渉の足跡

SL230とスーパーカブ(90DX)での「バイク旅」をメインテーマとして、ぐだぐだと書き綴るブログです。

北信☆林道の旅2019夏(⑤松代から菅平周辺の林道)

2019-08-08 13:29:22 | 林道ツーリング



2019年7月31日(水)
あと1泊なら大丈夫とのことでしたが、今日で この宿を離れることにしました。 その分、途中で1泊してのんびり帰ることにしたから。
そんなことで、荷物をまとめ8時頃に出発。 3日間、お世話になりました。 たぶん、また来ること思いま~す。

国道19号を北へ走り、松代市街に入る前のコンビニでアイスコーヒーを飲みながら象山地下壕と東豊林道までの道順を確認。
今回は この余裕が欠けていたような気もします?
そして、象山地下壕に着いたのが開場時間の5分ほど前。 受付のおじさんに どこから来たか聞かれ、電気を点けたばかりだけどどうぞとのこと

ここは 第二次世界大戦末期、軍部が本土決戦の最後の拠点として、大本営や政府各省等を移すという計画で作られた地下豪で、
皆神山、象山の下が碁盤の目のように掘り抜かれ、その延長は約10キロメートル余りにも及んでいるそうです。

 

 



内部は思っていたよりも広くて、コウモリが自由に飛び回っていました。 
帰りに入口に掲げられた注意書きを見ると 一人では入ってはイケなかったみたい? 受付のおじさん。ありがとう。

その後、事前確認のおかげで道に迷うことなく東豊林道へ突入。まではよかったのだが、すぐに倒木。 いや倒枝ぐらいだけど
倒枝をずりずり引きずってバイクが通れるスパースはすぐに確保できたけど、これって誰も走っていないってことですよね~

 



予想通り荒れていて一部大荒。 面倒くさがらずにタイヤの空気圧を落とすべきだったと、走り終えたから後悔してしまいました。

 



御林林道の分岐まで来たら東豊林道の続きを ちょっとだけ偵察して、御林林道へ。 菅の沢林道で戻ってくるつもりだったか
でも、県道35に出たときには もうヘロヘロに疲れてしまいました。

 

 



R144のコンビニでカップ麺を食べたら多少体力が回復し、その勢いで菅の沢林道へ突入。

 

 



でも、東豊林道の残り部分や馬洗林道を探索する気力と体力が湧いてこず、菅平から今夜の宿がある清里を目指し走り出したのでした。





帰宅後、熱を出して2日間寝込んでしまいました。 どうも林道探索に粘りがないと思ったら、この時すでに夏風邪の初期症状が出ていたのかも?
でも、本当は風邪の影響じゃなくて年齢のせいだったとすると怖いですね~。 やっと自由に使える時間が増えてきたのに...





では、では



・走行距離 : 201km
・燃費   : 38.3km/L



< ← ④野尻湖周辺の林道 へ戻る > < ⑥清里ユースホステル へ続く → >



    
コメント   この記事についてブログを書く
« 北信☆林道の旅2019夏(④野尻... | トップ | 北信☆林道の旅2019夏(⑥清里... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

林道ツーリング」カテゴリの最新記事