我輩は凛太郎である/そしてその母紗夢猫(しゃむねこ)である+ワン!

凛太郎♂(15歳)ミニチュアダックスとハク♂(11歳)和犬雑種+その飼い主ニンゲンの皮を被ったネコ婆♀が繰り広げる日常

ちょっとした悲劇

2019-08-12 22:54:26 | そしてその母紗夢猫である

一見平和。

でも、ちょっとでもサインを見過ごすと凛太郎が生み出す飼い主のちょっとした悲劇が始まる。
今日はそんな日だった。
凛太郎のサインは家の中をウロウロしだすこと。

吠えて知らせてくれない。

若いときは吠えて教えてくれたのだけど、15歳ころから、だんだんと吠えなくなった。
この前、腰が痛くなったときはケージレストにしていて、その時は変な声を出して教えてくれたけれど、痛いのが治ったら、またもとのダンマリに戻ってしまった。
聞こえが悪くなり、飼い主の声も聞こえないようなのでダンマリになっていったのかもしれない。

朝起きてシッコ、食後2時間くらいで凛太郎はシッコに外に出す。
外に出すと、まだしたくなくても、絞り出してちょっとでも出してくれる。
こういうところは賢いし、協力的だ。

ウロウロしているのに気がついて、抱っこして庭に連れ出すと、地面に降ろしたとたんにシッコが始まるときもある。
こういう時はギリギリまでガマンしていてくれたんだなぁと思う。

シッコが終わって家に入れるとまた寝るので、次に起きた時がシッコのタイミング。

昼ごはんを食べさせて2時間後くらいがまたシッコ。

日中はだいたいそんな感じ、夜中は大丈夫、朝も凛太郎が起きるのが一番遅い。その間はシッコなし。

留守番をさせている時は、たいていガマンしてくれているのだけれど、飼い主が家にいて、この食後2時間位を見逃すとシレっとやってくれる。

今日は、うっかりしていて食後2時間位を忘れていた。
ウロウロしていたかもしれないけれど、全く気が付かなかった。

めったに予定をたてない私だけれど、今日はカーテンを洗う!と決めていた。
なので、洗面所に行ったら、臭い!

えっ!?シッコした?

洗面所の床下収納の蓋の上にしてあった。それも床下収納の取っ手の上がシッコの着地地点だったよう…。

少し時間が立っていたのと、掃除が行き届いていなかったので、雑菌が繁殖したのかニオイがキツイ(TдT)
最初、クッションフロアなので拭いたら大丈夫と思っていたのだが…。

すぐにペットシーツに染み込ませ、いつも使っているヒバ水をスプレーして拭き取り、鼻をくっつけるようにしてニオイを嗅ぐと、全然取れていない!

床下収納の蓋なので、中に染み込んでいないかと、蓋を開けたら、裏側の木の部分が濡れていて、取っ手の部分からシッコが染み込んだ模様。

はぁ~~~~。

蓋をあけたら、ペットシーツに染み込ませたつもりだったのに、シッコが流れ出し、新たに床にポタポタ。

とりあえず、それを拭いて、ウッドデッキに持ち出して、裏も表もヒバ水をしっかりスプレー。
またニオイを嗅いで、裏側の木の部分は取れているのに、ビニールシートの方が取れていない!

ヒバ水ではダメなのかと、アルコール除菌スプレーをかけてみたけれど、やっぱりアカン。
トイレ掃除のマジックリンをかけてみたけれど、やっぱりアカン…

スプレーをかけて、しばらくおいてから拭き取って、ニオイを嗅いでを繰り返しているうちに、私の鼻腔と肺は、シッコ臭で満たされてしまった。
こうなると、臭いの無いところにいてもシッコの臭いが鼻につく。
どこにいても、シッコ臭に包み込まれているような感じ( ̄ ̄□ ̄ ̄;)

ビニール床なのに、なんで取れん!
床下収納の縁にこぼしたシッコも臭い。
こちらも拭いただけではとれない。

最後に使ったのがオレンジパワー、これでほぼ取れてホッ。
蓋の方は、太陽消毒も助けになったかも。

カーテンを洗濯機に入れ、回している間に何度も何度も拭き掃除。
洗濯機の前に床下収納があるので、そこに足を踏み外して落ちないように気をつける。

念のため、床下に収納していたものを全部出したら、縁と底に一部カビが生えていた。
なので、こちらはアルコール除菌スプレーで掃除。

もしも、カーテンを洗う予定がなかったら、夜まで洗面所に行かなかったかもしれない。
昼間のうちに発見できて、本当に良かった。

凛太郎のおかげで、普段掃除しないところができたからラッキーと口に出して言ってみた。
でも、母ちゃんは、ちょっとくたびれたぜ(⌒▽⌒;)

ではまた
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 人気ブログランキングへ

応援ありがとうございました。

滋賀県観光情報

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧


コメント   この記事についてブログを書く
« 恐怖の脱糞 | トップ | 経年劣化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

そしてその母紗夢猫である」カテゴリの最新記事