「翁の“ガハハ”な山家の暮らし」=放念な日々のエピソード

四方を山に囲まれた小さな盆地、その山家で四季に戯れて婆と暮らす翁のエピソード、我が道を行くだわ。   (放念の翁)

◆心身の退行も試練◆   4046

2018-07-09 20:24:35 | 日記

『あら、あら、あら、翁さん、お帰りになりましたね、お疲れ様でした。お留守の見回りに息子さんが来られていたようで。暑い日が続いていましたが、病院なら空調機がんがんでしょうから、ホホホホ』
『おやおや、弘子さん、我が家の様子を見に?、ありがとうございます。暑い時期の戸締まりは家の中が蒸れてしまうので、空気を通さないと。いろいろと病院では検査があってね、ファハハハ』
『腎機能の低下ですか?、何かと影響が出てきている?、でも手術はしないでお薬で治療が出来るのですね?。奧さんの介護疲れがおありなのではないですか?。ご自分で食事のコントロールも大変でしょう?』
『こんな年になって食品交換表などの勉強をさせられる、考えてもみなかったわ、ファファファ。それにこれからはいよいよ一人暮らしに、健全な過ごし方も考えないと、お邪魔虫になってしまうだろうから、ファハハハ』
『翁さんは、ご趣味をいろいろとお持ちですから、孤独を上手に楽しまれると思いますね、ホホホホ。・・・・そうそう、週に1,2回でもブログは続けて欲しいですよ、“空っ茶会” のかわら版ですから』
 
                      

あとがき==好奇心が脳の若さを保つそうだが、虚無と向き合う時間が長くなって、ガハハハ==放念の翁

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●日本一の富士サンディ● | トップ | ◆針が飛ぶ音盤だが◆   4... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (呑兵衛あな)
2018-07-10 13:38:34
山の景色。
見かけない景色だと思いましたら、絵画でした。
どちらの山でしょうか
無理なさらないで! (ぐらマザー)
2018-07-10 15:55:03
人より苦労しているのですから、
これ以上頑張れとは言えません。
理なさらないで…
お粗末です (放念の翁)
2018-07-10 17:41:41
呑兵衛あな 様

お尋ねをありがとうございます。
油絵は群馬県の妙義山ですが、下手の横好きその
もので、この絵はコテだけで描いておりまして。
弱り目 (放念の翁)
2018-07-10 17:48:57
ぐらマザー 様

しばしばのお尋ねを、そして励ましていただきあ
りがとうございます。

さすがに入院で体が鈍って体力が戻りません。
これが老人なのでしょうが。ファハハハ

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事