行政書士もりの日記

石川県で行政書士事務所を開業。奔走しながらも日々の業務を通じて、感じたことなどを綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

入札申請無事完了。

2009年02月28日 | 仕事全般
あっという間の2月でした・・・・。
そして過酷なスケジュールの月でもありました。

正直、競争入札参加資格申請(建設工事)も無事終わり
ほっとしてます。
たぶん、同業の先生方も、ひと段落した週末を過ごしているのでは
ないでしょうか。皆さんお疲れ様でした。

どんな手続きでも言えることでしょうが、締め切りがあると、
やっぱり精神的にも焦りますね~。
焦らないためにも、事前の準備が必要なことは重々わかっているのですが、
そういうときに限って、急な依頼案件が入ったりします。

なんと今月だけでも、徹夜作業を5日ぐらい経験しました。
学生の受験時代と違って、40歳過ぎるとさすがに
つらかったです。疲れもとれません(当たり前ですが・・)

で、昨夜は、そんな疲れた体を癒すために? 知り合いの
社長達を誘って一緒に飲みに行ってきました。





仕事に追われ、そしてひと段落した後のお酒ほどおいしいものは
ありません。

たぶん、こういう息抜きがあるから、また明日も仕事に燃えよう!!
って気にさせてくれるんでしょうね。

つくづくそう実感した2月でした・・・。



■今日も応援クリック、ぽちぽちっとお願いします。

人気ブログランキングへ





コメント

仕事で中国大連へ行ってきました。

2009年02月10日 | 仕事全般



家具輸入に関する契約の関係で、中国大連へ行ってきました。

もちろん行政書士としての渉外業務の一環としてです。
渉外業務というと外国人帰化申請や在留資格を想像されると
思いますが、外国との契約書作成も立派な行政書士業務です。

ただ、準拠法の問題や輸出入に関する税金の問題、商慣行の
違いなど、多々あり、後々のトラブル回避のためには、
最初の打合せ段階から立ち会って、その契約の全てに関与して
いくことがとても大切だと思いますし、また今回もそう感じました。

で、色々と張り詰めた打合せもありましたが、やっぱり打ち解けて
相手方と話ができたのは懇親会でした(笑)

場所は大連で一番と言われる、中華料理「万宝」。
その大きさはまるでデパートです。(店の中でボルボの新車が展示されてました)




造りは全て総大理石。食材は1階にある水族館のようないくつもの
水槽の中から、選んで料理してもらいます。





歓談では、中国人から見た日本に対する手続き上の問題や
それに併せて渉外業務に関与する行政書士への期待など色々
聞かせて頂きました。
そして、日本の国籍取得や在留資格でお世話になっている関係も
あってか、弁護士より相当ステータスが上と思われています。
(頼りがいのある先生という意味です)

たった2泊3日の短い滞在でしたが、ひとりの行政書士
の立場として、とても勉強になり、これからの渉外業務に求められている
行政書士の役割の大きさを肌で感じた3日間でした。

できれば、もう少し語学に堪能していれば、より深い討論ができたのでは
悔やんでいる次第です・・・(泣)



■今日も応援クリック、ぽちぽちっとお願いします。

人気ブログランキングへ















コメント (2)