カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

キム・ソンギュン、"'80ライン'系図の整理、チョ・スンウ=兄さん、友達はカン・ドンウォン"

2018-09-26 21:43:41 | ゴールデンスランバー

ドンウォンくんの映画に大当たりが無い…

 

 

 

ドンウォンくんのニュースも無い…

 

 

 

お天気もよくない…

 

 

 

 

 

 

すきり秋晴れの心になりたーい! 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

キム・ソンギュン、"'80ライン'系図の整理、チョ・スンウ=兄さん、友達はカン・ドンウォン"

2018.9.26 翻訳サイト使用

 

 

社会生活すると時々系図が絡まる時がある。 俳優キム・ソンギュンが‘80年生まれライン’の系図整理秘話を公開して関心を集めた。

映画‘明堂’(ミョンダン)に共に名前をあげたキム・ソンギュンとチョ・スンウは同じ1980年生まれだがチョ・スンウが早生まれで、キム・ソンギュンがチョ・スンウを兄さんと呼んでいる。

系図がこのように整理されたのはキム・ソンギュンが芸能界の早い81年生まれと友達になったことと関係がなくはない。 キム・ソンギュンは映画‘ゴールデンスランバー’で共に出演したカン・ドンウォン、キム・デミョンと同年齢の友達で有名だが、ここでカン・ドンウォンがはやい81年生まれだ。

‘明堂’のインタビューで会ったキム・ソンギュンは“俳優キム・デミョンがすっきりと整理した。 チョ・スンウさんがはやい80年生まれで、学校では1年先輩で、兄さんと呼ぶのが当然と考える”と話した。

 


 

もちろんその中にはチョ・スンウに向けて格別なファンであることも宿っていた。 キム・ソンギュンは“チョ・スンウに対する格別な尊敬心がある。 私があまりにもファンだ。 ‘いかさま師’、‘春香伝’、’クラシック’のような作品が記憶に残る。 あまりにも良い作品をたくさんして元老俳優のような感じがする。 今後行儀正しく迎えなければならないようだ”と笑って話した。

映画‘明堂’(監督パク・ヒゴン)でチョ・スンウとキム・ソンギュンはそれぞれ天才地官パク・ジェサンと権力者の2因子キム・ビョンギ役を担って呼吸を合わせた。 ‘明堂’は土地の気勢を占って人間の運命を変えることができる天才地官パク・ジェサン(チョ・スンウ)と王になることができる天下明堂を占めようとするこれらの対立と欲望を描いた作品だ。

キム・ソンギュンは“現場であまり会えなくて惜しかった。 合計で2シーン程度あったが、現場でとても楽しかった。 一緒のシーンがもっと多かったら良かったと惜しい感がする”と話した。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Netflixで映画 『人狼』 10... | トップ | カン・ドンウォン、スペイン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ゴールデンスランバー」カテゴリの最新記事