カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

歴史を感じる映画'1987'ロケ地のスーパー保存

2018-06-10 23:01:29 | 1987

 イ・ハニョル烈士31周期追慕行事が

 

6月1日から9日まで

 

延世(ヨンセ)大学キャンパスで開催された

 

 

 

 

 

1987年6月抗争は民主化の決定的事件だった

 

 

今の民主主義ができるまでに犠牲になった方々がいたということ

 

 

 

 

 

忘れてはいけない

 

 

 

 

 

こんな悲しい事件が二度と起きませんように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

映画'1987'カン・ドンウォン、キム・テリ撮影したヨニネスーパーを見に木浦(モクポ)に来てください

2018.1.9記事 翻訳サイト使用

 

 

西山洞(ソサンドン)一帯近現代美術館通り…撮影当時の姿再現のために協議中


木浦市(モクポシ)が最近観客追求中である映画'1987'の撮影地であるヨニネスーパーを観光商品化する。

西山洞(ソサンドン)に位置したヨンヒネスーパーは映画の中でイ・ハニョル役のカン・ドンウォンとヨニ役のキム・テリがスーパーの前で時局の痛みを率直に話をする場面が撮影された。 また、最後の場面でヨニが街頭のデモ現場に走って行く姿が撮影されるなどヨニネスーパーは映画で占める重要性が高い。

'1987'の撮影地として注目されているヨニネスーパーなど西山洞(ソサンドン)一帯は村全体が近現代美術館通りということができるほど過去の情緒を感じることができる。

西山洞(ソサンドン)路地は近代に日本人遊郭街が造成されたところでまだ過去の建築物が残っている。 ヨニネスーパーの後に太平洋戦争末期空中爆撃を避けるために作った大型防空壕(長さ31M)が残っているなど歴史的傷跡も保存されている。

ヨニネスーパー近隣のシファ村の路地は近代木浦(モクポ)の姿が濃く残っていて

でも1980年代の姿を再現するのに最適な場所であった。

市関係者は"歴史性と商業性を同時に満足させることができる観光商品を作るためにヨニネスーパーを映画撮影当時の姿で再現するために映画製作会社であるCJエンターテインコメントと協議中だ"とし、"映画'1987'の歴史的意味をもう一度再確認して見ることができるキッカケになるように'ヨニネスーパー'を特色ある観光商品として活用する"と明らかにした。



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペ・ジョンナム"デビュー前カ... | トップ | オオカミと呼ばれた人間兵器[... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

1987」カテゴリの最新記事