渉の足跡

SL230とスーパーカブ(90DX)での「バイク旅」をメインテーマとして、ぐだぐだと書き綴るブログです。

北信☆林道の旅2019夏(②信州新町犀川交流センター)

2019-08-03 09:35:51 | 林道ツーリング



2019年7月28日(日)
今回お世話になるのは信州犀川交流センターというところで、そのホームページには、
廃校になった小学校を活用した宿泊施設。1泊大人2,050円、小中学生1,330円という安さが魅力です。
素泊まりのみで調理器具を完備していますので、自炊も可能です。布団・シーツなどの寝具は無料で借りることができます。
と紹介されています。

場所は 長野市の南西部に位置し、長野市に編入される前は上水内郡信州新町だったとのこと。
イメージキャラクターは 可愛い「めん子ちゃん」なのだけど、ジンギスカンが名物ってことは食べちゃうんですよね~





外観は鉄筋2階建ての小学校そのもので、内装は全面的に手を加えられているものの やっぱり学校の雰囲気満点。
部屋は、広々とした12畳の和室で一人で一部屋確定。 あるのはテレビ、テーブル、タオル掛けなど必要最低限のものだけです。
もちろん タオルや浴衣、歯ブラシなどのアメニティーはなく、布団の上げ下ろしや掃除などセルフサービス。

 

 



気に入ったには 調理室が広くて使い勝手がいいのと お風呂にゆっくりはいれること。 それに、いくらでも寝返りがうてます。
左に3回転、右に2回転ぐらい転がっても壁にあたることはないでしょう。

 

 



ただし、エアコンはありません。 私はエアコンなしで寝るタイプなので問題ありませんでしたが、人によっては辛いかも?
たまに小さな虫たちが這いずりまわっているのは 夏だからしょうがないでしょう。

 



バイクで5~6分の市街地には、ガソリンスタンドやコンビニ2軒とAコープがあって食料の調達に困ることはありません。
ちなみに、グルメじゃないオフローダーの食生活は ↓↓↓ ほぼ毎日 こんな感じでした。

 



最近のこじゃれたキャンプ場と同じぐらいの値段で泊まれ、少ない荷物で出掛けられるのは林道ツーリングには理想的な宿かも。
本当は もっと長期滞在したかったのだけど、諸事情により3泊だになってしまったのが ちょっとだけ残念です。  



では、では、



< ← (①降水確率60%の出発)へ戻る > < (③八方尾根スキー場)へ続く → >



     
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 北信☆林道の旅2019夏(①降水... | トップ | 北信☆林道の旅2019夏(③八方... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よしWR)
2019-08-05 23:30:59
いい宿ですね!そしてわたるさんらしい食事も素敵です。次回はぜひ長期滞在で!
よしWRさん (わたる)
2019-08-07 13:52:24
HATINOSUというポータルサイトにライダーハウスとして紹介されている場所です。
ゴールデンウィークに泊まってみようと下調べしていたのですが、夏休みになってしまいました。
連休や週末には団体さんの予約がはいっているようで、長期滞在は なかなか難しいようです。

コメントを投稿

林道ツーリング」カテゴリの最新記事