我輩は凛太郎である/そしてその母紗夢猫(しゃむねこ)である+ワン!

凛太郎♂(15歳)ミニチュアダックスとハク♂(11歳)和犬雑種+その飼い主ニンゲンの皮を被ったネコ婆♀が繰り広げる日常

暑すぎてエアコンも不調?

2019-08-06 01:03:51 | そしてその母紗夢猫である

猛暑お見舞い申し上げます。

毎日うだるような暑さですが、読者の皆様お変わりありませんか?

我が家は、3日ほど散歩をサボりました。
昨日から、短めの散歩で再開しましたが、地面の熱さ具合を見ながら、ワンズの様子を見ながらです。

さて、話は変わりますが、あまりの暑さ故か、働かせすぎたせいかエココンがおかしくなりました。

どういうわけか、夜になると冷えが悪くなる。
それで、昨日、暑い中室外機対策を施しました。

最初、スダレを室外機の前に垂らしていたのですが、あれこれ検索していましたら、室外機からの距離は1mが良いようなのですが、私は80cmくらいのところに垂らしていました。

強烈な西陽が当たるので、スダレの隙間を通して日当たり良好になってしまいます。80cmだと室外機から出る温風でスダレが揺れていました。
やはり近すぎたのでしょうね。なのでオーニングに変更して、1m空けました。室外機から出る温風も邪魔しません。

室外機前のオーニングはトユ(雨樋)にくくりつけています。
この作業だけで、もうクラクラになり、家に避難。しばらく床に寝て、頭に濡れた手ぬぐいを巻き、体を冷やしました。起きたら床に体温が移って、床がぬくぬくになっていました。
少し気温が下がってから、第2段、画像手前のオーニングを軒下の梁とカーポートにくくりつけました。
これで、南から西へとぐるっと回ってくるお陽様対応はできました。

経済効果はあるかもしれませんが、夜に効きにくくなるのに、昼間の対応している私はかなりマヌケだったなぁと、今、このブログを書いていて気が付きました(⌒○⌒;

そして、部屋も少し暗くなりました。室外機の健康?のためガマン。

せっかく対策したのに、昼間の快適エコ自動運転がどうもおかしい。
室温は24度、冷えすぎで寒いのに「お知らせ機能」は、「お部屋の温度29度」って言うし、冷房設定温度は28度になっているのに(エアコンが勝手に設定する)、とにかく寒い。
絶対おかしい。取扱説明書を見ていたけれど、わからない。
考えるより聞いたほうが早い!
ということで、ダイキンのお客様相談室に電話をしました。
「一度コンセントを抜いて、再度コンセントを入れてやってみてください」とアドバイスを受け、やってみたら今度は明らかに30度以上ある外気温を「28度」とお知らせ機能がしゃべります。

もう一度、コンセントを抜いてやり直し。今度は外気温はほぼ正しく判断しましたが、室温が以前実際の温度と全く違う。

我が家の屋根が鉄(ガルバリウム鋼板)なのと、天井の形態が三角で、熱い空気が上部に溜まっているからその室温で判断しているのかもということでした。
確かに、コンセントを抜くために脚立に乗っただけで体感温度が変わりました。
なので、サーキュレーターをエアコンの傍で真上を向けて回したら、お知らせ機能がちょっとだけ現実に近くなりました。

こんなに暑いと冷房無しでは生きていけないと大げさなことを思う今日このごろです。
会社勤めをしていた頃は冷房が大嫌いで、冷えすぎて体調を壊すほどだったのに、変われば変わるものです。

昨日は第2段の室外機対策の後、散歩に行ってから、凛太郎を久々にお風呂に入れ、続いてハクも入れるつもりだったのに、凛太郎を乾かしている最中にちょっとした事件が起こりました。
そして、私は電池切れになってしまいました。

ハクには、「凛ちゃんのあとにハクもお風呂入ろな」と何度も言っていたので、ハクも心の準備をしていたようで、肩透かし?
なんで凛太郎だけ?というような目をして私を見るのです。
「かあちゃん、もう眠とうてアカンねん。ハクは明日入ろな」と言ったのですが、電池切れながらも、自分の汗を落とすためにお風呂場に向かう飼い主の後をハクがついてきました。
これまでに1度もないことです。

次は自分の番だと思っていた様子でした。ごめんね。

で、約束通り、今日の午前中にハクもお風呂に。ここでも小さな事件がありました。
小さな事件は、また今度書きます。

飼い主の寝床ジャックをするワンズです。

ではまた
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 人気ブログランキングへ

応援ありがとうございました。

滋賀県観光情報

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧


コメント   この記事についてブログを書く
« 凛太郎、だいぶしっかり歩け... | トップ | 恐怖の脱糞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

そしてその母紗夢猫である」カテゴリの最新記事