Diary

text by s.takao_Boo

【金融庁】融資契約手続に伴う抵当権設定登記申請の電子化の状況(日本司法書士会連合会)

2022-05-09 07:07:07 | Weblog

令和3事務年度
第3回「金融業界における書面・押印・対面手続の見直しに向けた検討会」議事次第

配布資料

資料1 デジタル庁説明資料
資料2 日本司法書士会連合会説明資料

上記配布資料にて、日司連様が資料提供しています。

不動産取引時の書面が電子書面で提供できるようになります。
~宅地建物取引業法施行規則の一部改正等を行いました~

の宅建業法の改正と共に、金融機関での書面・押印・対面方式についても今後変化がありそうです。

本人確認に関しても、【犯罪収益移転防止法におけるオンラインで完結可能な 本人確認方法に関する金融機関向けQ&A
を参考にして確認してみてくださいね。
以下、今回の説明資料内で出てきている「犯収法規則6条1項1号ワ」です。

 

☆弊社取り扱い商材についてお問い合わせフォームを準備いたしました!

       ご検討中の商材などございましたら、是非お問合せ下さいませ。

        https://ws.formzu.net/fgen/S30801253/

 

令和3年4月1日改訂の新築建物課税標準価格認定基準表 一覧

 

ベルコンピューターシステムWebショップ

上記では、他いろいろ取り扱っておりますのでご活用くださいませ(^o^)丿

ID確認システムMobile

新登記識別情報対応 QRコードスキャナ

マイナンバーカード・ケース 個人番号目隠し&スキミング防止のダブル・セキュリティ

 

情報提供&blog、随時更新!(^^)!

もしよかったら、見てくださいね。

弊社:株式会社ベルコンピューターシステム

Facebookページ:ベルコンピュータシステム

司法書士・土地家屋調査士業や登記・供託オンライン申請システムについての

情報メール希望の方は:コチラ


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【犯罪収益移転防止法・本人... | トップ | InternetExplorer11は、2022... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事