■日々是鉄砲玉■

B'zさんとかLIVEとか舞台とか映画とか買物とか感想とか好き勝手に

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神田祭

2015-05-10 | ◎飛び出せおでかけ◎
神田駅にて神輿と遭遇~。
鍛冶1と鍛冶2でした(*´ω`*)





うおおおおおお。
テンション上がったので連れとそのまま歩いて神田明神さんまで行きましたよ。








参道は以前来たときもメチャ混みでしたが今年は
上手く上がれましたね。
写メ撮っても人の腕が沢山フレームインしてた(笑)

知人が神輿を担いでるので連絡して合流し乾杯!
解ってるよ、月曜は屍になってるって事。
解ってるよ、三社でも担ぐって事。
コメント

猿島deお盆

2014-09-15 | ◎飛び出せおでかけ◎
お盆に横須賀の無人島、猿島へ行ってきました。
すんごい人ごみでしたよ!
家族とお散歩気分で行ったのにヘロヘロだよ。
みんなBBQやるスペース確保出来たのだろうか…。

比較的後ろのスペースから撮ってコレだよ。
波打ち際あたりはもっともっと酷かったね。

まずは横須賀米海軍基地でお馴染みの三笠公園から渡船に乗ります。
値上げしてたのは消費税関連かな?
大人¥1,300(往復)デシタ。
三笠公園と言えば、戦艦三笠。どーん。
船や重厚な建物を見るとテンションがぐーんと上がるネ。




ばーちゃん「ばーちゃんの父ちゃんは徴兵されてココで訓練を受けてたらしい」

アタイ「えぇっ?!だって超~~~~山の民なのに?山岳民族なのに海?」

そう言うのは関係ないんだねぇ。

で、渡船で猿島へ渡って冒頭の海水浴客を見ていきなりゲンナリですよ。
売店では食事は今からだと1時間待ちでーすと高らかに叫ぶオネーサンがいました。
てんてこ舞いすぎる(^^;

それを尻目にまずはビールで景気付けしてから我等はお散歩へ。
切通し。外からだと島にしか見えないけど中は切通して色々な物が建設されてます。

旧要塞施設が幾つか並んでましたね。
弾薬庫と兵舎とか。中は入れないけど。


アーチレンガはアタイのロマンです。

切通しの古い質感に名前を彫る不届き物が多いのが残念。

I loveとか彫ってるからナオミじゃなくて寛が彫ってんのかな。
一同で「天罰が下りますようにっ(ハート)」と呪っておきました。

トンネル。アーチレンガはロマンじゃ~。




島の下、岩場にも降りれます。

行きはよいよい帰りは…(急傾斜の階段)
釣り道具は持って来なかったので次こそは…!

で、この岩場(ヨネノ根)には日蓮洞窟がありますよ。

祀られてる石像までは柵があって入れません。
なのでカメラズームアップ!


あとはショッカー基地でお馴染みの展望台。

入口で既に怖い。

人工物の方がこういう所では何故か怖いよね。
上階には上がれませんので悪しからず。

砲台跡も残っています。


中央は歯車を咬ませる所かな。

ちなみにこの猿島はこんな島です。

1.縄文式・弥生式土器があったので人が住んでたんだろうね
2.鎌倉時代には日蓮上人が海で遭難、突如現れたお猿の誘導でこの島に上陸出来た
3.そんで「猿島」と言う名になったと
4.その日蓮上人が対岸に渡った時、お付の船頭さんがサザエを踏んで流血してしまい、
日蓮上人がお経を唱えたらサザエの角が無くなったとか。(アワビストーリーもあるらしい)
5.台場としては江戸時代からの要塞島でした
6.ペリー来航した時にペリーアイランドと名付けられてしまったとか

などなど。

またお散歩に行きまーす。
コメント

台湾旅行その4~台北市内ほか。

2014-02-10 | ◎飛び出せおでかけ◎
高雄から台北に戻って来て疲れたねと言いつつ龍山寺へ。


手順に則っておみくじを引いてみました。
自己紹介をしたり、おみくじを引いても良いか三日月型の木片を
2つ投げるんですよね。
表裏が出たらOKで次に進める。
番号を引いて、この番号で良いですかとまた投げる。
投げる時は3回まで。
OKが出ないとおみくじを引けない人もいる訳だよね。
それって神意を問う価値がないって事デスカ、
とビクビクしてたらちゃんと進めれました。えがった。

「上上」

大吉の次に良いみたい。良かったー。

通りすがりのオジーチャンに中身を読んで貰いましたら、

前に不運があったけど心がけが良かったからこのおみくじの内容を得たと。
これから明るくなるのもアナタ次第、的な。

有難うオジーチャン。不運てのがマジ心当たり有り過ぎッ。
たまに関西弁の単語が出てくるのがビックリよ。

あとねあとね「求財」って日本のおみくじで言う「財産」だよね。
一緒に見てねオジーちゃん。

「平平」

「大利」じゃないのね…。
こつこつ仕事しまーーーーす。(´;ω;`)


結局、この日は沢山歩いたね~と、またしても足ツボに行く我等。
整体も付けちゃったから超気持ちよかった!

