渉の足跡

SL230とスーパーカブ(90DX)での「バイク旅」をメインテーマとして、ぐだぐだと書き綴るブログです。

静岡県の林道探索2017春(②林道諸子沢峯線・樫ノ木峠線など)

2017-04-06 23:05:48 | 林道ツーリング



2017年4月2日(日)
お昼ご飯を食べた後は、入口を確認していた本日4本目となる林道諸子沢峯線へ。 この林道も砂利がほとんど撒かれていないのがグ~。
川久保林道との分岐を過ぎて稜線に出ると展望が開けテンションアップ。 もちろん、この区間はもう1往復でしょう。

 

 



さらに、出口(標識によるとこちらが起点だが )の風景に驚愕。 まさにラピュタの集落。 下栗の里よりこっちの方が、いきいきとしていて好きかも 
お茶の栽培は、徳川慶喜が駿府へ蟄居するときに、同行した家臣団の生活のために奨励したのが始まりらしいのだが、それい以前は何を作っていたのだろう?

↓↓↓ 写真では うまく伝わらないけど

 



次に、本日最後の林道樫ノ木峠線へ向かうのだが、またしても右折と左折を間違うという痛恨のミス。 なにやってるんだろう自分。

これまで、右折と左折を間違えることは まずなかったので、帰宅後に地図を見直してみると...
間違った2ヶ所共に、ダート出口が舗装路に合流し その舗装路がすぐに県道と合流するという道で、最初の舗装路を県道と勘違いしていたと判明。 
まさか松下時子さんの地図の書き方が誤解をまねき易いってこともないでしょうから、静岡県の林道独特でしょうか(?) 
何れにせよ老化や空腹のせいじゃなかったので一安心。 これからは地図をよ~く見て、もう出口だからと気を抜くことがないよう ここに誓います。

そんなことで、なんとか「すみましぇ~ん」戦法で無事 樫ノ木峠線に到着。 しかし、完璧な道案内をしてくださったお爺さんは、仙人だったのかも





その林道樫ノ木峠線は、今日走った中で一番道幅が広い高速林道。 でも、早く走り抜けるのがもったいなくて、もたもたしていると中間地点で突然の雨。
雨宿りしようにも適当な場所が見つからず、ずぶ濡れになってから工事用プレハブ小屋の壁にへばりついて合羽を着るはめになってしまいました。

 

 



合羽を着たらジンクス通り 雨は小降りになったものの支線探索は 出口付近の川島線のみ。 3km弱の長さだったと思うが、楽しめました。

 



そして、よしWRさんとお別れした後は、今夜の宿へ。

 



静岡市街で安宿を探していたら見つけた日帰り入浴施設で、おしゃれな雰囲気がおもしろそうだったので泊まってみることにしました。

   



まず、泥だらけのオフロードブーツを下駄箱に押し込み、フロント前で合羽とずぶ濡れの服を脱ぎ、荷物とヘルメットをフロントへ預けたら、
さっそくお風呂へ。

 



お風呂嫌いオフロードライダーだけど、これは天国。 いゃ~ お風呂最高!
夕食は、これまたおしゃれなレストランでサラダかつ丼(名前は違ったかも?)を かっ喰らい、うねうねと一夜を過ごすことにしたのでした。

 



泊まれる日帰り入浴施設というと、おっさんがパンツいっちょうでうろうろしているイメージがあったのだけど、ここは それを一新。
私のような ちょっとおしゃれなオフロードライダーにはピッタリかも



・走行距離 : 270km
・燃費   : 33.2km/l ← たぶん?



< 静岡県の林道探索2017春(③大井川沿いの林道探索) へ続く... >




  にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静岡県の林道探索2017春(①林... | トップ | 静岡県の林道探索2017春(③大... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
また、行きたくなりました。 (ラオ)
2017-04-07 17:46:42
見ていてまた、走りたくなってしまいました。
私も2、3回間違えて戻ったりしたなぁ。(^-^;
わたるさん、やっぱりお風呂好きだったんですね~。(笑)
ラオさん (わたる)
2017-04-07 22:29:01
こんばんは、
ブログを参考にさせてもらい、ありがとう御座いました。
本当は 道案内もしてもらいたかったのですが、なかなか出発日が決まらず連絡できませんでした。
この辺りまでなら十分日帰り圏なので、また行きましょう。 たまには日曜日のラオってことで

のんびりお風呂も悪くないかも

では、では、
ラオさんに触発されて。 (チェッチェッチェロー)
2017-04-09 07:28:34
林道ツーリングマップを頼りに、同じようなルートを走って来ました。出版された2年前です。
新清水までが遠くて、自宅から100km程あったのには驚きました。
諸子沢峯線の起点は、圧巻でしたねー。民家が1軒ありますが、毎日この風景を見ているのかと思うと、羨ましくもあり、市街地から離れた生活は、大変だとも思い、みんながここにクルマを停めて、感嘆するのを見ているのかな?とも思いました。
また行きたくなりました。
チェッチェッチェローさん (わたる)
2017-04-09 14:06:26
ぎゃはは、「林道ツーリング・ガイドブック36!~37!」と「林道ガイドと恋仇!」読まさせてもらいました。 同じような写真に思わずニヤリ。
この辺りは夏より春先の方が走りやすいかも?

ちなみに、事前調査では自宅から新静岡ICまで127.5km(1時間34分)、休日割引\1,890。 新静岡ICから玉川キャンプセンター 21.6km(28分)でした。
距離はちょっと長いけど時間的には埼玉県北部とさほど変わらず、十分日帰り圏内だと思います。 今度は、ご一緒にどうでしょう。

では、では、

コメントを投稿

林道ツーリング」カテゴリの最新記事