ひとりごと

ミーハーなさばきちが、観た映画の感想をテキトーにつぶやいてます。
基本的にレビューはネタバレですのであしからず。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

RENT

2006年06月11日 | 映画「や」・「ら」・「わ」行
オープニングの「Seasons of Love」で圧倒されまくる。
しょっぱなから鳥肌が立ち、涙が出そうになってしまった。
ヤク中、同性愛、エイズ・・・家賃も満足に払えないほどの貧しい生活。
ニューヨークのイーストヴィレッジを舞台に、限りある命を精一杯生きる若者たちの一年を描いた青春群像劇。


オリジナルの初演は1996年。公演前日に作詞、作曲、脚本を手がけたジョナサン・ラーションが35歳の若さで死亡。初演からたった3ヶ月でブロードウェイへ。その後トニー賞総ナメ、ミュージカルとしては異例のピュリッツァー賞も受賞。今もブロードウェイでロングラン上映中。(チラシより)
とまあ、これだけでどんだけすごいかってのがよくわかりますな。いろいろセンセーショナルな話題に事欠かないミュージカルなのであります。

この映画を観て、「ああ私はやっぱミュージカルが好きだよ」と心の底から再確認。
「プロデューサーズ」みたいなお気楽なのもいいけど、やっぱり感情に訴えてくるのはこういう重厚なミュージカルだ。
とにかく、音楽が素晴らしい。オープニングの「Seasons of Love」はもちろんのこと、すべての音楽がロックオペラ調でかっこよく、文句のつけようもないくらい。そして、出演者のパフォーマンスが最高。

物語の背景が1989年のクリスマスからの1年間なので、今から17年も前。
テーマは「No day but today」―いつかではない、今日を生きる。
「これぞ友情!!これぞ青春!!」という印象が強いので、ストーリーが多少古くさいような気もするけど、すっかり冷め切ってしまった今の時代にはかえって新鮮に映ります。

登場人物はみな何かを背負っている若者ばかり。
当時は同性愛やエイズに対する偏見、差別が今よりもずっとひどかったはず。
エイズに侵された者。そんな彼らのそばにいて支える者。彼らは常に「死」を身近に感じている。だからこそ、彼らは自分を偽ることなく、思いっきり自分を表現しながら、限りある命を精一杯生きているのだ。後悔しないために。

なんか青春って、友情っていいわよね!!と一人胸を熱くしながら観てました。もちろん綺麗なだけじゃない、とても悲しい出来事だって起こる。でもそれを必死で乗り越えようとする姿がまた、美しいのです。
一生懸命生きるのってカッコイイ!!なーんて書いてて我ながらクサくて恥ずかしくなってきますが、スクリーンの中の彼らを観てると素直にそう思ってしまったのです。

あの8人のうち、私はエンジェルが一番好きだなあ。映画のラストを飾った彼(彼女?)の静かな表情が、泣けてくるほど綺麗でした。

サントラを買ってから、もう一回観に行こうっと。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 嫌われ松子の一生 | トップ | リトル・ランナー »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミュージカル万歳 (かえる)
2006-06-12 10:40:30
こんにちは。

私の中で、映画化してほしいミュージカル作品の筆頭はこれだったんですよね。

念願かなって、音楽のすばらしさを余すところなく伝えてくれる満足な映画となりました♪
余韻にひたっております。 (さばきち)
2006-06-12 20:13:43
おお、かえるさんブロードウェイでミュージカルをご覧になったことがあるのですね。うらやましい。

映画版はオリジナルファンにも結構評価が高いようですね。ほんと、音楽が素晴らしくてナンバーはどれも最高でした。「Seasons of Love」が頭から離れません。
「Seasons of Love」最高! (あ~る)
2006-06-12 22:49:51
さばきちさん、こんばんわ。

久し振りに感動的なミュージカルを観ました。

本当はロック・ミュージカルって苦手なんですが、現代的なテーマのこの作品にはピッタリでしたね。

ラストも悲劇的ではなく希望がもててよかったです。
感動しました!! (さばきち)
2006-06-13 21:04:44
TB&コメントいつもどうもです。

あ~るさんおすすめの「RENT」、期待以上の素晴らしさで大満足です!

さっそくアマゾンでサントラを購入して聞きまくっております。

ラストはすごくよかったですね。一人ひとりの表情が素敵でした。ただ、そのちょっと前、ミミが生き返った?のにはちと苦笑いしてしまいましたが・・・。
心をゆさぶる (kino)
2006-06-18 01:31:22
遅ればせながら・・・TBありがとうございました!

心を揺さぶる音楽の素晴らしさを また実感しました。

「プロデューサーズ」が良くなかったわけではないけど

「オペラ座の怪人」や「ミス・サイゴン」「レ・ミゼラブル」など

耳に残る美しい楽曲が素晴らしいミュージカルは

良いですね、やっぱり!

秋(冬)にやってくる舞台、観たいなぁ・・・。
実物を・・・ (さばきち)
2006-06-18 20:12:59
日本公演、観たいです!本場とまではいかなくても、あの雰囲気を生の舞台で感じ取りたいです、やっぱり。

しかし、ほんとに「RENT」は音楽が素晴らしい!サントラ買ったんですが、ここ何日かエンドレスでずーっとかけっぱなしですよ。

コメントを投稿

映画「や」・「ら」・「わ」行」カテゴリの最新記事