街中を歩いていて気付いたこと備忘録。

・セブンイレブンに「おでん」「関東煮」を見つけたので近寄ると八角のかほりw
(アレンジおでんでした)(練り物もちょっと違ってたし)
・お茶煮込みの玉子(茶葉蛋)も勿論八角の香りを漂わせて並んでる
・ファミリーマートは「全家」と書くのですね
・悠遊カードはチャージ分+不足分の現金払いが出来ない
(新たにチャージしなくちゃいけないみたいです)
(帰国するから使いきりたいのに…)
・そして悠遊カードは読み取り機にしっかり当てる
(Suica感覚で一瞬しか載せなかったらエラーになったよ)
・CDショップ店頭にデカデカと貼られた水樹奈々さんのポスター
・縦書きの日本語カタカナ文字で長音だけが横書き「ー」の看板

八角で思い出した!

「辣味」スパイシーと記載されたマグロジャーキーを買いました。
本当は「黒胡椒味」が欲しかったけど辛味でも良いかな、と。
これにも八角が入ってましたヨ。
五香粉かな。苦手な人もいると思うので備忘録ついでに。
私は全然平気なので美味しく頂きました。ビールのおつまみ。

阿里山の山葵塩も買ったけどこれにも八角がΣ( ̄Д ̄;)
これは山葵の清涼感を掻き消しちゃって駄目でした…。
食べた人がみんな駄目だった…全然減らないよーーー。

ネタ土産。台湾名物、柄物布マスク!
カワユいキティちゃん柄にしてみましたよ。

カワいー!カワいー!
カワ…

M子「怖い!」

でも柄マスクの方が電車内ではあまり見かけなかったな。
白マスクが多かった。
デカデカと日本語で「よいマスク」ってパッケージに
プリントされてるのもあったしwあと「日本製」を大大アピールね。
原チャリも以前ほどの量は走ってないから(それでも凄く多いよ!)
汚れを気にしない柄マスク自体が減ってるのかな?
紙のマスクも豹柄とか可愛いのが売ってました。

ベタに台北101にも行きました~。

店舗開店直前だったので登らずに見るだけで終了。
夜ならキレイな展望だったろうね。

中正記念堂。

風の強い日でした…。(首の痛いイケメンポーズになってしまったw)


蒋介石像
この日は広場で縄跳びイベントをやってました。

あとダンスイベントもやってたのでアチコチで自主練の女性達を見かけました。


台北101と中正記念堂は午前中に回り、また土産物色などして
午後は帰国となりました。フリーで行ったので気ままでラクチン旅。
また行きTAIWAN.

帰りの空港でアタイの荷物だけが危険物で引っ掛かってしまい
1人スーツケース御開帳の憂き目にあいましたぞ。゜(゜´Д`゜)゜。
ケータイ用の充電池がアウトでした。
何処にしまったのか、テンパってなかなか見つからず係員のオネーサンに
もう一度X線検査機に通して貰って場所を確認しました(笑)
充電「器」は大丈夫だけど充電「池」、バッテリーは駄目なのね。
皆様、手荷物で!

羽田の免税店で買ったリフトマンスールとDiorのリップマキシマイザーは大活躍中~♪
八角も大丈夫なアタイですがDiorのLIP類は匂いが苦手。
でもマキシマイザーは大丈夫だったのよね。不思議。
コメント

台湾旅行その3~高雄編

2014-02-09 | ◎飛び出せおでかけ◎
3日目は高雄!
龍虎塔がどうしても見たかったのと、以前と違って
交通の便が凄く良くなったので「これは行ける」と。

初日に台北駅で新幹線のチケットを購入しときました。

高速鉄道の券売機はちょっと難しかったので窓口で。
時刻表とcar numberが記されてる画面を出力して来たM子マジ天使。
すったもんだの末に購入。

日本の700系の新幹線と同じなんですってー。
左營駅(文字出るかな…"営"の旧字)はまるで空港の様でした。
真新しいし。天井高いし。
駅からタクシーで10分弱、蓮池潭(リェンツータン)到着。
思ったより大きい池でした。蓮池ね。

着いたぜ龍虎塔!きゃほー。

旗や幟や看板がちょっと邪魔な感じ…(^^;

善良な龍の口から入って凶悪な虎から出ると善人に!
これは是非入って善人にならなければなりませんね。
龍から入って塔を昇ってみます。


中央の螺旋階段で6階まで。天井はこんな感じ。
階段は小さくて急だから結構なにげにキツめでした。




上からの龍虎。
魔は直進しか出来ないから橋をジグザグにして入って来ない様にしてるそうです。


上からの龍。素敵。


塔を降りて隣の虎塔へ向かう途中。龍と虎のお尻がカワユイ。
中央に見えるのは慈済宮、こちらが本殿らしいです。


虎塔も同様に登ったら屋根の上に虎がいたんだけど
毛並みの造りが溜息出ちゃうよ。(*´ o`)=3


無事に虎から出ました!

