Shizuko Diary

日々の記録として・・

元気そうな声に安心・・

2018-09-30 23:51:22 | Weblog
新潟の姉から電話が来ました。
お兄さんが亡くなって、いろいろな手続きも進めているそうです。
比較的元気そうな声に安心しました。
喪が明けるまで落ち着かないだろうけど、しっかり前を向いていかなきゃね
落ち着いたらゆっくり話がしたいな~

明日から10月ですね。
前に向かってGO
コメント

台風の動き・・

2018-09-29 23:34:23 | Weblog
嵐の前の静けさか
TVに映し出される台風24号の状況。
沖縄や奄美地方では大変な雨や風が吹き荒れている。
現場中継するリポーターやカメラマンも必死の思い!!
メディアの中継があるから今を知らせてもらえるけれど、大変な状況です。
その台風24号、日本縦断・・明日新潟県に最も近づくといいます。
状況を見ながら外出は控えたほうがよさそうです。
勢力が衰えない! 
見附市では、9月30日(日)午前10時から市内の中央公民館と今町公民館に自主避難所を開設します。

コメント

中学生派遣事業・・

2018-09-28 23:33:54 | Weblog
見附市では、毎年8月に広島平和記念式典に市内4中学校の代表を派遣しています。
原爆ドームや被爆体験者のお話しをお聴きしたりして、戦争のむごさや平和の尊さを実際に肌で感じ取ってきてくれています。
それぞれが感じたことを報告してくれました。

原子爆弾の熱戦で石に焼き付いた人の影・原子爆弾で廃墟となった広島のまちや原爆ドーム。
戦後73年、戦争を知らない世代が増える中で、若い・感性豊かな中学生が実際に見て聴いて平和の尊さを自分たちが伝えていくという言葉にうれしさを感じました。
戦争は、人の心が生み出す最も愚かなもの・・
この若い世代に平和のバトンを渡すのは、今を生きる私たち大人の責任ではないかと思います。


見附市がプラチナ大賞を受賞し、プラチナ未来人財育成塾にも市内4中学校の代表が派遣されました。

各界を代表する一流講師の講義を聴いて、その学びについて報告してくれました。
世界を知り、地域を知る・・全国から集まった生徒たちと交わって大いに視野を広げてきてくれたようです。
そう未来の見附を、そして日本を築いていくのは皆さんの世代なのですから・・

せっかく多くの方々に生徒たちの報告を聞いていただけるようにネーブル見附で報告会は開催されたのですが、関係者だけではなくイベントカレンダーに掲載するなど、もっと広く市民にも知らせたほうが良かったのでは・・・との声も聞かれました。
生徒たちの発表は立派でした。

大型で強い台風24号が日本列島を縦断しそうです。
30日から10月1日にかけて、最も見附に接近するとの市からの情報。
今後の気象情報や市からの情報に注意してください
大きな被害が出ないことを祈ります






コメント

月命日・・

2018-09-27 23:44:32 | Weblog
どこからかキンモクセイの花の良い香りがしてきます。
柿の実も色づき始めました。
今朝は肌寒くて、思わず長袖を着込みました。
秋ですね~~

今日は夫の月命日、1年と6ヶ月が経ちました。
早いね
朝晩手を合わせているけれど、やはり命日は特別なような気がします。
お父さんの分まで頑張るわあ
コメント

Tさんの熱弁・・

2018-09-26 23:52:20 | Weblog
初めて市議会議員に立候補した時の見附の市議会議員の定数は22人。
議会改革で条例定数は22人→20人→17人と削減されてきました。
Tさん曰く「議員の数が減れば、声の大きい人の意見ばかりが通り、物言えない少数の人たちの意見が通らなくなる。民意が行政に反映されない!」
議員定数はこれ以上減らしてはならないと・・・
熱く語っていらっしゃいました。
確かにこれまでの活動をとおして、相談を受けるのは困った人たちの相談が多いのです。
相談しやすい、相談に乗ってくれる敷居の低い議員がいなければ確かに声をあげづらいのかもしれない
あとは市民の皆さんが誰に諾すかである。
まもなく改選、このたびの選挙も条例定数17人のままで行われます。
有権者の皆さんが関心を持って、選挙に行ってくださることを期待します。
コメント (2)

9月定例会が閉会しました・・

2018-09-25 23:08:37 | Weblog
任期最後となる9月定例会が今日閉会しました。
常任委員会での補正や条例制定・平成29年度の決算審査・通告議員による一般質問等々で会期は19日間。
今日は追加議案のために、本会議開会前に議会運営委員会を開き日程の追加を決定しました。
本会議では、見附市議会議員政治倫理上条例の一部を改正する改正案を議会運営委員会委員長として上程させてもらい提案理由の説明ををいたしました。
決算審査において一般会計の認定について賛否両論あり、起立による採決が行われました。
各事業決算については、執行部追随ではなくそれぞれの考えをもって採決に加わったつもりです。
本会議終了後には、議員協議会・市民等との意見交換会の委員会が開かれて報告書の確認をし、市長に対しても報告書の提出がなされます。

