【甘露雨響宴】 The idle ultimate weapon

 かんろあめひびきわたるうたげ 自作涅槃長編活劇[100禁]

KEITH【73】素晴らしい自分本位

2009-12-05 | 4-0 KEITH




 KEITH【73】 


「 ...そんな台詞こそクリスティーナに使えば」

「あのな、今の言葉は俺の本心だっ!結婚詐欺連中と
 一緒にするんじゃない。それもまた、牛になる だ」

「あ.......悪かった」

「それで、どうして経済誌だよ?」

「『シシィ』情報はこの前見たばかりだから最新だが、社長は永遠
 に20歳の女性で、公には絶対に出てこないと言われて謎のままに
 されている。これは記事ではないが...辻褄が合う」

「その最新、12月の記事は?」

「記事は毎号コラムだから俺に意味ないから...見ていない
 知ってるだけだ。なあ、だったら正面から会いに行ける」

「甘いよ、それが社長の部屋に居たとしてもた影武者だ
 そこに居るならクルーが口噤んで俺に隠してもバレる」

「だったら、経済界にも顔の利くクルー...当たらないのか?」

「そんなのも山ほど...あ...ああ!そうかっ!」

「何だ、誰か...?」

ユリウスは咄嗟SPを掌に出して直ぐに喋った。

カメリアっ!ユリウスだ、出ろっ」

カメリア...?

ユリウスは音声をオープンにして俺に、聞いてろ。と言った。

直ぐに威勢の好いカメリアの声がした。

『ユリウス、はいっ、出ました!』

敬語?...ユリウスが怒っているからだろうか?

『大丈夫です、社長室です。誰もいません』

社長室...?

「そうか。お前はイーギンの下僕だよな?
 さて、イーギンを裏切ろうか俺のために」

『え...あ...とってもどっきり。』

「それが返事か?」

『だって俺は今イーギンとはこんなに離れているのに
 ですか?誤解されて修復に大変労働じゃないですか』

「誤解?明らかな裏切りだが」

『裏切らなくても打診あっただけでもう十分裏切り...そう取られて
 しまう、だから誤解はあああ...で今これログ取ってるでしょ?』

「当然」

『くああ...どうしよう...じゃあ、イーギンに相談します』

「裏切る内容を教えてやろう」

『 ...聴きたくありません』

「イーギンに内証でクリスティーナの居場所を教えろ」

ガラガラガッシャーン...。とSPを落とす音がした。

ユリウスは、ぶちっ!とSPを切った。

「え...居場所は?どう...?!」

「居場所訊いたって解決にならない、イーギンを詰める」

「イーギン...?カメリアも、」

「当時クリスティーナに関わっていたクルー
 詰めれば、あいつらが勝手に動いてくれる」

ユリウス...それは恋愛なのか?ゲームなのか...?!

つい今まで空蝉のようだったユリウスが今はすっかり晴れ上がった空のように見える。

ユリウスにイーギンとカメリアについて訊いた。

イーギンはつい半年ほど前にこのザーイン星の、丁度この農場からロマ・リズを超えてずっと南下した南国の海に面してPビーチ、従業員3万を持つ造船会社『FALCON』の代表に就いたクルー。

カメリアは世界全土にその名の知れた巨大アパレル・ブランド『リーベ・フロッス』代表のクルー。

ユリウスとクリスティーナの蜜月当時はイーギンが『リーベ・フロッス』の社長をしていた。そのシゴトと名を訊いてわかった。

俺は違うシーンでこのふたりの顔は知っていた。

カメリアは俺が経済紙面で知っただけだが『FALCON』のイーギンは...向こうも俺を覚えているなら...。

「どうせ、このふたりとは今夜会う。愉しみだ」

ユリウスが嬉しそうにからからと笑って言った。

「え...愉しみ... 」

「お前も会う、見てればいい。尤も泡を食った
 ふたりからお前は詰められるかもしれないが」

「え...!?」






KEITHもくじ KEITH【74】につづく。





コメント   この記事についてブログを書く
« KEITH【72】クリスティーナ・... | トップ | KEITH【74】ユリウスの歓喜 »

コメントを投稿