シャッター切ったM子が「小さくしか写ってないかも」と
心配してましたが、どーです、トリミング&拡大してみると
はい、どーん。
ちゃんと写ってマシタ。

虎ちゃんの正面は案外ブタっ鼻。


龍虎塔は縦長の池の一番下にあるのね。もっと中央寄りかと思ってた。
ちょっと北上して歩くこと約5分で春秋閣もありました。
武聖・関羽を祀ってます。


コインを入れるとお人形がおみくじを運んで来るザマス。


観音様が龍に乗ってます。ここも龍の胴内を歩けました。

ビックリドッキリメカが発進しそうな口。

胴内は仏教絵巻の様なレリーフ状の立体絵。
アーナンダ。
摩訶 迦旃延(かせんねん)←一生懸命検索してみました
この辺は地獄なのかなぁ。

2つの塔の奥には湖面に延びる橋と五里亭と呼ばれる東屋。
ここの橋はジグザグじゃないのですね。

東屋にはお子様遊具が設置されてました。

更に池の端を北極玄天上帝像まで歩きました~。
辿り着く途中、外でオジーチャン達が興じていたのは将棋か麻雀か。
丸い駒だったんだけど何だろうな。
どーん!
狛犬がいるだけでテンション上がる私。
どっかに狛犬集めてるサイトでもあったら見に行きたいわぁ。

ここで地味に不思議な事件が発生。(しかも超私的)

この写真を取った時にカメラの顔認識フォーカスがこんな動きをしたのです。
↓↓イメージ画像↓↓
なぜーー!?
ど…道教の神様のいたずらでしょーーーーか。
1人認識されませんでしたー。゜(゜´Д`゜)゜。
試されてるのかS子よ…。(替わりに狛犬がッ/笑)

玄天上帝像の胴内は廟になっていました。
外見は派手派手(夜は電飾があるらしいです)中は厳か。

そんなこんなで時間を見ると新幹線の帰り時間より随分早い。
食事したりウロウロ見て回ったりしたけど、結局窓口へ
時間変更のお願いをして台北へ帰って来ました~。
コメント

台湾旅行その2~九份編ほか。

2014-02-08 | ◎飛び出せおでかけ◎
文字出るかな…。
2日目は九份!(文字が出ない場合は「九分」で)
何とか券売機でチケットを買い、国鉄で瑞芳駅まで行き、
バスの混みようを見た瞬間にタクシーに乗った我等。
バスが20~25元くらいだったかなー。
タクシーは180元でしたが3人だったし快適でした!
アタイ、助手席だったからちょっとドキドキ。
メーターが付いてなくて思わず「おじさん!180元だよねッ!?」

鉱山跡地の町並みで狭い中に沢山のお店があり
日本で言うと温泉街みたいな感じかな。

階段は狭く急で生活圏と商業圏が混じってましたけど
割とまったりした雰囲気。

早い時間に行ったのでこんな階段だけど人もまばら。

いえーい。

有名な阿妹茶楼。
歌手のアーメイとは関係ないのかな?

モデルにしてないと本家が言ってるけど雰囲気はやっぱり
某アニメ映画に似てるよね…。
情緒溢れるモダンレトロ。
お向かいのちょっとした空き地からがシャッターポイント。
みんなココで撮ってる気がする(笑)

お茶もしましたー。
香りも良いし何杯も飲めるから長居しちゃた。


更にちょっと昇った所で連れがお茶を購入。

こちらも超有名店でした。九份茶坊。
町屋の造りでアンティークな雰囲気だけでも見る価値あり。

山肌から外を見るとこんな感じでした。


鉱山の様子がレリーフになってます。

拡大!


この街ナカでお土産を物色。

辺りは凄い人数になって来てごった返してきた中で
原チャリが普通に人を掻き分けて走ってくるw

焼き立ての試食でメロメロ。
鳳梨酥(フォンリンスー)=パイナップルケーキ。
パイナップル餡をクッキー生地(タルト生地)で包んである
焼き菓子で台湾の超有名定番お菓子。

普通は正方形の小箱入りでこんな包装↓

でもオネエサン柄のは1つ1つがもう少し小さめの長方形で
パイナップル柄の紙で包んであるタイプ。
個数を稼げるから会社ばら撒きはオネエサン柄に決定!
複数箱はずっしり。
実は老舗有名店だったのね。老珍香さん。

しかし暖かいのを食べるのは初めてだったけど旨い~。
これからはトースターでちょっと焼こうと誓った私。

それから太陽餅(タイヤンピン)

羅記花生糖さんでこれまた試食をして決めましたー。
餅と書いてあるけど餅じゃなくてお菓子ね。
中村屋の"うすあわせ"がイメージしやすいかな。
パイ生地が美味しいです(^0^)
勿論、箱はずっしり重量級。

あとはバラ撒き必至のベビースター系の駄菓子。

3種類ほどを数セット買ってバラ撒きしても痛手も少ない安さ。
素晴らしい。

帰りは車+国鉄+ずっしり土産…が面倒になり、
タクシーのおっちゃんに台北駅まで幾らデスカと聞くと
1,000元と言うではあーりませんか。
日本円で3,000円ちょっと。
これで1時間弱は乗ってたよ3人で。(1人1,000円ネ)
よし決定。楽チーン。


夜は鼎泰豊(デイタイフォン)で小龍包!ビール!飲茶!
横浜高島屋にもあるけどやっぱり本場に行きたいジャン。
http://d.rt-c.co.jp/
テーブルでオーダーを受けてくれたのは日本語勉強中の
研修生みたいな子でした。
ショートカットな国仲涼子ちゃんみたいなカワユ系^^
店外で待ってる間にメニュー票に注文数を書き込むから
ラクチンです。番号も付いてるしね。

で、その後は足ツボだーーー。
ビルの7階に上がると閉まったドアがかなりの勇気を
試される造りでした。ちょい怪しい…。
みんなドアが閉まってるから飲み屋のビルみたい(^^;
頑張れアタイ。
(何故かタクシー助手席とかドア1番手になりやすい私)
http://www.taipeinavi.com/beauty/244/
セーターにタイツ姿のお婆ちゃんが出迎えてくれました。
きっと現地の人から見たらお高め設定な価格なんだろうけど
日本の相場の半額位でした。
55分コースで750元(約2,300円ちょい)

