「翁の“ガハハ”な山家の暮らし」=放念な日々のエピソード

四方を山に囲まれた小さな盆地、その山家で四季に戯れて婆と暮らす翁のエピソード、我が道を行くだわ。   (放念の翁)

◆負のスパイラルが◆   3946

2018-03-12 08:11:23 | 日記

あ、翁さん、ゴルフは翁さんが出られなくて残念だが、23日にいつものコースで三郎さん、梅二さん、それに三郎さんの従兄弟の4人で回ることになって。久しぶりのプレーがどんなスコアになるかだ、ファハハハ』、『こんちわ、八郎さん。まだ遅霜があるだろうが、もう冬日はないだろう。ゴルフコースは芝生が禿げて1年で一番難しい時期だが、スキル・アップにはなるわ、ハハハハ』

れからジャガイモを蒔こうと思って作業着に。ゴルフスイングは体力、筋力、握力などで自分スタイルのスイングを固めようと思うが、がなかなか出来ないわ、だからスコアも不安定で』、『テレビで見るプロのスイングは100人が100態、理屈が役に立たないことが多いわ、言うなれば正解が無いと言うことだろうな。要するに変則でも自分に合理的で球が飛びスコアがまとまれば良しさ』

や、俺もそう思うのよ、プロは数多くの球を打ち、自分の理論を確立しようとしている、だから複数のプロのレッスンの真似は出来ないと言うことだろう。それがゴルフの面白さだろうが』、『ゴルフ雑誌は役には立たないと言うことだよ。ベテランのプロでさえ自分のスイングが分からなくなり、トーナメントで予選落ちにも、ファハハハ。道具も一緒、自分に手懐けないとだな』

碁の藤井聰太若手プロの師匠杉本昌隆さんは、師弟関係で育てた頃に、定石を気にしたり、指した手に余計な口出しはしなかったそうで。要するに発想を大事にするのだろうが、ゴルフなら自分だけのスイングだな』、『俺は50年悩んで来たが、未だに悩んでいる、それもゴルフの面白さなのさ、ハハハハ。婆さんの退院やリハビリの計画が決まらないので、ゴルフの予定が入れられないわ』
                                               

                 

あとがき==人生もゴルフスイングも自分の夢を追いかけ、その願望がストレスに、「少欲知足」だそうだが、ガハハハ==放念の翁

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆日々是口実で生き◆   3... | トップ | ◆永代供養様変わり◆   3... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おばさん)
2018-03-12 22:50:43
人生幾つになっても前を向いて
歩むことが大切だと・・・・
はい 分かりました
刺激の習慣 (放念の翁)
2018-03-13 06:58:56
おばさん 様

いつもながらにお元気で活躍をされているご様
子意識をされて前向きに生きるのは先の話でし
ょう。
我々世代は好奇心と向き合いませんと、直ぐに
緊張感を失いだらけて老け込んでしまいます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事