サッカー日誌 / 2009年06月30日


岡田監督の「四強宣言」(上)


ひとり歩きしはじめた「目標」

★高い「努力目標」を掲げた狙いは?
 日本代表チームがワールドカップ南アフリカ大会への出場権を獲得した。まずは第一のハードル越えである。そして岡田武史監督は「本番での目標はベスト4」と語った。
 岡田監督は、どういうつもりで「四強宣言」をしたのだろうか?
 高い目標を掲げるのはいい。でも高すぎると「夢」になる。岡田監督は「夢」を語ったのだろうか? あるいは手の届く可能性のある「目標」を掲げたのだろうか? それとも応援してくれる国民に対して「公約」したのだろうか?
 おそらくは、達成の可能性のある「努力目標」として掲げたのだろう。
 ワールドカップのベスト4は、どんなチームにとっても幸運に恵まれなければ難しい。でも、日本が最善の努力をすれば可能性はあると考えたのだろう。その狙いは、南アフリカでの戦いを準備するために、選手たちの意欲を奮い立たせることにあるのだろう。

★ファンとマスコミへの影響
 しかし「ベスト4」は、ファンとマスコミの間で「ひとり歩き」しはじめた。
 サッカーは好きだが、世界の情勢に詳しくはない仲間が「日本は準決勝までいけそうかね?」と聞く。
 記者会見のたびに「本当にベスト4を狙うのか」と質問する記者がいる。
 こういう質問をする人たちは「ベスト4」を岡田監督の「公約」だととらえている。
 幸運に恵まれれば可能性のある「努力目標」ではなく、不運がなければ当然、実力どおりに達成できる「義務目標」だととらえている。
 合宿のミーティングで選手を鼓舞するために話すのならともかく、マスコミに対して繰り返し語れば、伝えられるたびに、人びとの間で「ベスト4」への期待値は、どんどん高くなっていく。

★過大な期待の反動が怖い
 似たようなことが前回のドイツ大会でもあった。このときは決勝トーナメント進出が「義務目標」になった。主としてテレビの前宣伝が1次リーグ突破の望みは十分と煽りたてた。第1戦でオーストラリアに敗れても、まだまだ望みが濃いように伝えた。
 こういう「前景気」では、過大な期待の反動が怖い。
 期待どおりの成績があげられないと「なーんだ」と失望したファンは、くるりと背を向ける。
 南アフリカ大会の「ベスト4」は、ドイツ大会の「ベスト16」よりも、はるかに困難である。日本のレベルは上がっていると岡田監督は考えているかもしれないが、他の国のレベルも上がっていると考えなければならない。マスコミに対して高い目標を掲げるよりも、自分の心に秘めて準備に最善を尽くしたほうがいい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
サッカー日誌 / 2009年06月28日


ラグビーU20世界選手権を見て(下)


「古き良きラグビー」は終わったのか?

3位決定戦 ニュージーランド 25-28 オーストラリア
決勝戦 イングランド 40-21 南アフリカ
(6月21日 秩父宮) 

★テレビのビデオでトライを判定
 ラグビーU20世界選手権を見て、もっとも驚いたのは、決勝戦でトライの判定にテレビのビデオ映像が使われていたことである。
 インゴールの近くのモールの押し合いで、選手が重なり合った下でボールが抑えられたとき、ラインの内側か外側かが分からないことがある。そのときに、主審は時計を止めて、ビデオの判定を求める。両手で大きく四角形を作るのが、その合図らしい。秩父宮ラグビー場の電光掲示板にも、ビデオの映像が映し出された。
 大相撲でもビデオの判定が使われている。審判が土俵に上がって協議しているふりをしている間に、他の役員が別室でビデオを見て、無線で連絡してくるのをイヤホーンで聞いて、もっともらしく判定する。
 ラグビーでは、それを大っぴらにやっている。