生き返った!!
コメント

台湾旅行その1~驚愕編

2014-02-08 | ◎飛び出せおでかけ◎
12月の頭に台湾へ行って来ました!
現地の人は冬装備なカッコだったけど20℃ほどは
あったから、薄いカーディガンで充分でしたよ。
厚手パーカーは出番がないまま帰国しました。

羽田からエバー航空で出発。ラクチンラクチン。
成田は遠いから好かん。

キティちゃんジェットでしたよ^^

トイレのアメニティもキティちゃん。

トイレットペーパーもキティちゃん。

お食事カトラリーもキティちゃん。

スッチーのエプロンも勿論キティちゃんでした。

さてホテル。
台北駅まん前、地下街直結、★5!
ワクワクじゃないですか~。
10年以上前に行った時は駅の反対側にあったヒルトンに
泊まったんだけど、すごく昭和臭のするホテルだったんだよねぇ。
(今はシーザーホテルになってるみたいですネ)

今回はパレ・デ・シン(君品酒店)。
ノスタルジックな台北地下街をY5出口で地上へ出て外に
出たら右手すぐそばにある角を曲がればホテル入口。

ホテル入口の外観はこんな感じ。

ドアボーイに喫煙所を聞いたらソコです、と右の植え込みに。
右下付近にある電飾付いた柱状の植え込みね。
そこに小さな灰皿があったけど入口前で吸わせちゃっていいの??

ホテル入口のすぐ左は京站(Qスクエア)というショッピングモール。
ここの大きな建物自体がバスステーションだから迷わずに楽。


ホテルへ入ると最初のロビーにも馬。

全体的にヨーロッパの古城をイメージした作りらしく
6階のフロントもダウン照明でした。
毛足の長い絨毯+真紅のビロード+金飾りなんかも素敵でした。

そして、そして。
いよいよお部屋ですよ。

今回はデラックスツインに1台ベッドを追加して貰ったんですが
特別広くはなかったかな?
(プリンセス京都のエグゼクティブツインはジュニアスイート並
だったから比べてしまった…。ごめんなさい…)

入っていきなりの湯船に大爆笑の我等\(≧∇≦)/
左が部屋のドア。ここから入ってすぐにカーテン越しに湯船(笑)
ガラスドアは奥がシャワーブース、手前がトイレ。
シャワーして湯船に入るには一度ドアを出る訳ですが、動線を
考えるとシャワーのドアノブ逆じゃね?
案の定、遠回り気味に湯船へGO!でした。
でもキャンドル風のライトがユラユラして幻想的だったよ^^

ちなみに湯船側からベッド方向の目線はこんな感じ。

洗面台から書斎机が1続きです(笑)
(入浴時は洗面台前までカーテンで囲いまする~)

ちなみに(パート2)書斎机の目前の壁は勿論トイレとの仕切り壁なんですが、

何故か横引き扉になってて御開帳。(大大爆笑)
何故だーーーーーーーー。
コレ絶対ここに泊まった人は同じ思いをしたと思うよ。
もし検索でこられた方がいたら頷いてる。はず。

土産話には持ってこいだよ!

元々ツインを3人向けにして貰ったのでスリッパやコップ等が
有るのと無いのとバラバラなのがまたホホエマシイぜ。
内線では埒が明かないのでフロントに行き身振り手振りと
英語と筆談(笑)でルームチェックを依頼。
ルームメイクのおばちゃんが来て説明すると「OK!」と朗らかにサムズアップ。
再度やって来た時に持参したのは既に3人分揃ってるカミソリや歯ブラシでした(笑)
カップ、カップをおくれ。

一応エグゼクティブフロアに泊まったので17階のラウンジも使用出来ました~。
古城の図書室サロンみたいな雰囲気。
お茶やコーヒーを、と思ったけどワインもビールも頂いて
カフェつまみも色々と食べれたね。
ここは撮影NGだったので残念。

朝食はブッフェ式。
レストランも広いし品数も充分過ぎるほどありました!
たまに料理名のタグがない所もチラホラあったのはご愛敬かな。
親切に日本語表記もあったけど「ワシフル」とか書いてあった。
うん、それでこそだ!と妙に納得した。ワッフルねワッフル。
(以前行った時はもっともっと読めない日本語だらけだったよ)

おにぎりやお味噌汁まであったね。
何故かおにぎりが寿司飯だったけどね(笑)

夜は士林(シーリン)夜市へ。
MRT、いわゆるメトロが発達してた。
おおおお、以前は無かったからこれは超便利!
20~30元(60~100円位)で結構な場所まで行けるね。
Suicaと同じ様に使える悠遊カードで楽々移動。買物も出来るv

カードをホテルに忘れたS子は切符にて。
手に持った青いコイン的なものが切符。
玩具のお金みたーい。(ちゃんとICが入っててかざすのね)


夜市では唐揚げと牡蠣の玉子焼きを食べましたよ。
しかし香港でもそうだけど臭豆腐の香りは全てを掻き消す(^^;

帰り道、夜市の近くでひときわ異彩をはなつ看板を発見。

何故うんこなんだ…。
いや、うんこに見える違うモノかもしれない!
アタイの目がうんこに感じてるだけなのかも!

正面から店を見る。

・・・トイレのオブジェ。やっぱりうんこかー。
コンセプトレストランなのかなー。(←!)

