ひとりごと

ミーハーなさばきちが、観た映画の感想をテキトーにつぶやいてます。
基本的にレビューはネタバレですのであしからず。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本沈没

2006年08月08日 | 映画「な」行
映画の中で、私の住んでる地域がテレビのニュース速報にどんっと出てきたのでドキッとした。「震度7 ○○市○○区」てな感じで。


でもドキッとしたのはそこだけで、あとはまるで他人事のように観てました。
随分前に、オリジナルの映画はもっと凄惨でリアルだったと、友人から聞いたことがあります。人が亀裂にはさまれて死んだりとか、そういう直接的なシーンが結構あって恐ろしかった、と。
前作未見の私は、「日本沈没」というくらいだから、一体どれだけ生々しくて怖いのかと思ってたけど、実際はあんまり・・・。確かに映像はものすごかったけど、色んなことがありえなさすぎて、完全に気分は他人事。
こういう映画って、大抵は「もし実際に起こったら!」てなことを考えさせられると思うんですが、なぜかそういうのは一切なし。全くの他人事です。

確かに見慣れた風景が無残に破壊されてしまうのを観るのはとてもイヤな気分だ。
しかし、もっとコアな部分、パニくった人間のギリギリの心理描写とかが全然なくて、すごくリアリティに欠ける。それに、たくさんの人が災害に巻き込まれて死んでしまっているはずなのに、そういうシーンが少ないのも一体どういうことなんだろうかと疑問に思った。
極限状態に陥って人間のエゴ丸出し、なんつうシーンのほうが、特撮よりもよっぽどインパクトあると思うんだけど。

結局、パニック映画なのか、特撮映画なのか、ラブストーリーなのか、よくわからないのです。私は特撮メインの映画だと思ってるんだけど。
だって、軸になってる話がなんともぬるいんですもの。つよぽんと柴咲コウの純愛に(あれをラブシーンと呼ぶのはどうかと・・・)、登場人物が優秀な科学者、それに日本を救おうと必死になる政府のおえらいさんたちですよ。こういう映画どっかで観たことありませんか?
宇宙人が攻めてきて、大統領が演説して・・・。あと、エアロスミスが聞こえてくる映画もあったっけなあ。
あと、おそらく映画の山場と思われるシーンで、待ってましたと言わんばかりに主題歌をでーん!!と持ってくるのはやめてほしい。テレビドラマじゃないんだから。しかも、そういうシーンに限って大抵スローモーション。もー勘弁して。なんだか逆にドン引きしてしまうよ。スローモーションの正しい使い方はピーター・ジャクソンに習え。

映像は迫力あったけど、ドラマは緊張感が足りない。内容的には緊張を強いられるはずの話なのに。
だって先の展開が読めてしまうんだもの。そしてその通りに終わったし。まあ夏休みだし、日本映画としてはこの夏一番の話題作なので、おもしろいとかおもしろくないとかそういう問題は置いといて、一度は観ておいてもいいんじゃないかと思われます。映像がすごいのだけは保障します。

しかし、ミッチーのシーンはさすがにちょっと感動した。あれは多分、ミッチーだったから感動したんだと思う。
つよぽんはとっても素朴でス○ップの中でも特に好きなほうなんですが、このテの映画の主人公としてはどうなのか。素朴過ぎて世界トップクラスの潜水艦操縦士には見えまへん。それにしても、つよぽんはあの災害の中どうやって東京から会津に行って、そして帰ってきたのか?新幹線なんか走ってるわけないのに。どう頭をひねってもまっったくわからん。
大地真央はいつも滑舌良すぎなのが逆に気になるし、柴咲コウのキャラクターにもいまいち感情移入できず・・・。
トヨエツと福田麻由子ちゃんは良かったな。
写真でちらっと出てきた、玲子のおじいちゃんはアレは丹波哲郎ですよね?

コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« パイレーツ・オブ・カリビア... | トップ | ゲド戦記 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じく!!! (かいろ)
2006-08-11 20:35:07
さばきちさん、こんにちは!

わたしもつい先日観ました、この映画。そしてさばきちさんと同じような感想を持ってしまいましたー。

つよしくんと柴崎コウのシーンを直視するのがかなり気恥ずかしくてずっとスクリーンの下半分を見るようにしていたし、あの歌がここぞと言う時にここぞと言うタイミングで流れたあげくスローモーションになる所では、思いっきり脱力しおまけに笑いが出てくる始末。つっこみどころが盛りだくさんの映画でした・・・。

それではこの辺で。
Unknown (あ~る)
2006-08-13 14:12:06
さばきちさん、こんにちは。

本当に何の映画化分からなかったですね。作品としては『ゲド戦記』の方が良く出来ていると思いました。柴崎コウは頑張っていたけど、ダブル主演も中途半端だっとと思います。

それに対して、福田麻由子ちゃん良かったですね。最初は本当はもっと大事な役だったと思ったけど、後半しりつぼみで残念でした。

写真だけですが玲子のおじいちゃんは丹波哲郎でしたね。1976年版でも出演してたんでクレジットで特別出演になってました。

他にもいろいろカメオ出演があったようですが、そんな余裕あればもう少し作品で頑張って欲しかったかも...(^_^;)
かいろさん (さばきち)
2006-08-14 19:43:37
つよしくんと柴崎コウのシーンを直視するのがかなり気恥ずかしくて>

あああ。わかりますその気持ち。そんでもってあの主題歌がでーんと流れるんですよね・・・。

CMや予告編でもバンバン放送されていたのである程度はわかっていたにもかかわらず、いざ本編であのシーンが流れると、あまりのお約束加減になんかもー脱力・・・。ほんとに突っ込みどころ満載でしたね。
あ~るさん (さばきち)
2006-08-14 19:48:12
あ~るさん、まさしくおっしゃるとおりです。

私もなんの映画だったのかわかりませんでした。作り手側がどういうメッセージを伝えたかったのか伝わってこなくて。そういう意味ではまさしく、『ゲド戦記』のほうがはっきりしていて良かったです。

ほほう、丹波哲郎は76年版で出演していたのですね。カメオでわかったのは、丹波哲郎の他に庵野秀明&安野モヨコ夫婦くらいでしょうか。ほんと、もっと気を使うべき部分はたくさんあっただろうに・・・。

コメントを投稿

映画「な」行」カテゴリの最新記事

トラックバック

日本沈没 (あ~るの日記@ココログ)
映画『日本沈没』を観た。 草彅剛、柴咲コウがダブル主演し、この夏話題の日本映画大作。監督は『ローレライ』の樋口真嗣、他の出演は豊川悦司、大地真央、及川光博など個性的な出演者も多く、21世紀らしい作品に仕上がっている。 日本SF小説の黎明期を代表する小 ...