★ノーサイドの習慣は残っているが……
 決勝戦では、そんな場面が何度もあり、そのたびに数分間も競技が中断された。選手たちは、トライだったかどうか分かっているから、すでにプレー再開のために散開して待っている。見ているほうはいらいらする。
 むかしは、主審に見えなくても、選手たちが自分で判定して、次のプレーを続けたのではなかったか? 選手たちがフェアに自己申告したのではなかったのか? それがラガーメンの精神だったのではないか? そんなことを考えた。
 試合が終わると、両チームの選手が並んで、お互いを讃えながら退場する。その習慣は残っている。日本のラグビーが信奉する「ノーサイド」の精神である。
 とはいえ、世界のラグビーは変わって「古き、良き時代」のラグビーの良さが失われつつあるのではないかと思った。

★強化を望むなら組織改革から
 この大会で日本は予選プールB組最下位で、名古屋で行われた13~16位順位決定戦にまわり、最終日にウルグアイに54対17で勝って最下位を免れた。
 新聞に「欧州や南半球のチームがプロ選手をそろえる中、日本はほとんどが大学3年生。一線級の試合経験も外国人との対戦も少ない」(朝日新聞)と勝てない理由を論評していた。ぼくが対サモア戦を見たときに感じたシロート考えは見当違いではなかったようである。
 問題はプロかどうかではなくて、大学ラグビー中心で、クラブ組織の外国に対抗できるかどうかである。国際的にトップをめざして強化するつもりなら、強化計画の前提に日本ラグビーの組織改革がなければならない。
 一方、大学ラグビーの伝統を大切にし「古き良きラグビー」を守って行くのも一つの見識である。国際的な活躍は期待できなくなるが、古典的スポーツ文化保存の価値はある。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
サッカー日誌 / 2009年06月27日


ラグビーU20世界選手権を見て(中)


ラグビーの変わりように驚く

ニュージーランド 31-17 オーストラリア
イングランド 40-21  南アフリカ 
準決勝(6月17日 秩父宮)
 

★ラインアウトのリフティング
 ラグビーのU20世界選手権を見て、ルールや運営が大きく変わっているのに驚いた。久しく試合を見たことがなかったので、ぼくが無知だったからである。
 ラインアウトでボールを投げ入れるとき、ボールを受ける側が、フィギュアスケートのペアの演技で見られるように、仲間を高く掲げ上げる。スケートのペアでは男性1人がかわいい女性を支えるが、ラグビーは2人がかりで大男をリフティングする。
 もう、だいぶ前から行われているとのことだが、ぼくは「ラグビーらしくない」と違和感を覚えた。
 学生のころサッカー部仲間と冗談で「ゴールキーパーがボールをシャツの下に押し込んで、相手ゴールまで持ち込んだら反則か」と議論したことがある。「非紳士的行為だ」という結論になったが、それと似たような感じを持った。

★時計を止める
 「リフティング」についての違和感は、ぼくの無知から出ているのだろうが、そのほかにも「初めて」のことがいくつもあった。それは、この大会でIRB (国際ラグビー・ボード)が10項目のルール改正案を「実験」として行っていたためもあったようだ。検討中の新しいルール案を実験的に一部の大会でやってみることは、サッカーでもある。
 ラグビーの実験ルールの一つが「時計を止める」ことだった。長くプレーが中断するときに、主審の合図で時計を止める。電光掲示板の時計も止まる。バスケットボールやフットサルのように、アウトオブプレーになるごとに止めるわけではない。どういうときに止めるのかは、よく理解できなかった。
 試合中に時計を止めるから「ロスタイム」はない。前後半、40分になると本部席でブザーを鳴らす。ブザーが鳴ったときに進行中のプレーが一段落したら終了である。

★プロもアマも同じルールで
 だいぶ前の話だが、FIFA(国際サッカー連盟)でも「時間を止める」案が議論になったことがある。FIFAがその案に賛成しなかった理由は「世界中で行われている多くの試合すべてにタイムキーパーを置くことは不可能だ」というものだった。
 ワールドカップや国内のトップクラスのリーグ試合でタイムキーパーを置くことは、それほど難しくはないだろう。しかしFIFAの理念は「トップクラスのサッカーも、世界中の子どもたちのサッカーも同じでなければならない」というものである。草の根の試合でやれないルールは採用しないという考え方である。
 「プロだから別のルールでいい」というのはサッカーの考え方ではない。「プロもアマも同じサッカーを」というのがFIFAの方針だった。試合時間は主審の時計に任せておいていいという融通のきく考え方のほうが「フットボールらしい」と、ぼくは思う。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
サッカー日誌 / 2009年06月25日


ラグビーU20世界選手権を見て(上)


大学スポーツが強化の足かせ?