そんな爆笑の嵐で台北駅に帰って来ました(^0^)

車站=駅、ですね。バスでも車站。(バス=巴士でした)
コメント

川崎ハロウィン

2013-10-27 | ◎飛び出せおでかけ◎
ほんとは買物に行ったのに着いてみたら
川崎はゾンビだらけになっていましたw
バイオハザードみた~い。

・・・と、思ったのもつかの間。

ハロウィン関係なくコスプレの嵐でしたね。


そして思ったさ。
レイヤーさん達とは違って一般(?)の仮装の
方々はそのまま電車で帰ってしまうのですね!
アタイ、帰りがマリオ&ルイージらと一緒だったwww


写真許可をお願いしたらポーズも取ってくれた
デビルマンとシレーヌ。
娘ちゃんかな~小さくてふわふわして可愛いシレーヌ。
ホントは大きく掲示したいけど娘ちゃん小さいですもんね、
ちょっとボカシてみたのですが…
(問題あったらすぐ削除致します)


ここのパレードもあっという間に規模が大きくなったね~。
外国人コスの面々が面白かったよ。
白短パン+白タンクトップに赤文字で「グリコ」、そして
あのポーズとか。
冒頭の写メは銀柳街で遭遇したカーネル様。すてき。

何故かセクスィなセーラー戦士がえらく沢山いましたdeath!
コメント (2)

皇居見学と江戸城3

2013-09-01 | ◎飛び出せおでかけ◎
続きでーす。

【済寧館】

皇居敷地から東御苑へ向かう途中にあるんですけど
凄く古い木造の建物。味があり捲くり…。
中では剣道をやっていたのでまさしく武道の館。
皇居見学じゃないとこの角度では見れないのね。
(外からだと生垣越し)

江戸城自体はありませんが、散策散策ぅ!

【百人番所】


【中之門跡】

石垣が大きい…!

【松の大廊下跡(石碑)】

お堀沿いの森にひっそりと石碑が鎮座。
しかしこんな所に大廊下ってどんだけデッカイ建屋が。
当時の図面を載せた銅版地図みたいなのがありましたよ。

石碑から右に向かい堀沿いの森林を真っ直ぐ進むと
天守台方向です。
途中には、

【石室】

なんかもあります。


本丸の大半は大芝生。
中央に見えるのは午砲台跡の石碑。
正午をお知らせする空砲を撃つ所ですネ!

ちなみにすぐ隣の芝生(天守台との間)は大奥です。
画像で言うと左に歩く方向ね。
丁度、造成工事が入ってまして土を掘り返したりしてました。

びっくりしたのは喫煙スペースと言うかベンチが数箇所
あるんだよね。
え?良いの?ヤバいんじゃないの?と逆に恐縮する程。
神奈川じゃ駄目だなww

【桃華学堂】

モザイク外壁でモダンレトロな感じが素敵ですが
東御苑の他カラーと全く違うのが凄いな…!

【天守台】

明暦の大火で焼失後は石垣のみで再建されてないそうです。
やっぱり上は欲しいよね…。
外層5階・内層6階、地上58mの天守閣、見てみたいっす。

天守台上から見た北桔橋門(きたはねばしもん)

左にひっそり見えるは武道館のタマネギ。


入園票を返却して大手門から出て下界へ戻りますえー。
大手門か平川門か北桔橋門の3門いずれかからこの入園票を
預かって、3門のいずれかから出れます。

表面仕上げが木製だったらもっと気分が盛り上がる、かも!
中にICでも入ってる訳でもなさそうでした。

大手門を抜けます。


抜けたー。またブラブラと入りたい~。
そんでもって身体の水分と言う水分が全て汗となった
この日、首の後ろに塗った日焼け止めも流れ切ったね。

お茶のつもりで入ったお店で全員が「中生!」と叫び4杯は
速攻で胃に納めましたです。
(地元に戻ってまた飲んだ/笑)


という訳で久しぶりの『大人の散歩』でした!
この日の見学に関する費用はゼロ円なのが凄いです。
案外楽しい近場観光、次回はどこにしようか迷うな。
でも、大抵は思いつきで行くんだけどね。

丸の内を歩くと一気に現実に戻るね(^^;
コメント

皇居見学と江戸城2

2013-09-01 | ◎飛び出せおでかけ◎
続きです~。

【正門鉄橋(二重橋)】

外にある二重橋は石造りでコチラは鉄橋。
実はこの橋を渡る時は中央の所謂、車道を歩きます。
両端の白い歩道はあがってはいけません。

お堀に帽子等を落としてしまうと管轄が違うから
本人に戻るまでに相当面倒らしいですよ。
物は勿論、安全対策でしょうね。

だってさ、ジジババ共は話しを聞いてないもの…!
駄目だって言ってるそばから歩道に上がってたしね。
これじゃ禁止しないと転落なんかありそうだわさ。


欄干。


腕と胴体を伸ばして白い歩道に乗り上げない様に
頑張って頑張って伸ばし、結局ズームに頼った(笑)

向こうに見えるは石の二重橋です。

【伏見櫓】

ちょうど二重橋から見えます。
角度をちょっと変えるとこの画像の右には橋のランプ
(街燈って言うのかな…街じゃないけど…)が入ります^^

二重橋からまたUターンの見学コースで、東庭に戻ると
またしてもご入場デスカ!?

