばれた?@ヒミツの花園6

2007-02-14 | ☆ドラマやTVや☆
川村さんこと真矢さんのノリノリぶりが目覚しいこの頃。
キャナメ潤のスネぶりが笑いを誘う今日この頃。(アタイだけか?)
陽くんはそのままどっかの球技の王子様みたいな今日この頃。

花園ゆり子の正体がバレた?


★今週の挙動不審。
みすずの登場はいつも不思議です。

★今週の花より男子。
花園ゆり子化への特訓がつくしの特訓みたいでした。
日本代表になりそうでした。月山が(笑)

★今週のなんて前向きな。
みすずが俺の目の前で航さんに告白したのは妬かせるため。
by拓実。


・・・流石ぼっちゃま!

ポジティブシンキングにおいても頂点に立つ男だ!

★今週のまたしても。
兄弟げんかで吹っ飛ばされてまたしても転がる航兄。ツボ。

★今週の最も男らしい人。
バスが出ちゃうよーと呼ばれて駆け出す川村さん。
漢(おとこ)らすぃ走り方。素敵。


来週は花園作品がドラマ化という展開ですね。
大御所さんで映像化してないのも不思議っちゃー不思議。この昨今。
正体がバレたっぽいけどどの様に動くかな。


ドラマと言えば超人気の某作品。
近所の撮影名所へロケに来ました。
その人のFANじゃない人達も右往左往して、そりゃまー大騒ぎです。
やっぱりオーラあるんだね、その人。
そこは撮影慣れした場所なのであんまり普段大騒ぎしないのヨ。
それがもう!
腐っても何とか。よく言ったもんだ。

アタイの大好きなバンドさんもプロモ撮影に来ないかな~(夢見がち)


コメント   トラックバック (3)

ヘタレホスト?@電王3

2007-02-13 | たたかう◆おにーさん。
良ちゃんに助けを求めるアノ人は獅子丸って事で満場一致ですね?
憑依するのがライオンなら良いのに~。(同案超~~~多数)


★今週の「おばーちゃんは言っていた」
うどん粉湿布・・・懐かしい!
部活で足首捻挫して帰るとウチのばーちゃんがよく貼ってくれたヨ。
お酢の臭いマンマンなの(笑)

でもうどんを作るみたいに踏んだりしなかったなぁ。
ボウルに粉入れてお酢をドバっといれてしゃもじでグルグルグルっとね。
割とユルめに作ってたなぁ。

★今週のお客様。
リーマンぽいのが乗ってたけど逆に凄~い違和感。
やっぱメーテル位は座ってて欲しいな。(ないな。)

★今週のオネーサマ。
弟を治療するのにテーブルでやって、そのまま寝かせるのね・・・。
最初から家のソファとかでやらないのかな。
(不憫)←良太郎だけにこんなトコまで不運。

★今週の律儀さん。
お金を返そうと考えるモモタロスはカワユス。
韻を踏んでみました。

★今週の演技物。
モモが憑いてても良ちゃんがセリフを言ってるねぇ。
アフレコ上乗せの時と何か区別があるのかな?

★今週も謎が解けません。
時の流れを行き来するデンライナーを動かすバイクが品川ナンバー。


来週は獅子丸がどうなるのかな?ワクドキ。
エンケンさんが変なコスで出るのかな?(出ません)

新番組ゲキレンの「ニキニキ」ってナンでしょう。
気になります・・・。
コメント

映画『ディパーテッド』

2007-02-11 | ◆映画やDVDや◆
丁度癒しも必要な時期だったので我が友、ひ・い~な とデート。
ランチを腹一杯食べて買い物して映画みてまた買い物して
バカ話をしてリフレッシュして参りました。

選んだ映画はアタイの大好きな『無間道/インファナル・アフェア』の
ハリウッドリメイク『ディパーテッド』。
公開中にブラピがリメイク権を買ったと聞いた時から絶対見るぞと。
その後あがった名前はジョニー・デップ。
むきょー、ブラピとジョニーさんなら尚更見なくちゃ!

ところが監督がスコセッシと判り「あーレオちゃま起用だな」と。
最終決定がレオちゃまとマット・デイモン。
・・・あれ?
インファナルで言う所の2と3?(主役の若い頃)とか思ったデス。
だって良くも悪くも『お坊ちゃま俳優』2人を出してくるなんてさ。
ちょっとビックリだったのよ。

さて大好きな映画のリメイクな訳でスコちゃん(スコちゃん呼ばわりだ)よ、
お手並み拝見と行くわヨ。

スコちゃん(まだ言う)は潜入捜査官とギャングスパイの設定だけ使って
新しく作ったと色んな所で言っておられます。

・・・
・・・・
・・・・・。

スコちゃんの う・そ・つ・き v(緒川たまきさん風)