イングランド 37-7 スコットランド
サ  モ  ア 29-20 日  本
第2日予選プールB組(6月9日 秩父宮)

★ラグビーはどう変わったか
 ラグビーの試合を見に行った。日本の4都市で開かれたU20世界選手権である。日本の試合は予選プールの対サモアを見た。
 ラグビーは、若いころに取材したことはあるが、その後、久しく見ていない。急に思い立って見に行ったのは、その後、ラグビーがどう変わっているかを知りたいと思ったからである。
 競技規則(ルール)はかなり変わっている。アマチュアリズムに凝り固まっていた理念は完全に崩れて「商業化」の波に洗われている。プロ選手も生まれている。大会運営、競技レベル、代表チームの強化などの面での変化を知りたいと思った。
 変わっていないことも目についた。それは、日本のラグビー、いや日本のスポーツの「あり方」である。

★日本の弱点は個人の判断力?
 いろいろ思いついたことはあるのだが、ラグビーに詳しくはないので見当違いかもしれない。機会があれば専門家に聞いてみようと思う。ここでは、シロートが試合を見て思ったことを書いてみる。そのつもりで読んでいただきたい。
 日本代表は、第1戦では優勝候補のイングランドに敗れている。日本は「予選2勝でベスト8へ」を目標としていたから、第2戦はぜひ勝たなければならなかった。しかし、前半に大きくリードを奪われ、後半の追撃及ばず9点差の負けだった。
 ラグビーに詳しい友人に聞くと、体格の差が大きい、それにキックがヘタだと言う。試合に表れたところでは、たしかに、その通りだろうと思った。
 しかし、ぼくがシロート考えで思ったのは、選手ひとりひとりの「判断力」に問題があるのではないか、ということである。

★上の年代に学ぶ機会が少ない
 日本の選手たちは、よく鍛えられているようだった。タックルは鋭いし、モールの押し合いでも負けていない。しかし、大きくリードされているとき、あるいは残り時間がわずかになったとき、どういうプレーを選択するかという判断には疑問を感じた。
 判断力の差を生むひとつの原因は、試合経験の差である。
 U-20の大会だから、日本の選手は大学所属で、国内では大学リーグでプレーしている。仲間も試合相手も、みな同じジュニア年代である。ところが外国の選手は、クラブ所属で、上の年代の選手とチームを組み、上の年代の相手と試合をしているらしい。
 日本の大学選手はよく鍛えられているが、経験を積んだ上の年代のプレーヤーに学ぶ機会は少ない。それでは判断力の幅が広くならないのではないかと推測した。
 これはラグビーだけでなく、学校中心の日本のスポーツに共通の問題である。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
サッカー日誌 / 2009年06月21日


山本昌邦の解説に異議あり


反則で守るのを賞賛するな!

★「すばらしいファウル」?
 ワールドカップ・アジア予選最終戦、オーストラリア対日本のテレビ中継をNHKで見ていて、解説の山本昌邦の言葉に耳を疑った。後半13分ごろの場面である。
 日本のシュートを防いだオーストラリアが、すぐ逆襲速攻に出た。右サイドから速いドリブルで攻め上がるのを岡崎が追いかけ、ハーフラインをこえて10メートルあたりで、腕で相手をひっかけて止めた。明らかな反則である。
 山本昌邦はすかさず「いいファウルですね」と解説した。そのあと「ファウルをほめることはできませんが……」とフォローしながら「すばらしいプレーです」と続けた。
 相手の攻めをファウルで止めるのは「フェアプレー」の精神に反する。ルールに従って勝負を争うのがスポーツだからである。「代償として相手にフリーキックを与えるのだから反則をしてもいいんだ」という考えは正しくない。