入って来られた。
目前を馬車が通過したのでどの国の大使か判る程に近かった。

到着して宮殿に入られます。
固唾を飲んで見守る我等の前にお馬を寄せてくれて
お披露目時間をくれるサービス。ツヤツヤお馬~♪

入口前の馬車の様子。


【元枢密院庁舎】

スタートの休憩所(窓明館)のすぐ近く。
国会議事堂のモデルになった建物と言われています。
国会を縦横比を変えてコンパクトにした様な感じですネ。
現在、ここは皇宮警察本部庁舎となってます。
おおう…!

大使のお送りなのか、



またしても馬車と遭遇。それでもテンションが上がるのです。
お客様は赤い方に乗られてました。


皇居内はこれで見学終了。
本当は宮内庁の裏手にある山手通りを散策するのですが
行事によってコースが変わるそうですよ。
この日は山手通りが通行不可でした。

大体1時間半くらいだったかな?
我々はそのまま東御苑(江戸城跡地)へ行きました。

3へ続く!
コメント

皇居見学と江戸城1

2013-09-01 | ◎飛び出せおでかけ◎
近場で旅気分を味わう観光地を散歩しようず!
久しぶりの『大人のお散歩』。

今回は恐れ多くも皇居と江戸城(跡地)です。
行ってきましたよ~城スキーらと。
(注:お城はありません)
案外テンションが上がり捲くった良い散歩でした(^ワ^)
見学日は月~金の平日、10時からと13時半からの2回。
午前が取れなくて日差しのSugeeee暑い午後に入りました。

【桔梗門】

まずは桔梗門で受付チェック。
事前予約が必須ですけど今は宮内庁サイトから出来ちゃう!
メールバックでの受付票を印字し、身分証も持参します。
あまりに暑いんで入場前に外部でドリンクを買わねばと
東京海上地下のコンビニまで走り戻って汗だくのアタイ。
あとで愕然となるとはこの時は思いもしませんでした。

入った内側からはこんな感じ。

武道館LIVEで入る田安門と基本的に同じ様に見えますね。

【窓明館】

ここで超簡単な説明と外国人にイヤホンガイドを提供。
記念スタンプをパンフに押印するもコート紙がツルツルで
乾きにくいです。間紙はあります。
ちゃんとスタンプを押したい人は別紙を持参が良いかもね。
スタンプは直径8cm位ありました。

画像左端には何と売店があるのです。
アタイはそれが衝撃的!自販機もあった!(愕然)
お土産もお手ごろ価格であったのよ。
やっぱり利益を追求しちゃいけない的な何かがあるのかな。
レシートにも御紋が入っててテンションがあがる一同(笑)

会社には御紋の入ったお煎餅をお土産に買いました。
ほら平日に有休取ってるからね(^^;
連れは札入れを買ってたよ。1,500円位でビックリした。破格。

では見学に参りましょうと建屋の外に出た瞬間にコレ発見↓

ひゃぁあああ。一気にテンションが上がる一同。
お馬の艶やかさにウットリの一同。


石垣に島津の紋が…。
薩摩藩が組んだ石垣なのですね。

【富士見櫓】

なんか明るさ調整をしたら緑色がおかしい…。
モノクロに無理矢理カラーを乗っけた復刻写真みたい(笑)
三重の櫓(やぐら)です。

【宮内庁庁舎】

午後のコースは日の位置から逆光気味になってしまって
後から調整しましたよ。
昭和10年建築との事です。

【坂下門】

ちょっとこの日はあちこちで工事をしていました。
ここにもパイロンが…残念…。

【宮殿】

手前のオブジェは松をモチーフにしてる塔だそうですよ。
ここのベランダから御手を振られる訳ですけど案外低い?
宮殿前の東庭に人々が参賀に入る訳だからビックリする程
近くに感じられるのかもしれませんね!


そしてまたしても馬車が!こちらに向かって!東庭を!
この日は二国の大使が来られるとの事で随分と馬車を
拝見しましたよ。(しかも意外な国だったんだよねぇ…)
そして皆がみんな、馬車御一団にテンションはね上がる。
見知らぬバーちゃん、もといご夫人も「きゃー!」って。


2へ続く
コメント

KITTE混んでたっTE

2013-05-06 | ◎飛び出せおでかけ◎
GWはやっぱり混んでます。
昇りエスカレーターがロープ囲いの列になってる…!
最初は何のアトラクションかと思ったよ。

でもアタイはエレベータですんなり昇った(笑)

東京駅横のJPタワー、日本郵便のショッピングモールで
三角形な吹き抜けが不思議な感じです。
屋上も▲なのね。

特段、買うものもなく(^^;
木のキーボードは触り心地が凄く良くて「いいな!」と
思ったけどお値段がお値段ですものね~。
寄せ書きの転写板は時間が経つと良い色合いになりそう。
あれはレーザーで転写してるのかな?

