■日々是鉄砲玉■

B'zさんとかLIVEとか舞台とか映画とか買物とか感想とか好き勝手に

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

滅びの美学????

2007-12-25 | *自堕落日記*
「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画(読売新聞)


朝、めざましTVでもやってましたね。
ヤフにもニュースで上がってたし。

う~~~~~ん。
う~~~~~ん。
滅びの美学、と結論が出ちゃってる検証映画なのかしら?


しかし欧州では「負け犬の死」扱いって、なんだかヒドイ(T▽T)/
騙されて濡れ衣きせられて馬鹿なヤツが死んだよってコトですかね。
あんまりだ。ひどい言われようだよ。
酷いよ、アロアの父ちゃんよぅ。(←物語思い出し中)

以前も現地に銅像が出来たのも日本人が押し寄せるから、とか、
役所には日本人が持ち込んだ絵本が沢山あるとか、そういうのを
見ましたです。

スイスでは日本のアニメを思いっきり模倣したハイジの絵本(でも下手)が
ありました。

つまりは世界名作劇場(カルピスお子様劇場?ハウスお子様劇場だっけ?)
がとても出来が良かったって事なんじゃないかしらね。

ちなみにアタクシ、スペインのプラド美術館でルーベンスの絵を見たら
やっぱり一人で泣いてました。いやん。
今でも最終回を見たら泣いちゃう確率100%(自信アリ)


滅びの美学じゃなくて憐憫とか惻隠の情じゃないの?
哀れむ、悼むじゃないの?

このお話は最後の最期に見たかったルーベンスの絵が見れたという所に
救いがあるだけであとは本当に酷い扱いでネロ~~~~と泣いてしまうの
ですが、これを19世紀に書いたイギリス人(だっけ?)にもそういった
日本人と同じ「情」があったんじゃなかろか。

滅びの美学とは違う別の感情がさ。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 内藤ルネさん。 | トップ | ラストー!いっぱーつ!@医... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原作とのギャップがね (ゆき)
2007-12-26 16:47:24
原作小説ではネロは15歳なんです。
この時代なら、親がいようがいまいが、どっかに奉公して自立しているべき年頃。

この年齢の青少年が跡取り娘の周りをうろうろしていたら、コゼツのだんなでなくてもなんとかしなくちゃって思うんじゃないかな。
15!? (鯖ty)
2007-12-28 00:10:21
ゆき様いらっしゃいませ、こんばんわ。





ネロって15歳なんですか?

そんな行く先も分からぬまま盗んだバイクで走り出しちゃうような年齢だったんですね!



いやぁもっと若いと思ってました。

時代背景も今と違いますもんね…。

コメントを投稿

*自堕落日記*」カテゴリの最新記事