★テレビの影響力を考えろ
 相手の攻撃を反則で止める場面はときどきある。勢いあまってファウルになることもあるし、意図的に反則することもある。そういうことが横行するとサッカーの健全な普及と発展を妨げるから、FIFAは「フェアプレー」のキャンペーンをしているし、審判は明らかな「得点機会阻止」の場合にはレッドカードを出すことになっている。
 「ファウルで止める」ことがある現実を無視しろというつもりはない。
 しかし、テレビの試合中継は、多くの子どもたちや、若いプレーヤーや、サポーターが視聴している。その影響力を考えると、ファウルで止めたのを「すばらしいプレーだ」などと、権威がある(と思われている)解説者が話すべきではない。
 山本昌邦は自分の思いをそのまま口に出したのだろうが、マスコミの影響力を考えに入れないような発言をするようでは「プロ」に値しない。

★中盤のFKからゴール
 この右後方のフリーキックからオーストラリアが同点にした。大きくゴール前へ放り込んだのをケーヒルがヘディングで決めた。
 翌日、コンフェデレーションズカップのテレビ中継を見ていたら、ブラジルが同じような位置のフリーキックから得点した場面があった。
 オーストラリアにせよ、ブラジルにせよ、ゴール前への放り込みが、たまたまゴールにつながったのではない。コーナーキックやゴール近くでのフリーキックの場合と同じように、いろいろな攻め方を工夫している。その精度はますます高くなってきている。それが成功したのである。中盤の反則でも、その報いがある。
 ただし、報いがあるから「ファウルをほめるな」というのではない。ゲームの精神とマスコミの社会性を考えろと言いたい。

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )
サッカー日誌 / 2009年06月20日


センターバックの層が薄い


W杯アジア最終予選A組
オーストラリア 1-2 日本
(6月17日・メルボルン)

★消化試合の皮肉な「収穫」
 ワールドカップ予選の最終戦は、完全な「消化試合」だった。オーストラリアも日本もすでに南アフリカ大会進出が決定している。勝敗に意味はない。組まれている日程を片づけるだけである。
 消化試合だけれども、日本にとっては皮肉な「収穫」があった。それは「センターバックの層が薄い」という弱点が改めてはっきりしたことである。
 結果を問われない試合だからベストの顔触れで戦う必要はなかった。日本は中村俊輔、遠藤保仁、長谷部誠らを遠征メンバーから外して中盤の新しい組み合わせを試した。主力選手がケガをしたり、出場停止になったりした場合に備えて、別のコンビを用意しておくことは当然必要である。
 センターバックは闘莉王と阿部勇樹の組み合わせだった。

★闘莉王-阿部の組み合わせ
 ただし、闘莉王-阿部の組み合わせは予定通りのテストではなかった。中澤佑二もメルボルンに行っていたのだが、現地で体調を崩してベンチにも入れなかった。そこで阿部をストッパーに起用したのである。
 阿部はボランチやサイドバックなど、いろいろなポジションで使われてきている。ストッパーもはじめてではない。しかし、この試合では闘莉王-阿部のコンビが弱点になった。
 日本は前半40分に左コーナーキックから闘莉王のあざやかなヘディングで先制したが、後半に2点を奪われて逆転される。2点ともセットプレーから高いボールを放り込まれたのに対して、守備ラインの中心部分が崩されたものだった。
 後半14分、中盤右後方からのフリーキックでゴール前の競り合い。闘莉王の前でケネディが、背中ではケーヒルが競り合った。闘莉王は前後から挟みうちにあった形である。

★人材不足は明らか
 闘莉王の背中にいたケーヒルが競り勝ってヘディングし、オーストラリアが同点に追いついた。ケーヒルがボールの落下点に走りこんだとき、マークしていた阿部は遅れ、競り合いの背後でカバーしていた。
 阿部は身長177cm、中澤は187cm。10cmの差がある。プレーのタイプも違う。長身のオーストラリア勢相手に、体調がよければ中澤起用だっただろう。
 後半32分の決勝点は右コーナーキックから、またケーヒルだった。テレビの画面では、はっきりは分からなかったが、オーストラリアの策に日本の守りが崩された形だった。
 今後の試合で、相手によって守りの形を変えなければならないこともあるだろう。中澤31歳、闘莉王28歳。若手の起用も考えなければならない。
 センターバックの人材不足は明らかである。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
サッカー日誌 / 2009年06月17日


「お花見試合」をどう戦うか?