食事は結局、新丸ビルで食べちゃった。
アタイらにしては珍しくリピートなお店、新丸のソルト。
オージー料理と言うよりはカジュアル・フレンチね。
フレンチっぽい雰囲気ながらボリュームがオージーな感じで。
バーニャカウダ的な野菜で既にボリューミー(笑)
アタイはエッグ・ベネディクトが好きだ!
そんでもって毎回ビーフのパイ包みを食べるぞ!
エライ量だけども!
フレンチベースなんだけど、たまにカジュアルすぎる
食器類にビビる。(マグとか板/笑とか)
もうちょっと統一してくり…。


で、KITTEの旧局長室に入って駅を写メ。
局長さんては絶好のロケーションを眺めてお仕事だったのねん。



※いまガリレオの録画を流しながら打ってたんだけど、
元ヤクルトの古田氏を使うなら最後のセリフは
「よし」じゃなくて「オッケェーーーーーイ!」に
して欲しかったざます。
そして何故に野球選手役で田辺さんがキャスティング
されたのか湯川先生この謎を解いて下しえー。
コメント

そうだ京都へ行こう~その4

2012-12-31 | ◎飛び出せおでかけ◎
またまた間があいてしまったぞ_| ̄|○
12月はやっぱり何かと忙しいですね。

京都の地下鉄に乗る時、うっかりSuicaをタッチしてエラーを
喰らったアタイらでございました。JRは通るのに…。

「おっちゃん、東のSuicaは駄目なの?」
「あーゴメンね春から!」
「マジですか」

これ、方便だと思ってたら数日後に発表されてました。
おっちゃん疑ってゴメンなさいね~。

知恩院の後、南禅寺に行きたかったのに連れが清水寺を
連呼したため、急遽ベタコースに。
そして修学旅行生に紛れる事態に…とほほ。
この時期でも修学旅行生が沢山いるんですねぇ。

ベタコース的にベタベタ・ダブルピース!




お金を払っていざ、舞台へ!いそいそ。

がーんΣ( ̄Д ̄;) 舞台上は『今年の漢字』発表会だよー。
えー!?もうすぐ一字を書くのねワクワクと思ったら
マスコミと警備員だらけで旅行者・見学者・修学旅行生が
どんどん排出される事態。ちっ。

こんなイベントは下界でやってくれよぅ!と一瞬でも頭を
よぎったのですが『舞台』の本来の使用法だよねと無理矢理
納得してアタイらも排出されて来ました(´;ω;`)

因みに今年の一字は『金』でした。
アタイの場合、金欠の金ね!!(しょぼーん)


排出された直後の景色。葉の落ちた枝だらけです。

下まで降りるとこんな感じ。
紅葉もちょっぴり残って秋と冬の境目を見た様な雰囲気。

その後はお土産を買いつつ食事をしつつ。
どうでも良いけどワンピースと京都のコラボを沢山見かけた。
何繋がり?
ゾロとサンジが「誠」の羽織を着てましたよ(^^;
グッズを集めてる人は大変だなあ。(超ヒト事)

そんで京阪線までひたすら歩きまして、伏見稲荷へ行きましたよ。


お稲荷さんとても凛凛しい。すてき。

↑今回、一番お気に入りの写真。
顔周りの雲が無かったらもっと素敵んぐだったのにナ!

人がハケるのを待って撮ってみました。


こちらは外国人団体様が参拝中。
とても楽しそうにシャンシャンを鳴らしてました。

勿論、千本鳥居も歩きますわん。

オートフォーカスの超頭良いカメラなのにシャッターと一緒に
カメラ本体も押し下げる連れ。
こんな手ブレが沢山制作されました(笑)

「狩矢警部、こちらです!」ゴッコ中。


そして狐の絵馬。
カイジ率のひじょーーーに高い件について。

ざわ…ざわ…ざわ…。ざわざわしすぎてます(笑)
アゴの角度が絶妙に効いてますネ。

jojoの顔を描いてる人もいましたよ。
だって裏に「世界ッ!平和ッ! byジョースター家一同」
って書いてあったもん(笑)


もう少し居残っていたかったけど、今度は春が良いかな。
こんな感じで京都まったり滞在は終わりました~。
嵐山にある「らんざん」の看板を「ちんざん」と読んだのも良い思ひ出。
コメント

そうだ京都へ行こう~その3

2012-12-22 | ◎飛び出せおでかけ◎
宿の乾燥はいつもの事なのでマスクをして寝たのに
朝はアイマスク状態で鼻はガッツリ外気に触れてたでござるの巻。
鼻血も相変わらずよのう。

今度は祗園の方へ行こうぜとバスに乗りこむ我等。
南座の前を通ったら丁度、中村勘九郎さんの襲名披露公演の
看板を見まして。
自分がメインのお披露目公演だし、親の死に目にも会えないしで
かなり辛い立場だよね…と、しんみりしながら通過。


そのまま八坂神社へ。



はい、えべっさん(・∀・)!


平日の午前中だったから人もまばらで見やすい事この上ないです。


そのまま裏に回って円山公園へ。
池の中央にある岩に鳥のオブジェ。

よく見たら本物でした。

最初は全く動かなかったから随分精巧なオブジェだな~
なんて勘違いも良い所だった。
一旦動き出したら今度は忙しなかったよ。

円山公園を出たらそのままお隣の知恩院へ。

山門(三門)が雄大で見てみたかった1つ。
素敵でございます。
門を潜った先の中央にちょっと見えるのが男坂。

オレはようやく登りはじめたばかりだからな。
このはてしなく遠い男坂をよ…(未完)
喧嘩鬼のセンセェーーー。

懐古妄想おわり。

知恩院の御影堂は平成の大改修に入っておりまして。
プレハブに全部まるっと覆い尽くされていました。
http://mainichi.jp/select/news/20121221k0000e040172000c.html
ニュースによると瓦の取り外しが始まったみたいですね!
画像では御影堂の屋根の向こうにプレハブの壁が見えます。

プレハブもちゃんと和風ぽく見えるのがニクイね。
平成30年まで掛かりますので本当に「大」改修です。
瓦も丈夫なのは活かして使うそうなので沢山残ると良いな~。


これは阿弥陀堂。

ちょっと角度を変えて撮ったら…見えますかね。
桜が咲いてますぜ。
知恩院と言えば桜ですけど、流石に12月は全く脳内から去ってた花。
寒桜?

