【甘露雨響宴】 The idle ultimate weapon

 かんろあめひびきわたるうたげ 自作涅槃長編活劇[100禁]

KEITH【8】リタール

2009-12-02 | 4-0 KEITH




 KEITH【8】 


「例えば森の樹木伐採もその森を茂らせるため必要、しかし、採り
 すぎはいかん。森が死んでしまう。動物が畑荒すなら動物を狩る
 はいいだろう。但し、増過ぎた動物に限ってだし、尤も、動物が
 畑を荒す原因の方を改善すべじゃね?地上に当前ある植物と動物
 と共存出来ないそんな地上の清潔な循環を頭に入れていない人間
 が自分半径3m程度しか見ないで生きてそんなことに無関心、昔
 地球は破壊寸前だったよな?それくらい知ってるだろ」

「 ...そう...ああ、知ってる」

「そうだ、お前たちは知っている程度、知識。それはいいんだが...
 そういうことを俺たちは常に頭に入れている。だから当前の清潔
 循環を過去の人間のように濁らせない」

「 ...まるで神のように創造すると言うのか?」

「あのな、俺たちはもともと地上には余剰なんだよ
 いらない存在。てめえの分をてめえで作ってるの」

「 ...何故海賊をする?」

「そこまで訊いていいのはクルーだけだ
 それを知りたきゃ、船長に会うんだな」

「ミ・ロアには教えられないのか?」

「教えるには100年かかる。自分で鮮やかに脳を使って思考するを
 せず、頭で知識することしか癖していないお前たちに何言っても
 〔知った〕にしかならない〔わかった〕にならない」

「わかった になるために100年?」

「わかりたいだけコースは21日 てのもある」

「 ...どういうことだ?」

「わかりたい熱量の違い」

「 ...。」

「お前なあ、今まで自分のことで精一杯だっただろ?
 今もだ。そういうの、知ったところで容量オーバー」

「 ...そうだな」

詰まった俺にシータは無表情で話を変えた。

扉の正面奥、左奥の階段の横に存在していた高さは俺の身長より低く幅3mほどの扉付の小部屋のような大掛かりな機械のようなアンティークな彫刻装飾が施してあるのに近代科学の匂いのする―その扉をシータが開けた。

扉の中は壁―中央に綺麗に並んだグラスメーターが縦に光る。

何の機械...?

グラスメーターの両側全面は壁で、引き出しになっているのか真ん中下方に取っ手がある。

「これは先ほど言った分解装置。この船と一体化しているから誰が
 作ったというモノじゃない。仕組みも何もわからないが、使い方
 は簡単。教えておく」

また...芯は秘密か...まあいいが。

「左と右を間違えるなよ?」

シータは真面目の顔をして言うが、左の引き出し取っ手の下には〔材料〕右の引き出し取っ手の下には〔出来たもの〕とでかい文字の紙が貼ってある。

俺はリアクションに困った。

シータは冗談か本気か、変わらない生真面目一本で続けた。

「船の中のダビはこの左側に繋がっているから1日に5回、勝手に
 分解中。そのときは、このランプが点滅しているから、使用禁止
 使用可能のときに、左に分解したい材料を投入。人の死体とか?
 朽ちた木々も有害プラスチックも猛毒の植物でも、何でもイケる
 パネル操作で、分解保管だけか作りたいものかを入力。分解だけ
 なら勝手に分解して保管庫に勝手に運ばれるので、右側には何も
 出て来ない。作りたいものを指定ならそれが右側に現れる。生成
 するに足りなかったら保管庫から勝手補充されて余ったら勝手に
 保管庫に収まっていく。左側に入れる材料がない場合は作りたい
 ものを入力すれば、保管庫から勝手に調達して来て右側に現れる
 それだけだ」

「 ...それを俺たちが?」

「ミ・ロアだけとは限らないが、誰かに指示されたら作る
 あ、人間も動物も作れるけど責任もてなきゃ作るなよ?」

そんなバカなコトを思いつくはずもないのに。

思わず、遂に笑いそうになったが、シータが神経質な真顔だったのでやめておいた。

「あ、で、こいつの名はリタール

リタール...ダビ...ややこしいな...憶えたが。

野菜保管庫は入ってきた扉から右側がはるか天井まで続く食材の樽棚、左側に水場と作業場とフロア、中央にリタール、左奥の階段が上の野菜室に続いて、その奥が厨房。

リタールの後ろにまたひとつ扉、そこは冷凍室。

俺はそこまでは使い勝手まで憶えた。

待て、右側に出来たものはどうやって移動する?

疑問の顔をした俺を察したのか口にする前にシータが話した。

「ああ、右側に出来たものは、てか、作る前に右側にはこの布を
 セットしておく。布に全て納まるよう引き出しの中、全面敷く」

シータはそう言うとリタールの右側を指した。

そこには麻布のような荒目の乾いた布が重ねてある。

引き出しの中の広さはあの樽と同じサイズなので布はそれ以上に広い...ダブルベッドキングサイズくらい?






KEITHもくじ KEITH【9】につづく。





コメント   この記事についてブログを書く
« KEITH【7】厨房シゴト | トップ | KEITH【9】厨房 »

コメントを投稿