W杯アジア最終予選A組
日本 1-1 カタール
(6月10日 横浜・日産スタジアム)

★カタール戦引き分けでお詫び
 ワールドカップ・アジア最終予選A組、最後の2試合は、日本にとっては、いわゆる「お花見試合」になった。南アフリカへの出場権確保が決まったあとなので勝敗を気にする必要はない。「のんびり楽しめばいい試合」という意味である。
 カタールとの試合の後で犬飼協会会長、岡田監督、選手たちが並んで、予選突破報告の挨拶をした。そのときに岡田監督は「ひどい試合をお見せして申しわけありません」と日産スタジアムのスタンドを埋めた6万人のサポーターに対して「お詫び」をした。その後の記者会見では「くやしさでいっぱいです」と語った。
 結果を問う必要のない試合である。1対1の引き分けだった。それでも、真剣勝負で負けたのと同じように残念だったのだろうか? いや、どんな試合でも全力を出しつくして戦うことを選手たちに求めたのだろうか?

★手を抜けない事情もあるが……
 出場権が決まったのだから、南アフリカ大会へ向けて改めて準備のスタートを切るべき試合だったかもしれないが、そうはできない事情もある。
 決勝大会進出を祝ってホームの大観衆がスタンドを埋めている。テレビ中継もある。予選突破で活躍したチームを見せなければ、「応援感謝、進出報告」にならない。だから、これまであまり出番のなかった若手選手を試し、経験を積ませて来年6月に備える場にするというわけにはいかない。
 相手のカタールは、脱落が決まっているわけではない。この試合で日本に勝てば、グループ3位になってプレーオフに望みをつなぐこともできる。そういう立ち場の他のチームのことを考えれば、自分たちにとっては「お花見」でも、メンバーを落として、手を抜いた試合をするのは適当でない。

★状況に応じた戦い方が必要
 この試合で選手たちにトップ・コンディションのプレーを求めるのは無理だった。予選突破を決めたアウェーのウズベキスタン戦から中4日、長旅から帰国して3日目である。体は疲れ切っている。心は解放感にゆるんでいる。
 それでも、岡田監督は予選を全力で戦ってきたときと同じようなスタイルで、同じような戦い方をしようとしたのだろうか? 
 お花見試合であっても勝利を求めて戦わなければならない。また観客とテレビの視聴者にいい試合を提供する責務がある。
 しかし、チームの置かれている状況と選手たちの状態に応じて、戦い方は変える必要はある。いつもネジをいっぱいに巻いて発射していればネジがゆるんでしまう。時には銃を捨て刀を抜いて、いい試合ができなければならない。そういう懐の深さも必要である。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
サッカー日誌 / 2009年06月13日


岡田ジャパンの成果と「これから」


W杯アジア最終予選A組
ウズベキスタン 0-1 日本
(6月6日 タシケント)

★決勝大会進出「おめでとう」
 日本代表チームが、ワールドカップ予選を勝ち抜いて、南アフリカ大会への出場権を得た。すなおに「おめでとう」を言おう。これは岡田武史監督に課せられた「これまで」の課題だった。岡田監督はその任務を果たした。
 出場権獲得を決めたタシケントでの試合は1対0の辛勝だったが、前半9分の1点は岡田監督のチーム作りが狙い通りに実ったものだった。相手が前方に送ったボールを長谷部誠が奪って中村憲剛に送る。そのとき岡崎慎司はすでに前線へのスタートを切っていた。
 相手の守備ラインの間に割り込んで走りこむ岡崎に憲剛から絶妙のパス。岡崎が浮き球を巧みにさばいてシュート。ゴールキーパーがはじいたボールに体を投げ出してへディングして押し込んだ。
 ビデオをなんど繰り返して見ても見あきない。見事なゴールである。

★岡田ビジョンのサッカー
 遠征直前のキリンカップで、岡田監督の試みた二つのアイデアが、このゴールに結びついている。
 一つは、中村憲剛をトップ下に使ったことである。その憲剛が的確なひらめきと正確巧妙なテクニックでアシストのパスを出した。
 もう一つは岡崎の起用である。走り出しの判断の速さ、空中でのトラップの巧みさ、ゴールキーパーのはじいたボールへの反応のすばやさ。文句のつけようのないゴールだった。
 守から攻への切り替えの早さ、攻めのスピードの速さも、岡田監督が描いているサッカーのイメージ通りだった。
 中村俊輔を軸に欧州組を活用したのも成功した。
 アジアで勝つだけなら、この岡田ビジョンのサッカーは「必要にして十分」である。

