Shizuko Diary

日々の記録として・・

想いを伝えて・・

2020-08-09 23:27:03 | Weblog
わたしはナガサキ
わたしは、すべてをうけいれてきました
ながい歴史をそのようにして
いきてきました・・・・それが私の愛です。。


こんな書き出しから始まる絵本「あの夏の日」・・絵・文/ 葉 祥明
広島に続いて長崎に原爆が投下されて75年、この日を迎えると私はいつもこの絵本を読み返す
この絵本のあとがきに寄せられた 葉 祥明さんの文章をそっくり引用させていただきたい

戦争には、人間の知るすべての悪があります。
そして、核兵器は、人類がそれまで知らなかった、想像を絶する苦しみと悲惨さと恐怖をもたらします。
科学技術の頂点のひとつでもある核兵器は、いったん使用されると、あらゆるものが破壊され、人々の生命も、生活も、家族の絆も、すべて失われてしまいます。核兵器を廃絶し、戦争は二度としない、平和が一番大切、という気持ちを持ち続けることが、二度の被爆体験を持つ日本にとって、世界における大切な役割ではないでしょうか。
今、生きている私たちは、美しい自然と、平和な地球を次の世代に、手渡す責任があります。
荒れ果てた世界に住む未来の子どもたちから、「どうして?あの時、どうにかできなかったの?」と言われないように・・・・

普通の日常の尊さを思うとき、戦争は二度と起こしてはいけない
コメント   この記事についてブログを書く
« ほんのひと時ですが・・ | トップ | 今年はコロナで・・ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事