Shizuko Diary

日々の記録として・・

見附特別支援学校で・・

2018-10-25 22:10:55 | Weblog
第5回障がいのある子どもたちの地域生活を支えるネットワーク会議に参加してきました。

障がいのある子どもたちが自立した社会参加を図り、いきいきと地域社会で生活する為には、福祉・医療・労働との関係機関が連携しながら支援する体制が必要。
その為、関係機関とネットワークを構築し、学校・家庭・関係機関・地域が一体となったより良い教育の実現を目指して開催されたものです。

一般就労した当該校の卒業生・保護者・障がい者支援センター・PTA副会長・ぷれジョブみつけも話題提供していました。
職場体験を受け入れている企業の参加もありました。
グループワークでは、様々な立場の人たちがそれぞれの感想述べあったり、こうあったらいいな~というご意見が伺えたりと、とても有意義なものでした。
価値観の相違や地域活動に参加することで理解して頂く
支援者が急ぎ過ぎずに、その人のペースで支援していく事の大切さや社会人として通用する為の必要なスキルは
障がい者雇用をしているある企業からは「集中力があって、戦力になっている」とのおはなしがうれしかったですね
その子・その子の特性を知ることによって、企業戦力になっていることは間違いなし
ぷれジョブはサポーターがついてのお仕事体験だけれども、障がい者雇用は企業にとってのプラスにならなければならない
ジョブコーチを雇っている企業もあるという事を知って嬉しく、そういった企業が増えてくれることを願わずにはいられません。

会場となった見附特別支援学校の廊下に・・
高等部の生徒たちのそれは・それは見事な作品が展示されていました

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 秋はイベント盛りだくさん・・ | トップ | 画像を送っていただきました・・ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事