前半は確かに違うなと思ったけど後半は展開のみならず構図までオリジナルを
超意識して作っていましたよ。
ビル落ちとか。屋上での対決とか。刑事の部屋とか。

ギャングの取引現場において警察側、ギャング側それぞれにいる「ネズミ」が
上司へ機密をリークしていくのはオリジナルの方が緊張感があります。
近代の象徴ケータイを出しつつローテクなモールス信号を使ったり、
人が窓をコツコツと鳴らす所から連絡法を推理してみたり・・・。

対してディパーテッドはケータイメール。
宮部みゆきの『R.P.G』みたい。
その辺は良いとしてオリジナルのこの緊張感漂うシーンが割りとあっさりで
この映画の見せたいポイントは違うんだなーと感じましたね。
検挙も取引も成功しなかった所は同じでした。

あと思い出したのが女性。
今作はビリーとコリンが愛する女性は同じ人。
オリジナルはそれぞれいたのですが、こういったアレンジは面白い。
キャストを減らしてすっきりしたかな。
元々男臭い話だし本筋に絡む女性は少ない方が良いね。

ラストの改変はアタイ的にOKです。
これはこれで良かったと思いますよ。なんせタイトルがタイトルだし。
でもラストでアノ人が登場してアレをするのはアノ女性が何かしたに
違いないですよね。
そしてそして赤ちゃんはどっちの子だ~ん??(希望:ビリー)
なんて思ってみたり。

どうしてもオリジナルが頭をよぎりますが、今作単体で見てもアタイ的に
満足でした。
欲を言えばキリが無いけど終盤のエレベータで警官仲間に「(ビリーを)
撃て!」って連呼するのは悲しかったです。
保身オンリーなキャラクターに成り下がった気がしたので(^^;

演技はレオちゃまの違った一面が見れたのが良かったかな。
アタイの中ではずーっとお坊ちゃま君だったからねぇ。
でも濃ゆいジャック・ニコルソンに全て持ってかれてる感じも否めないな!
相変わらず存在感(と変態感)バリバリの御人だ(笑)

この映画、ファッ●ン、ファッ●ン言い過ぎYO!叫びすぎYO!
シモに関わる単語が多すぎYO!

そうそうマット・デイモンの子供の頃を演じてた子役がマットに
そっくりで驚いたよ~。

あ、パンフまで横長に作ってる(笑)

-------------------------------------
Cast:
ビリー(ギャングに潜入した捜査官)→ レオナルド・ディカプリオ、
コリン(警察に潜入したギャング)→ マット・デイモン、
コステロ(アイリッシュギャングのボス)→ ジャック・ニコルソン、
クイーナン(潜入捜査を命じた警部)→ マーティン・シーン、
ディグナム(クイーナンの部下/お下劣w)→ マーク・ウォールバーク、
マドリン(2人に愛される女医さん)→ ビーラ・ファミーガ、
Mr.フレンチ(コステロの右腕)→ レイ・ウィンストン、
-------------------------------------
余談ですがオリジナル版はこう↓

ヤン潜入捜査官→ トニー・レオン、
ラウ潜入マフィア→ アンディ・ラウ、
ウォン警部→ アンソニー・ウォン、
サム(黒社会のボス)→ エリック・チャン、
キョン(ヤンの兄弟分)→ チャップマン・トウ、
リー精神科医→ ケリー・チャン、
マリー(ラウの婚約者)→ サミー・チェン、
マリー(サムの妻)→ カリーナ・ラウ、

んでヤンの若い頃がショーン・ユウでラウの若い頃がエディソン・チャン。
オリジナル版も豪華布陣なんですよね。

2007年2月26日:追記。
うはー・・・。アカデミー賞の作品賞と監督賞を取っちゃったよ。
うはー・・・。ちょっとビックリ。
コメント (2)   トラックバック (1)

B’zネットワークライブ配信その後。

2007-02-10 | ●B’zさん●
お詫び画面まで出てますYO!

数日前にココにも書きました、B'zさんのネットワークライブ配信。
太っ腹だねぇ、大盤振る舞いだねぇ。祭りだねぇ。
無料配信な上、ちょ~~~アッサリと保存も出来ちゃうなんてッ☆
えへっ!
事務所も随分身を削ったなぁ~。なんて思ってました。
だって金のなる木を無料で放り出すなんてアノ事務所じゃ考えられん。
清水の舞台から「とうっ!」って飛び降りたかーな展開。


・・・
・・・・
・・・・・・。

誤配信だったと!!

誤 ☆ 配 ☆ 信   !


