須玉日記

母と子、たまに父による写真日記。

世田谷線を歩く 2

2019-01-17 09:49:29 | 街中風景
2018年1月17日 <母>

濃いピンクとブルーの車体が並びました。





成人式帰りのお嬢さんたち。
ここは吉田松陰を祀る松陰神社があり、駅名も松陰神社前。

昔ながらの商店街と、若い力を感じる新しいお店とが
うまく融合している楽しい街になっています。

以前は、祖母、伯父、伯母、従妹たちがいっぱい住んでいて
賑やかでしたが、今は叔母が一人で住んでいます。






交通量の多い環状7号線とクロスするここには遮断機は無く、
電車が近づくと車の方の信号が赤になり、そして電車が通る、
と、言う変則的な場所。






信号が変わり電車がGO。
夕陽に光る線路が印象的でした。






寄り道しながらもようやく終点三軒茶屋に到着。
思ったよりずっと楽に歩けました。



明日は三軒茶屋にあるキャロットタワーからの景色をアップします。

コメント (1)

世田谷線を歩く

2019-01-16 10:31:02 | 街中風景
2019年1月16日<母>

ぽかぽか陽気だった1月14日、東急世田谷線を歩いてきました。
世田谷線は下高井戸から三軒茶屋まで全10駅、駅と駅の間は
短い所で300メートル、長くても800メートルです。

私が子供の頃は玉川電車、通称玉電(たまでん)と呼んでいて
沿線に親戚があったのでよく乗っていました。

何ヶ所かにあった「併」ってナニ?






全部青い。
空、電車のボディー、線路。
あ、マンションのベランダの色も!






三軒茶屋~下高井戸間を走る路線。
電光掲示だとなかなか掲示がはっきり写らないのですが、
珍しく両方写っている、と思ったら、、、
二軒茶屋になっていました。

小田急線とクロスする山下駅にて。






当日は成人式、世田谷八幡宮に立ち寄ると
家族でお参りの人が多かったです。

穏やかな晴天に恵まれた大人への第一歩、
晴れの日ばかりではないでしょうが
頑張って欲しいですね。






危ない!
という事はありません、通過した電車ですから。






この女性も危ない!と思ったのですが、よく見ると、
こちらに向かってくる電車は、まだ駅に停まっているのでした。
踏切もまだ降りていません。



コメント (2)

水仙ロードを行く

2019-01-15 09:37:21 | 
2019年1月15日 <母>

三浦海岸の小旅行、少し写真の順番が戻りますが
公園を出て海岸線へ向かう途中目を引いた物、
それは、公園の展望台から見えた東電の火力発電所の
解体現場でした。

壊して新しいものを作るそうですが、
どれ位の時間で完成するのでしょう。






そして、このトンネルを抜けると水仙ロード。
正式にはここもロードの一部ですが。






水仙と海が見えて来ました。






ここはバス停、のどかなバス停風景に心惹かれ、
バスが来るまで待っているというノンビリ旅でした。






浜で遊ぶ兄と妹。






所々にどんど焼きの準備がされていました。



帰りは一駅先のYRP野比駅から電車に乗って帰りました。
穏やかな日に、花を愛でながら海沿いの道を歩けた良い一日でした。
写真はすべて<父>

コメント (2)

穏やかな海

2019-01-14 09:22:23 | 
2019年1月14日 <母>

海岸線に出ると海はキラキラ、
波静かな海岸線に冬の厳しさは無い。






引く波が砂に描く模様、ぼーっと見ていると、
考え事をするのに最適な環境の気がしました。






湾内だから、荒天の日でもそれ程荒い波は無いのだろう。
いつも穏やかな海、、、。勝手な想像ですが。






波音はBGM、眠りを誘う。
でも、寝ている場合ではないので歩きだしました。



コメント

東京湾横断フェリー

2019-01-13 10:36:34 | 
2019日年1月13日 <母>

「くりはま花の国」の中にあるレストランでランチ。
季節外の平日で他にお客はだれもいませんでした。

そこからの眺望が抜群!
フェリーが久里浜港を出港して行きます。






対岸、千葉県の金谷から来たフェリーとすれ違い。






ここ東京湾の奥にはいくつかの港や埠頭があり、多くの船が出入港します。
大型コンテナ船や大型客船が通る時間帯に是非来てみたいです。






金谷からの船が入港しました。






船からトラックや乗用車、バイクも下りて来ます。



このフェリーで対岸まで行き、下船はせずに戻って来る
「遊覧乗車券」なるものがあります。
約1時間40分のミニクルーズ、大人1320円で東京湾の船旅、
次回は是非乗ってみたいと思います。

コメント (6)

三浦半島 小旅行

2019-01-12 14:03:20 | 公園・庭園・美術館・水族館
2019年1月12日 <母>

前日の新聞で、横須賀市野比海岸沿いの水仙ロードの
水仙200万株が見頃との記事を見つけ、即決。

今日は小雪もぱらつく寒い日ですが、三浦半島に行った昨日は
ぽかぽか暖かく、コートを脱ぎたいほどの好天気。

川崎から乗り換える京浜急行、なんだかリゾート地へ行く雰囲気で
好きな電車です。






歩き始めた所で「くりはま花の国」の看板を見つけ、
寄って行くことに即決。

園内を巡るバス、モチロン乗りません。






あの方たちは何をしているのでしょう、、、。

<父>曰く、苗を植えた所の雑草を抜いているのでは?との事。
私には、種まく人を連想させる光景でした。






子供向けのゾーンには巨大なゴジラ。
尻尾が滑り台になっています。
誰もいないので童心に帰って滑りたかったのですが、
途中で詰まって身動きとれなくなる恐れがありやめました(;^_^A






