拳真館の空手日記  by井上

脩己会拳真館の一門下生が、日々の稽古を通じて感じたことなどを書いていきます。
(拳真館の公式ブログではありません)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご報告の続き

2005年05月22日 | 空手
ども、昨日の続きです。
昨日は、お礼だけで終わってしまいましたので。(笑)

まず、ケガの状況を。
そもそも、折れたのは、相手の突きを受けたときです。
腕を内側に捻るような状態になったところを、
肘の上辺りを打たれ、曲がらない方向に力が加わって、
簡単にポキリといったようです。

骨自体は、(複雑骨折ではなく)きれいには折れて
いるのですが、折れた上の部分と下の部分が、
かなり離れてしまっていました。
そのため、このままでは自然治癒は難しいということで、
手術することになったのです。


館長がご報告くださったように、手術は意外と難航したようです。
私は全身麻酔を効かされていたので、もちろん何も
分かりませんでしたが・・・1時間か1時間半の予定が、
結局3時間以上かかったそうです。
折れた骨にきれいに縦割れが入っていて、
骨自体がかなり傷んでいたそうで、そのため手術も
大変だったとのことでした。

当初、いわゆるボルトを中心に固定する予定でしたが、
結局骨がもちそうになく、プレートに変更したとのことです。
手術後レントゲンを撮ると、大きな梯子みたいなプレートが、
しっかり骨を繋いで入ってます。

もっともそのプレート、骨を4ヶ所で固定するものなのだ
そうですが、接合部の骨の損傷のため、
両端2ヶ所でしか固定されず、本来よりもかなり
弱い補強になってしまったそうです。
そのため、骨が完全に癒着するまで、通常以上により
大事を取る必要があるとのことでした。


・・・は~、ここまで書くだけで、
かなり疲れました。
(朝昼晩の3回に分けて書いてるのに・・・)
手術後、ビックリするくらい体力が落ちているのを、
退院してからようやく気付きました。
ちょっと散歩しただけで、すごい疲労です。

そりゃ、骨折って、全身麻酔して、挙句に
腕かっさばいてるんですもんね~。
当然と言えば、当然。
ベットで寝てた間は、気付きませんでしたけれど。

今日は、ここまでにしときます。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 退院しました | トップ | 入院生活 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
退院・・・とりあえず良かったです~ (ちかざわ)
2005-05-23 09:21:34
井上さん



無事、手術が終わり退院もされたようで、

とりあえずおめでとうございます。

ただ、皆様も心配されているようにプレートを

固定しているボルトを取り去る手術が今後控えて

いるのでしょうか?

この際、しっか静養されることを希望いたします。



自宅のPCが不調でブログに入れず、状況心配でした。



初めまして (野田)
2005-05-23 10:11:54
友和会の野田と申します。

SCNのブログにコメントして下さって、ありがとうございます。



試合で腕を骨折されたとは、激しい戦いをされたのですね。

稽古で骨折をしている自分を恥ずかしく思います。

早く完治するよう祈ってます。



これからも拝見させていただきますね。

re: ちかざわさん、野田さん (井上)
2005-05-25 12:21:03
>ちかざわさん、

いろいろご心配をおかけしました。

手術前後、ケータイにも励ましのメールを頂き、

ありがとうございました。

月曜の数少ないお相手でしたのに、

申し訳ないです。





>野田さん、

ようこそ、おいでくださいました。

Googleで「空手 骨折」などいう不届きな

検索をしていて、SCNさんのサイトを知りました。

とても良さそうな雰囲気でしたので、

書き込みをさせて頂いた次第です。

今後とも、よろしくお願いします!

コメントを投稿

空手」カテゴリの最新記事