流石メリケンさんだ。
すげー。
道理で・・・。
前にもi-tunesかどこかで英詞曲がアップされた事故があったよね。

有料で買ってた人から苦情は出ないのかなとかヒッソリ思ったモン。
有料配信からそんなに時が経ってないのにもう無料かと驚くね。

これB'zさんサイドは訴えちゃうのかな。
配信元さんガクブルだねッ。

コメント

映画『乱歩地獄』

2007-02-09 | ◆映画やDVDや◆
乱歩スキーのアタイはやっぱり見るわけです。
ちょっとアレな作品ばかり4点チョイスされたオムニバス映画。
さてどんなモノかの、と見てみました。



・・・物凄く好き嫌いが割れそうな映画デスネ。
もうパックリ。パックリとね。

エ口グロ方面で取り揃えてるのは判ったけど案外目に映ると
そうでもないんだなぁ~と。
小説を読んでる時の方が眉間にシワ寄せてました。
他人の表現と自分の想像に接点がない証拠ですよね。
視覚的なグロじゃなくて表面は普通の生活を営みつつ、心の
根っこがグロとか異常な・・・そんなのが乱歩だと思ってます。
(でもそれを映像で表現するのは並大抵の事じゃないよねぇ)


◆火星の運河◆
最初の無音がいやに長く感じました。
多分映画館で見てたらアタイおかしくなってるかも。
もうイライラするくらい。
動きもあるけど写真を見ているような映像です。

出演 浅野忠信さn、shanさん、森山開次さん、

◎竹内スグル監督作品

◆鏡地獄◆
実相寺監督の映像がカッコイイ!
色んな風景に鏡を立てて角度も計算されてて上手いです。
あんだけ鏡を設置したら絶対にスタッフ見切れそうだよね(^^;

成宮君のえすえむ。
縛ってる。ローソク垂らしちゃってる。チチにぎる。ベロかみつく。
女性ノリノリ。

ストーリーもミステリっぽく仕上げてドラマとしても筋立ってました。
(他が凄く幻想的なので)
ただ、鏡の球体に入って「えへえへ・・・」っつーのは小説の
クライマックスなのであんなにアッサリ出てきたのがビックリだ★

Cast:
明智小五郎 → 浅野忠信さん、
斎 透 → 成宮寛貴さん、
警部 → 寺田豊さん、
小林少年 → 中村友也さん、

◎実相寺昭雄監督作品

◆芋虫◆
えええ!?須永中尉(芋虫の人)って大森南朋さんだったの?
気付きませんでしたー。
両手両足ないし顔はケガメイクのマスクだし。
いやーびっくり。もっとオッチャンかと思ってた。
終戦直後の話だけど随分キレイにスタイリッシュに映像化してる感じです。
無国籍ムービーみたいな。

夫婦の情交を松田龍平演じる平井太郎(乱歩の本名ですぞ)が天井から
覗くという『屋根裏の散歩者』なシーンもありつつ。
それでも明智に腕とか足のホルマリン漬けを送る二十面相はイヤン。
二十面相は血を好まない御人なのに~~~~。きー。

Cast:
明智小五郎 → 浅野忠信さん、
平井太郎 → 松田龍平さん、
須永時子 → 岡元夕紀子さん、
須永中尉 → 大森南朋さん、
小林少年 → 韓英恵さん(何故小林「少女」なのだー!)

◎佐藤寿保監督作品

◆蟲◆
コレが一番のびっくり大賞。
小説は眉間にシワを寄せて「あちゃー」と思いながら読んでた記憶です。
自分の恋した女性の遺体が腐敗していく様子とか、それを匿おうとする
主人公の常軌を逸した行動とか。
蟲は腐敗の象徴だったのよね。

この映画ではアレンジされてまして。
主人公がアレルギー持ちで蟲が這いずってるのも掛けてます。
主人公にも蟲。殺された女性にも蟲。

それなのにブラックコメディ仕上げで面白かったですね。
腐敗の反対のイメージというか映像全体がPOPな原色!!
真っ青とか真っ赤とか。電飾もチープっぽく。
真ん中で殺された木下芙蓉さんが黒ずんでいく・・・。
シュールです。

最後に主人公がパン1で街中をウロツいてぶつぶつ喋ったり
とてもシュールです。
最後死んでないのね。
イタズラを見つけられた子供みたいに「え?」って振り返る浅野氏。
遺体の腐った腹に顔つっこんで・・・まぁ。
緒川たまきさんのおかっぱが「あの時代の雰囲気に合ってるなぁ」と
思ってたらおもむろにケータイで話し出してびっくり★
げ、現代だったの?

屍に化粧やペンキを施すのは映画『永遠に美しく』でも使われてます。
やっぱ人間、行き着くとこは「隠す」行動なのかしらねぇ。

Cast:
柾木愛造 → 浅野忠信さん、
木下芙蓉 → 緒川たまきさん、
柾木の主治医 → 田口浩正さん、

◎カネコアツシ監督作品


しかしどうしてどうして皆あれだけ原作をアレンジしちゃうんだろう。
それと浅野忠信は嫌いじゃない、寧ろ好きな方なのに・・・


超ロンゲの明智小五郎はやっぱやっぱやっぱ・・・はぁ~(ため息)
(T-T)

エンディングで流れたイメージソングというか主題歌というか。
「ゆらゆら帝国」でこれまたビックリΣ( ̄Д ̄;)





コメント   トラックバック (1)