近くに海がありながら、木に邪魔されて展望が悪かったのですが、
ここで初めて視界が開けました。

対岸は房総半島。
右の煙突は、東電の横須賀火力発電所。

ネットで見ると、
「老朽火力発電設備を最新鋭の高効率発電設備へリプレースする計画」
なる文章が載っていました。



明日に続く



コメント (2)

大國魂神社

2019-01-11 09:09:27 | イルミネーション・ライトアップ
2018年1月11日 <母>

府中の伊勢丹前には、竹を使ったイルミネーションがありました。
とっても小規模ではありますが、一味変わった灯りが印象的でした。













そして通りを隔てた大國魂社、武蔵国の守り神がお祀りされています。
起源は、人皇第十二代景行天皇41年(西暦111年)5月5日大神の託宣に依って
造られたものとのことなので、相当歴史と由緒のある神社ですね。

その参道の様子。






提灯と両側の出店が雰囲気を盛り上げています。






突き当りが神社。
大晦日や初詣の時は相当な人出ですが、
三が日も終わったこの頃は空いていました。

5月5日の例大祭「くらやみ祭り」が有名ですが、
行ったこと無いので東京にいれば、今年行ってみたいと思います。

コメント (4)

暗い夜空でライブコンポジット

2019-01-10 08:24:29 | 太陽・月・星
2019年1月10日 <父>

都会の夜景と星空が同時に写せるのが、オリンパスのライブコンポジット機能の魅力です。
たくさん星の見える郊外では、星の光跡がより美しく表現できるはずです。

1月3日夜は快晴。須玉近くの見晴らしの良い場所まで車を走らせました。
これまでの経験から、ライブコンポジット設定はISO1600、F2.8、20秒露出としました。
カメラはE-M1。対角線魚眼レンズを使用。ISO感度と絞りは通常通りの設定方法です。

注意点は次のとおりです。
・M(マニュアル)モードからシャタースピードを遅くしていくと60秒、バルブ、ライブタイムに続き、
 最後にライブコンポジットがでてきます。わかりにくいですね!
・MENUボタンを押してコンポジット撮影設定。1/2から60秒の露出が選べます。ここで20秒を選択。
 OKを押した後、MENUボタン2回で元のライブコンポジット画面に戻りました。またまたわかりにくい!
・レリーズボタンを押すとノイズリダクション用画像が取得されます。20秒露出なら20秒かかります。
・再度レリーズボタンを押すとやっと撮影が開始されます。やれやれ。

14倍拡大してピント合わせをする設定もわかりにくいです。今回は遠くの街灯りにオートで合わせた後、
マニュアルにして撮影しました。

前置きが長くなってしまいました。<母>から批判されそうですね。
実際に撮影した冬の星座です。中央右寄りに青白く写っている塊りはプレアデス星団(すばる)です。
20秒露出×15回の合成。合計5分露出です。まあまあ良い感じですが20分程露出すべきでした。





北天の星空です。右に北斗七星、左にカシオペヤが写っています。
20秒露出×60回の合成。合計20分露出です。今度は1時間露出をしたいです。



撮影データの詳細機能には、何回コンポジットしたか記録されない様です(調べれば見つかる知れません)。
寒いですが撮影時にメモを取るようにしています。
コメント (2)

今朝の出来事

2019-01-09 12:49:34 | 夕景・夜景・朝景
2019年1月9日 <母>

今朝朝5時半に家を出て目的地に着くと、
まだ暗い中、懐中電灯で照らし大きな石の上を歩く。

約160万年前に生息していたクジラの化石が出たと言われる場所、
牛の背中に似た地形がいくつも重なりあっている所です。
条件が良ければ霧が湧き、真っ赤に染まります。






今年は川の水が少なく、この石がいつになく多く露出していた。
撮影場所を探して石を渡り歩く。
濡れている所は滑ると思い、乾いた石を選んで歩いていたのに、、、
ツルンと滑り、水の溜まっている溝にはまってしまった。
立ち上がろうとして、もう一度ツルン。






ブーツはじゃぶじゃぶ、逆さにして水を出す。
衣類も右側は太もものあたりまでびっしょり。
カメラも濡れた。

不思議に寒くは無く怪我もなかったけど、この後行く予定だった
本命の場所は断念し、写友に家まで送って貰うという顛末でした(´;ω;`)ウゥゥ





コメント (2)

月と金星の接近

2019-01-08 10:59:24 | 太陽・月・星
2019年1月8日 <父>

1月2日の明け方に月と金星が接近しました。早起きの方はご覧になったと思います。
月の滴のように見えた星が、金星(明けの明星)とは知らなかった方も多かったようです。
須玉は東の視界が悪いため、山の稜線から月と金星が出て来てから慌てて撮影しました。

6時42分。かなり接近しています。金星はマイナス4.5等でとても明るい。





6時57分。雑木林越しに。1枚目と比べて、金星に対して月が左下に動いています。





7時16分。明るくなってもまだ見えています。さらに月が動きました。





7時13分。近づいた雲とともに。





7時14分。両手で月と金星を包むイメージ。


photo by haha

1月21日から24日にかけて、明け方の空に金星と木星が接近します。ぜひ見てみたいですね。
コメント (2)