議員派遣を議決したのちに、まごころ学園・寮の視察・・新しくなった施設は木の香が漂う、ゆとり空間の素晴らしい建物でした。

あとは、入所・通所の利用者に対してのさらなる質の向上を期待したいと思います。


今期限りで勇退される議員もいて、今日はMEG CAFE511で執行部との懇親・慰労会。
シェフ勢ぞろい、オーナーパパにも会えてHappyでした。


コメント

少し涼しくなって・・

2018-09-24 23:44:36 | Weblog
我が家のまゆみの木に実が付きました。
猛暑から少し涼しくなって、我が家の玄関先の花々も生気を取り戻したようです
ところがところが・・・
Tさんの玄関先は、もっともっとお見事

お花が大好きで、毎日花がら摘みや水やりなど、お手入れの仕方が半端ではない
見附にはナチュラルガーデンクラブの皆さんをはじめ、ご自宅のお花を大切に育てていらっしゃる方が多くいらっしゃる
市でもハンギングバスケットや植栽など力を入れていますが、こうしたお花大好きな方々がいらっしゃることで見附はそこかしこにキレイな花々が楽しめています
お花は心の癒し・・心の潤滑油の1つだと思います。
やはり愛情をかけて育てたお花はきちんと応えてくれているのですね
Tさん、お見事
お手入れしない我が家の花々に花を咲かせて・・って、それは無理ですわね~


連休最後、彼岸会のご供養をしていただきました。
コメント

心に響く・・

2018-09-23 23:53:44 | Weblog
過日司会を務めさせていただいた「佐野有美講演会」
講演会の報告書とまとめられたアンケートの結果が寄せられました。
四肢欠損症で左足の短い3本の指しか残されていない有美さんのステキな笑顔と、ステージ・フロアーが一体となった双方向の講演会でした。
障がい者だから感動したといった講演会ではありませんでした。

残された指で筆を持ち、お箸を使ってお食事をする。
そこに至るまでの不断の努力のひと、悩むより考える!やってみなければわからない!!
障がいを感じさせないステキな笑顔と優しい人柄が会場を訪れた人たちの心に響いてのアンケートのアンサーが多く寄せられていました。
「笑顔は最高のおしゃれ」

有美さんのしなやかさが聴く人たちの心に響いたのだと思います
当日は、順延・順延で開催された市内中学校の体育祭で中学生の参加は少なかったのですが、それでも10代から80歳代の幅広い年代の方々から、びっしりとアンケートにお答えいただいたようです。
前を向いてしっかり生きる

人の心を奮わせる有美さんの講演は素晴らしいものでした。


コメント

行く先々で・・

2018-09-22 23:21:10 | Weblog
ワンちゃんは飼い主に似るといわれていますが・・・
行く先々で癒し系のワンちゃんに出会います

後援会報にその名は残っていますが「もこ」が逝ってからはよそのワンちゃんに癒されています。
飼い主との信頼関係で、犬も人間不信にならない
愛情・信頼関係は、動物も人も一緒ですね

市長の後援会から役員会のご案内をいただき出席してまいりました。
自立を選択し、人口減少・少子高齢社会の中で安心して住み続けることのできる見附市づくり。
見附の将来と足元の暮らしを見つめながら、これからも取り組んでいきたいとご挨拶させていただきました。

暑い・暑い、尋常な暑さではなかった今年の夏ですが、朝晩はめっきり涼しくなりました
虫の音が涼やかに・にぎやかです。
夏の疲れが出ませんように、体調管理に気を付けたいものです。
コメント

時期になれば・・

2018-09-21 23:47:13 | Weblog
お彼岸の頃になれば、ちゃんと彼岸花・曼珠沙華が咲くのですね

鮮やかな朱色が目につきます
自然ってすごいな~と思います。

見附アマチュア無線クラブの役員会。
3級アマ無線の資格を取ってから、忙しさにかまけてなかなか交信できていないペーパードライバー状態
電波法による受信環境クリーン月間に寄せてPR局開設の取り組みについてや公開移動運用についての話し合いがもたれました。
アマ無線は趣味の世界と思われがちですが、災害時の非常通信としてボランティアで社会貢献できる組織です。
全国には100万局のアマ無線局が存在し、行政の防災無線や業務無線に比べて圧倒的に数も周波数も多いのだそうです。
阪神・淡路大震災の時には、一般電話や携帯電話が壊滅的な状態の中でアマチュア無線が非常通信の手段として大活躍したそうです。
この大災害を契機に各自治体がアマチュア無線局と非常通信の協定を結ぶケースが増えているとか・・
そういえば、7.13水害の時に各局の交信で道路状況把握し、迂回しながらずいぶんと助かったことが思い出されます。
その時は、無線局の資格もなく、ただ夫の運転する助手席に乗ってワッチしていただけですが・・
せっかく取得した3アマの資格を生かせるように、先輩方から教わりながら運用できるようになりたいと思います。
とにかく実践あるのみ
まずはCQ・CQ・CQからかな
コメント