Shizuko Diary

日々の記録として・・

自治体病院の役割・・

2019-06-04 22:19:44 | Weblog
全国自治体病院経営都市議会協議会第47回定期総会に出席してきました。
開会・会長挨拶・来賓のご挨拶のあとに、総務省大臣官房審議官の「公立病院改革の現状について」の講演がありました。

公立病院改革の推進について・新公立病院改革ガイドラインに基づく取り組み・地域医療構想の進捗についての内容でありましたが、もっと詳細について調べなければと思います。
自治体病院は不採算性部門を担っています。
総会最後に示された決議案・・

自治体病院は、地域医療の確保と住民福祉向上のため、議会の議決を得て設立され、公的医療機関でなければ対応することが困難な多くの不採算医療を担うなどの社会的使命を果たしている。
我々自治体病院を経営する都市の議会は、住民が安心して医療を受けられる環境の整備に全力を傾注しているいるところであるが、本格的な人口減少・超高齢社会においても地域に必要とされる良質な医療を継続的に提供していく為には、自治体病院の経営基盤の安定化を推進するとともに、医師不足等の早期解消を図ることが不可欠である。よって、我々関係都市の議会は、ここに総力を結集し、国に対して特に次の事項の実現について強く求めるものである・・9項目の要求が決議されました。


市立病院を持つ見附市においても医師の確保は喫緊の課題です。
地域包括ケアを構築するにも公立病院の役割は重要です。

コメント (2)