★新しい路線を求めるのか?
 ただし、岡田ビジョンのサッカーが発揮されたのは、この1点の場面だけだった。あとはウズベキスタンの個人の力を押し立てた反撃を食い止めるのに追われていた。
 それも悪くはない。
 これは真剣勝負だから、親善試合のキリンカップのように楽に戦えないのは当然だ。結果が求められる勝負なのだから「勝てば官軍」である。
 だから、南ア行き切符の確保に「祝意」を表する。
 とはいえ、この岡田ビジョンのサッカーで、南アフリカでの本番を戦えるかどうかには疑問がある。
 アジアで勝つための「これまで」の路線を押し進めるのか? 今後の1年間で新しい路線を求めるのか? これが岡田監督の「これから」の課題である。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
サッカー日誌 / 2009年06月05日


俊輔と憲剛をともに生かすシステム


キリンカップ第3戦 日本 4対0 ベルギー
(5月31日 東京・国立競技場)

★滑らかな中盤のパス回転
 キリンカップ最終戦、対ベルギーの前半に、岡田監督は中村俊輔と中村憲剛をともに使った。俊輔は攻撃的中盤の右サイド、憲剛はキリンカップ第1戦と同じトップ下である。
 憲剛を第1戦に続いてトップ下に使ったのは「憲剛は得点にからむ才能がある」という岡田監督の考えからである。
 この日の前半はトップに岡崎と大久保を並べた。中盤の左サイドが空白になるが、そこは左サイドバックの長友が攻め上がるスペースになる。また、ときには大久保が回りこみ、あるいはボランチの遠藤が進出してスペースを埋めた。
 俊輔は右を基点に思うように動き回った。長谷部、遠藤、憲剛とからむ中盤のパスの滑らかな回転はみごとだった。第1戦で憲剛をトップ下に置いたとき岡田監督は「憲剛を生かす新システム」だと語ったが、この日は「憲剛と俊輔をともに生かす」システムだった。

★岡田監督、会心の用兵
 前半21分、左サイドに進出した長友に憲剛から絶妙のパスが出て先取点。その2分後には憲剛がゴール正面で守りをかわして2点目。憲剛は1アシスト、1ゴールで得点に絡むみ、岡田監督の期待にこたえた。
 俊輔は前半だけでお休み。後半から攻撃の右サイドには本田が入った。大久保が左サイドに出て岡崎のワントップ。憲剛はトップ下。第1戦の「憲剛を生かす新システム」と、顔ぶれは変わっても、布陣の形は同じである。大久保が後半の2点にからんだ。攻撃に関しては、岡田監督にとって会心の用兵だったと言えるだろう。
 ただし、6月6日のワールドカップ予選、敵地でのウズベキスタン戦については「左サイドには松井大輔(サンテチエンヌ)も戻ってくるし……」と、この日の顔ぶれで「決まり」とは言わなかった。

★本番ではどうか
 南米のチリに4対0、欧州のベルギーにも4対0と完勝したのを見ると「日本のレベルも上がったものだ」と思う。両チームとも、今回の来日メンバーは、主力級ではないのだが、それにしても30年前なら、このクラスの相手に5点差以上の大敗だっただろうと思う。
 足技で知られる南米の選手よりも、ボール扱いのうまさ、すばやさは日本が上である。
 組織力が特徴だった欧州のチームよりも、日本代表のほうがパスは正確で速い。
 でも、ワールドカップの本番ではどうか。
 「岡田監督は南アフリカ大会でベスト4を目標にしているが……」と聞かれて、ベルギーのベルコーテレン監督はこう答えた。「高い目標を掲げて努力することは大切だ。ただし、ベスト4を目標にしているチームは世界中にたくさんある。言うのは易しいが、実現させるのは難しい」。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
     

Copyright(C) 2007 US&Viva!Soccer.net All Rights Reserved.