サッカー日誌 / 2011年11月27日


アウェーのバーレーン戦評価


ロンドン五輪アジア最終予選C組
U-22 バーレーン 0-2 日本
(11月22日 マナマ=テレビ朝日)

★勝ち点3に意味あり
 日本のオリンピック・チームにとって、バーレーンで行われた試合は、それほど難しいものではなかった。レベルの差は明らかで、アジア予選C組は日本とシリアの争いに絞られているからである。確実に勝ち点をあげることだけが課題だった。勝ち点3をあげたのだから、それでいい。
 日本の試合内容は良くなかった。2点はいずれも、相手ゴールキーパーの拙守につけこんだものである。動きは重く、鋭さがなかった。中盤のパスもゴール前へのクロスも正確さを欠いた。
 不慣れな土地での試合。旅の疲れがあり、時差があり、グラウンドが悪かった。アウェーだから、やむを得ない。
 相手の反撃を食い止めた守りのほうを評価したい。

★出場機を生かした大津と扇原
 この試合の日本はベストメンバーではなかった。清武弘嗣と原口元気がフル代表にとられ、主将の山村和也が左足小指にひびが入っていること(左足第5中骨亀裂骨折)が分かり、チームを退いていた。チームにとっては痛手である。
 しかし、代わって出場する選手にとっては、力を示す機会だった。
 攻撃の左サイドで起用された大津祐樹は前半終了間際の1点目をあげた、ドイツのボルシア・メンヘングラッドバッハ所属で、ただ一人、欧州組から召集することができたプレーヤーである。得点をあげただけでなく、しばしば攻めの起点になるプレーをしていた。
 ボランチで起用された扇原貴宏は、後半22分に左からのクロスをあげ2点目の起点になった。しばしば中盤の組み立ての起点になっていた。
 新しい戦力の活躍は、若い選手層の厚みを示すものだった。

★バーレーンのサッカー
 バーレーンは、攻めで決定的な形は作れなかったが、前半は風上から縦へ長いパスを出して、鋭い攻めこみも見せた。前半40分ごろに、左サイドのマルードのミドルシュートが
左ゴールポストを叩く場面もあった。チーム力には差があるが、個人としては能力のある選手もいる。
 リードされると、後半には乱暴な反則で守ろうとするプレーが目に付き、イエローカードが続き、最後にはレッドカードも出た。頑張っているところを間違った方法で示しているのではないか? サッカーにお金を出してくれている人たち(パトロン)がいて、その人たちへの義理だてではないか? そう思った。ただし、これはぼくの憶測である。
 テレビで見たところ、スタンドには地元の観衆はほとんどいなかった。日本人のサポーターばかり映っていた。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
     

Copyright(C) 2007 US&Viva!Soccer.net All Rights Reserved.