法然上人御堂では中で七不思議の閲覧。
大杓子は予想以上に大きく、予想以上に柄の部分の繋ぎが脆そう。
大阪夏の陣で飯をすくった説とかあるそうです。
どの角度からも正面を向いているような猫の絵や、あまりの出来の良さに
障子から飛び立ったという抜け雀は見れました\(≧∇≦)/
鴬張りも修学旅行以来の経験でございました。
コメント

そうだ京都へ行こう~その2

2012-12-22 | ◎飛び出せおでかけ◎
ちょっと更新に間があいてしまいました。
京都旅行の続きです。

その1で雪に降られた訳ですが翌日は

晴れましたぜーーーーい!

それに気を良くしてベタコースを敢行する事に。
道々、撮影をしてたのを見て通行人が口々に「死体発見シーン?」
「狩矢警部はどこ?」とか言ってました(笑)
どうも風景だけだったみたいで、その通行人たちの落胆ハンパない!
そして山村サスペンス恐るべし。


ベタコース1 へーい!トロッコ電車ー!


ベタコース2 へーい!川くだりー!(晴れてもやっぱり寒かったです)

渡月橋に戻り、寒いからお昼がてら暖かいお酒でも呑もうぜと
お店に入るも注文時に
「「えーとビール2つ」」
馬鹿だ、アタイらは真正の大馬鹿だ。

その後は、次の宿が烏丸だしその足で上賀茂神社へ行くかと決定。
聞いて下さい。
アタイら北大路駅から神社まで川沿いを散歩散歩散歩で行ったんですよう。
かなり歩きましたよう。


ちょうど人の波も去ったのかガランとしてました。
うろうろし放題でラッキー^^


拝殿と立砂(盛砂)
盛り塩の原点と言われてますが立砂ってこんなに大きかったっけ?
神様が降りてこられる場所、依代(よりしろ)なんだよね。


さて奥へと行きますか。

改修!
お賽銭箱がエラく手前に配置されてて悲しかったわん。


おみくじは大吉を頂きました(・∀・)!
もう運を掻き消したくないから、おみくじはこれにて終わりっ。


この日からはホテルでした。
エグゼクティブ・ツイン最高っス!\(≧∇≦)/
コメント

そうだ京都へ行こう~その1

2012-12-16 | ◎飛び出せおでかけ◎
当日、新幹線に乗っていると静岡を越えた辺りから
「そこは雪国でした」
そんな小説の一節が脳裏に浮かぶほど。゜(゜´Д`゜)゜。
まるで東北の親戚のうちへ行く様な景色…。
おかしいな、西へ向かってるはずなのに。

てな訳でまったり旅行をして来ました!
ちょいと紅葉の季節は逃してしまったけども嵐山の
ライトアップなんぞを楽しみに。

まずは宝厳院へ。

奉納のお仏像が沢山。

獅子吼の庭はまだ若干の赤みがありました(ほっ!)



獅子岩も赤い絨毯と緑の苔のコントラストが素敵でした。
パワースポットなだけに、オラに力を…!と吸収。


この辺は木の上は寂しく、地面が赤く染まってる状態でしたね。
それもまた風情がありました^^


それから天龍寺。

ぎゃーん。法堂が改装…。
今回改装ばっかりなのでした。しょぼーん(´・ω・`)

大方丈のどっしりさが素敵。
屋根や軒下(垂木?)とかを見るのが好きです。
社寺建築の部位の名称って判らなくて検索してみたら木鼻とか
斗拱(ときょう)とか細かい単位で名前があるんですねぇ。
うひょーアタイが好きな部分よコレ!なんて言いながら読んでたw

大方丈と曹源池。
寒くて着膨れ祭じゃー。しかも仰け反ってる…_| ̄|○


硯石。
法堂の天井画を描くのにコレで墨を磨ったんだとか。
拝んだので書が上手くなるかな。


嵐山花灯路を開催してたので竹林の道がライトアップ!
幻想的で綺麗ですねぇ。
雪が降ったり止んだりでかなり寒い小道でした。
前後が中華な団体でにぎやかすぎる(^^;

途中で野宮神社へ。
黒鳥居(←木の皮がついたまま)は上手く撮れなかったし人大杉。
カメラを構える余裕が無かったよう。みんな傘も開いてたしね。
おみくじは大吉を頂きました~えへ!

常寂光寺はもっと紅葉の時期に見たかった…。
遅かった…。

そして二尊院へ。


「そうだ京都へ行こう」のポスターアングル。
木が寂しい…。紅葉は終わってましたね。
だって振り返ると『紅葉の馬場』が、

こんなだもの。雪!


中では繭の灯篭(?)が並んでましたよ~。
あの小さい繭に絵や字が書き込まれていました。

そして夜のお散歩が終わって渡月橋へ。

またしても雪。
お泊りはこの近辺だったので実はスタート地点も渡月橋でした。

和風な感じでしょ、廊下も畳風だしドアもノブがあれど横引きよん。

次はベタコースをアップ!
画像アップロードが凄く遅くて重くてさー、南いらいらするっ。
途中で嫌になったら後日へ持ち越して(=投げて)しまいそう(;´Д`A ```
コメント